*All archives* |  *Admin*

2017/10
≪09  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   11≫
今日を感謝して
13日からお盆休みをいただきました。
休み初めは、大阪の教会でのオルガン奏楽の奉仕。

母が頼まれたお役目を代わりに引き受けてまだ約1年。
年に4、5回なので、まだ6回ほどの経験なので、ペーペー初心者です
オルガンはピアノと違い、一瞬たりとも指を離そうものなら、音がブチッと切れる(>_<)。
クラビノーバがこんなときお役立ち
音色をパイプオルガンなど、オルガン系の音をスイッチして練習。
のばす音をしっかりのばせるように、讃美歌から指使いのチェック。
でも、なんだかんだと言ってもピアノと違った楽しさがあって好きなんだなぁ。

SH010986.jpg SH010985.jpg 

今回は前日、教会のオルガンで練習できなかったため、少し不安
それでも、不安がってられません。
丁寧に音をつむぐように弾いてきました。
幼い頃から知る教会で、祖母と過ごした場所で、オルガンを弾けるのだから。
それだけでも、とても幸せ者です。

聖書の話を静かに聴き、心静め、自分を見つめられるこの時間は、
まだ洗礼をうけておらず真のクリスチャンではない私にとっても、貴重なもの。

自分の心の中をじっと見つめ、醜さにも目をつぶらず見つめ、
そして日々の糧に感謝し、今日の一日に感謝する。
私の大事な時間です。

祖母から母へ、そして弟に受け継がれていくクリスチャンの精神。
私はまだ、はたから見ているだけの存在なのですが、
今は、ささやかな楽しみとしてオルガン奏楽の奉仕でつながらせていただき、
この時間と空間を大切にしたいのです。

みなさんには、大切にしたい時間はどんなものがあるのだろう。

そんなことを考えた一日でした。

 SH010987.jpg

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村


オルガン弾きの日
昨日の日曜日は、実家の母が通うキリスト教・教会の礼拝日。
本年度から、母の代わりに年5回だけのオルガン奏者の奉仕をすることになりました。

祖母の代から通う教会。
私も小さい頃、母の礼拝が参列する間、敷地内にある幼稚園でよく待っていました。

父と母が結婚式を挙げたこの教会で、
結納の代わりに、“婚約式”をしたのはもう10年以上前・・・

思い出もたくさんつまった教会で、
日曜礼拝のオルガン奏者として、オルガンを目の前にすると
ピアノの演奏とは違った緊張感でいっぱいになります。

DSCF2759.jpg DSCF2762.jpg DSCF2760.jpg

パイプオルガンではなく、パックスアーレン社のアーレンオルガンです。

礼拝が始ってすぐに演奏される前奏曲。
母から借りた手持ちの楽譜から
Fメジャーで、三連符がつづく、少し軽やかな感じの曲を。
あとで、母に、「まぁ、あなたらしいけど・・・もう少しゆったりとしたのを弾いてみてね」
とご忠告

今度は2月なので、少し選曲に時間をとらなければ

あとは礼拝堂に集う信者さんたちが歌う讃美歌を。

これこそ、歌うこと、呼吸が大事。
勇んで上手に弾けるだけでもいけません。
それは合唱の伴奏にも言えることですが、
何が違うかというと、教会の奏楽には指揮者はいません。

あ、一応そばにいる聖歌隊の方には指揮者がいらっしゃるのですが、
アカペラのときにだけ指揮をされるので、
オルガンのある讃美歌では、奏楽者のテンポとなり重要なんです


自分もその讃美歌がしっかりと歌えること、

会堂に響く音が弾くタイミングとずれて聴こえる微妙な感じに臆することなく
自分のテンポを守れること、

ピアノの弾き方になると音が切れるので、
音のつながりを確実に求めること

簡単なようで、むずかしいです。
これも、与えられた機会なので、大事なこととして意識して練習していこうと思います。


バッハもこうして礼拝を守ってきたんだろうか・・・
300年以上前のことを、何気に想像している自分に、
幸せを感じた一日でした


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
他にもたくさんのピアノ教室が見られます♪
もう一つのボランティア
こちら奈良も冷たい風が吹き寒くなってきました。

青空に浮かぶ雲も、かなりのスピードで動いているぞ~
朝から信号待ちでまた空を眺める私です 

          SH010550.jpg

朝はいつもの読み聞かせボランティア。
ほとんどの用事をかなぐり捨てて 自転車を走らせる朝


今日は1年生
やんちゃもしますが、これまた可愛い時期でもあります

冬を目の前にしてるので、“ふゆじたくのおみせ”を。

SH010554.jpg

大きなクマさんと、小さなヤマネくんが、
お互いのプレゼントを買うために
「どんぐり」を集めるのです。
どんぐり500個でセーターが買えるんです
あ~~ 住宅ローンも『どんぐり1000個で完済』になってくれたらなぁ
な~んて、大人事情を考えながら読んでました

こんな悠長なことを考えながらできるボランティ人はいるんでしょうかね



そして、ボランティア・・・と言ってよいのだろうか。
という所なのですが、
もう一つ、奉仕させていただいていることがあります。

教会の礼拝奏楽 
そうなんです、ピアノではなくてオルガンなんです。

SH010553.jpg

実家の母が通う、大阪市内のちょっぴり大きな教会があるのですが、
今年度から、礼拝奏楽をお引き受けすることになったのです。

本当は母が依頼されていたのですが、
「毎日の仕事で大変だから、練習もできないし、あなたがやって」

・・・・

はるばる奈良から日曜礼拝の奏楽をするために行くことになりました
今までは年に数回、礼拝に顔を出しているだけの不届きな奴だったので
これも神様の導きなんでしょうか・・・

奏楽者は4、5人いるので交代でします。
私は年5回でよいそうなのですが、
第1回の5月から、もう半年がたちました 

ピアノとは全く違うタッチです
座り方、体の重心のかけ方も違います。

学生時代に3泊4日かけたオルガン講習会にも参加しましたが、
「あなたはまったくもって、ピアノの弾き方ね!」
と一蹴されましたからねぇ・・・

というわけで、今週末の礼拝に向けて、
オルガンのつもりになって、クラビノーヴァで練習中です。

母に借りた楽譜の簡単な前奏と後奏を選んでみましたが、
私のいきなり本番の絵本の読み聞かせと違って、
オルガンのためには、やっぱり予習がいるので
がんばります

これも、オルガンの響きを聴きたいがためです
ささやかな楽しみには、こういうおまけが大事ですからね  
     

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村  

 
小さな教室の励みにさせていただいています。
ワンクリックよろしくお願いします♪     
 
      
プロフィール

フェリーチェ

Author:フェリーチェ
講師 砂川 めぐみ
ピアノ教室フェリーチェ主宰

(一財)生涯学習開発財団認定プロフェッショナルコーチ

内閣府認証NPO法人マザーズコーチ・ジャパン 認定マザーズコーチ
(一社)日本アンガーマネジメント公認
  アンガーマネジメントキッズインストラクター


“なにげない日々の生活を
 かけがえのないものに
 
 そして
 
 ピアノをきっかけに
 自分を受けとめ、
 夢に向かっていける人に
 世界を広げ、
  幸せの種をまける人に”


ピアノという楽器をきっかけに、
目標をもって取り組む姿勢を身につけ、
演奏技術を高めることで
自分に自信を持ち、
また、音楽を楽しみ、
自分を大切におもう心を育て、
楽しく幸せを感じられる時間
をもつことができるよう、
そして、
自ら幸せを見つけられるよう、
ピアノレッスンいたします。

コミュニケーションは笑顔で!
やる気を育てます!


大人もこどもも、人が大好き☆

ピアノ&歌うこと、
スポーツと雑貨屋巡り、
そして
コーヒーとチョコをこよなく愛する
二児の母でもあります

大阪市出身 O型 かに座

レッスンのお問い合わせ、
体験レッスン、入会希望の方は
下記のメールフォーム または
sunflowerlovemusic●yahoo.co.jp
felicepiano.megumi●gmail.com
までお願いいたします☆
(●を@に変えて送信してください)


●大阪教育大学教養学科芸術専攻音楽コース(ピアノ)卒業
●中学校教諭・高等学校教諭1種免許(音楽)取得
●全日本ピアノ指導者協会(ピティナ)指導者会員

●京橋PEN(Piano Education Network)所属
●日本ギロック協会奈良支部会員
●PTC(ヤマハミュージック大阪)会員
●カワイ音楽教育研究会会員

●コーチAにて、国際コーチ連盟認定のコーチング・トレーニング・プログラム(CTP)修了
 

卒業後、弁護士秘書として勤務後、
音楽教室講師を経て、現在
ピアノ教室主宰ピアノ講師、
プロフェッショナルコーチ

メールフォーム
体験レッスンのお問い合わせ、 メッセージなどこちらにお送りください♪

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
月別アーカイブ
ブログ記事いろいろ
Megumi
カテゴリ
最新記事
フェイスブックページ
ピアノ教室フェリーチェ

笑顔で応援☆コーチングレッスン
ご紹介いただいた記事
ピアノ教室フェリーチェ・砂川をご紹介いただきました。 ありがとうございました!!
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター