*All archives* |  *Admin*

2010/11
≪10  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   12≫
週末のひとりごと
こちら奈良は、窓に少し結露がするようになった、少し冷え込む朝を迎えました。

でもお天気は絶好です

南北に長い日本。
北国の方では、こんな寒さ、
ちょっとばかり冷蔵庫を開けたくらいでしょうね

でも、私にとっては難関の冬の到来です。
布団から出られない・・・ アハハ・・・

SH010548_20101129125531.jpg SH010574.jpg SH010577.jpg

週末もよい天気でしたので、みなさんも紅葉狩りなどされたのでしょうか。

我が家はいつものごとく車で10分ほどの公園で、
バトミントン、 鬼ごっこ(はい、親子でです・・)、 かけっこ
父子でサッカー (ちなみにうちは娘しかおりません・・
  &ボード(最近はJボード?という楽しげなものがあります)・・・
外遊びのオンパレード。

子育ての前半はやっぱり体力勝負なんでしょうか
『筋力』勝負が、次に『金力』勝負になるよ・・・と聞きますが


そして、昨日28日(日)はフェニックスホールにて
私が4歳から16歳までピアノでお世話になった先生ご夫妻の愛娘さんの
ピアノリサイタルに馳せ参じました。
はい、子どもたちはパパと奈良でお留守番です

昔、仕事中や帰り道によく通った淀屋橋近辺。
大阪市役所前のクリスマスツリーに目をやりながらホールへ。

さて曲目は
ラヴェルの『鏡』、シマノフスキの『仮面劇』、ムソルグスキーの組曲『展覧会の絵』

2時間半弱の長い演奏会でしたが、彼女の頑張りに
耳をじっと傾けていられた、心地よい時間でした

幼いころからの彼女の姿を覚えているだけに、
大きくなったなぁ~いいお歳のお嬢様にすみません(^^ゞ
と眺めている私でした


それより、実家の父の寝息が気になった
シマノフスキやらシズカニシスギ とかよう分からん、と・・・。
   ⇒おやじギャグはおゆるしを・・・

演奏会プログラムも、こういうおじさまを視野に入れると
もうちょいわかりやすい曲を一曲初めにいれるといいんでしょうかねぇ
そんなことは邪道なんでしょうか。

こういうことが、かけだしピアニストさんの悩めるところなのか、
一ピアノ講師の私には、まだその心の真髄が分かっておりませぬ・・が、
大変だなぁと、何とも素人的なつぶやきをしていた私でした。

Aさん、これからも応援しますね

SH010578.jpg SH010576.jpg 

そんなこんなで、演奏会後、実家の父母とどこかでお食事を・・・
となったのですが、
私の要望でお初天神さんあたりの“居酒屋”
 (だって子どもたちがいないんですもん
京都の弟も呼びつけて祝杯をあげました。 

何の祝杯 って。

いやいや、弟も来年結婚することになったんです

こうして4人親子水入らずの居酒屋パーティは
後にも先にも1度になるかも~
なので、彼女の話でつっこみあり、愚痴も議論もあり、そして爆笑あり・・・
あっというまの楽しい時間を過ごせました

          SH010579.jpg

そして、奈良で子守りをしてくれたパートナーに
最後にお茶をした神戸にしむら珈琲梅田店で買ったモンブランをさげて帰宅

やはり、家族は大事にしなくちゃ ですね



ひとりごとにお付き合い、ありがとうございました

ピアノが好きな、素敵な先生方が見られます(*^_^*)
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

応援よろしくお願いいたします♪








二本柳先生の発表会へお邪魔しました♪
今朝は冷え込み、雲が多い一日の始まりとなりましたが、
昼頃からおひさまの姿も見えてきました。

朝6時はもう暗くなり、起きるのが苦手な私の試練の冬が
やってきたぁ・・・ と感じます。    

SH010572.jpg SH010568.jpg SH010569.jpg

ピアノ指導者として最高で素敵な女性二本柳奈津子先生
PTNA(ピティナ)のピアノコンクールの全国決勝に多数の生徒さんを送られ、
大阪千里バスティン研究会&PTNA北大阪ステーションの代表もされている方です。

何と、その先生の門下生発表会に伺える機会を昨日もつことができました

ブログを通して知り合えた、namipee先生にお声をかけていただいて実現

初めてお会いしたnamipee先生とバスティン研究会のお仲間のメロディーハート先生
奈良の小さな町の小さなピアノ教室の私と娘に、温かく優しく話しかけてくださり
めずらしく妙な緊張をしていた私の心も
す~っと和らぎました。

さて、発表会
13時開演の3部構成でしたが、長女の体力の加減で(^^ゞ
第1部と第2部だけ拝見させていただきました。
       ほんとは第3部が一番聴きたかったのにぃ~・・・(T_T)

確かに発表会なのですが、もう、これはピアニストコンサートのようでした
次から次へと出演する生徒さんの演奏に、

これは 大人だったっけ

と錯覚するほど、
音色の豊かさ、音楽の自然な流れを感じる演奏のすばらしさ
に圧倒されるものでした

それもそのはず
コンクール全国決勝に出場した生徒さんが勢ぞろい。
第1部だけで、2時間15分
でも、映画で時間をたつのを感じないのと同じく、
演奏がどれも素晴らしいので、あっという間の2時間でした
    
バスティンのピアノ指導講座にも足を運んで
その素晴らしさを実感していましたが、

その素晴らしさを体現してくれている生徒さんの姿を間近に見て、演奏を聴き、
私の中で、さらに興味のつきないバスティン教材となり、
また、“もっとよりよいピアノ指導を目指していかなくちゃ”、
と、モチベーションをあげてもらうこととなりました

生徒さんにもぜひ聴いてもらいたいなぁ。
素敵な演奏をたくさん聴くことによって、
また自分のピアノ演奏にのびしろがたくさんできるとおもいます

SH010571.jpg 実はバスティン教材の聴音FD&お手玉楽譜を最近買ってる私(^^ゞ
                        お手玉も4年前に手作り(*^_^*)

そして、視点が違うと叱られてしまうかもしれませんが
毎回、二本柳先生が子どもの生徒さんのペダル調整に舞台へ
出ていらした姿が、とっても印象的でした
   時に、かぶり物をして・・・おちゃめでかわいかったです


子どもたちが演奏にすべての力を出せるよう
最後まで指導者が責任をもつ


そんな先生の温かさ、気概を感じました

SH010573.jpg 阪急三番街kitchen kitchenに寄り道して雑貨購入♪♪ 

帰り道、連れて行った長女と箕面駅で千鳥饅頭を立ち食い
3時間の長時間、じっと聴きいることができたご褒美に・・
いえ、私がおなかがすいちゃって

じっとできない次女は、発表会に行くのを拒み(苦笑)、
パパとアニメ・プリキュアの映画に行ったのでした


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村


私も連弾!(^^)!
今朝は雨から始まりました
空もちょっぴり暗く、さわやかさに欠けますが、
一週間のはじまりです

頑張りすぎず、なまけ過ぎず・・・時間を大切にしようと思います


私も連弾の機会をもつことになりました。

子どもたちのピアノ発表でお世話になる
友人のピアノ教室のクリスマスコンサートにて、
ジョージ・ガーシュインの「ラプソディ・イン・ブルー

12年前に当時勤めていた音楽教室の講師演奏でもしたなぁ・・・
あれは大変だった・・・
お相手との相性ですかね(^^ゞ。

今回は大学時代からの悪友と共に
自由に弾けるというお気楽さ、と
アンサンブルに飢えている状況だったので、二人で連弾というのが嬉しいのです。


来年2月にも、ブログや友人を通して知り合った
みかんぴあの先生主催の『真冬のお気楽音楽会
に参加させていただきます。

お相手は、これまたブログを通して知り合い、仲良くしてくださってる方です。
ブログを始めて、最初にメッセージをいただいたクローバー先生
一緒に連弾をすることになりました
ジャズがお上手な先生なので、ジャズの曲にチャレンジしようかと、
楽しく選曲中


肩肘はったコンサートではない、 ので、
      たぶん・・・・です(^^ゞ。なにやら大変な気配もしてきましたが・・・(笑)
ほんとにピアノを、連弾を、単純に純粋に楽しめそうなこと が嬉しい
ピアノイベントです。

SH010567.jpg 大阪市内の実家前の公園にて

気がついたら、自宅近所の公園の葉っぱも、色づいてなくなりかけて
ちゃんとまわりを見てないやん・・・、と
自分を振り返ってしまったこの頃でしがたが、
また、心に余裕を取り戻して、
子どものころの気持ちに戻ってピアノを弾いてみよう~


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村




バスティンピアノ指導法講座に参加して
ここ奈良・大和高田も、お天気に恵まれ、暖かな週末を迎えました

週末はどうしても、ゆっくりしたいと自分に甘えてしまいたい私。
それでも、山のようにやってくる用事と
子どもたちや大きな子ども・・・いえいえ、大事なパートナーとの時間が
優先となります。
でも、
ピアノと関わっていられるのも、家族のおかげですからね。 


さて、19日(金)に、4年ぶりのバスティンピアノ指導法のセミナーに。
講師は、小倉郁子先生。

全3回コースの最終回しか参加できなかったのですが、
一度 小倉先生にお会いしてみたかったので、ウキウキしながら
心斎橋に向かいました

『子どもの表現を引き出す効果的なピアノ指導法』をテーマに、
最終回は 『表現をするためのアプローチ~テクニック編~』。

主に導入時期を終えた中級クラスの指導法で、
“演奏効果のある曲づくり”のお話をいただきました

 読譜段階での準備 音を出す 表現

という流れのお話の中で、
私のアンテナに、特に引っかかったものは、

音を出す前に、読譜段階の準備で、
 楽譜からその曲の全体像をどれだけつかんでおくかが大事である
ということでした。

私は主婦ですので、ピアノを弾く時間がどうしても削られてしまいます。
ですから、
練習しておきたい曲、新しく(or久しぶりに)取り組む曲がある時、
楽譜を眺めていることの時間がとても多かったりします。
  あ、ただボ~~と眺めてるだけもありますが、ちゃんと、分析してます、それなりに

でも、その楽譜を眺めている、ということもとても大事なことであることを
小倉先生にお話しいただき、ささやかながら安心と自信にもつながりました。

これは、教室の大人の生徒さんにも、今まで以上にお伝えしなくてはと、
晩にいらっしゃった生徒さんに早速、提案を
         またか・・・だったかな(^^ゞ

演奏自体はちょっと・・・
という生徒さんであっても、
自分で“曲の構成”を見つけられる、アナリーゼできる、というならば、
音楽を楽しむ力をつけた ということ。

そんな力をつけてあげるのも、ピアノ講師の使命。

そうおっしゃっていた小倉先生。

想像していたより (どんな想像だってば・・・、 
とてもとても温和な方で、お話に魅力のある先生。
ピアノ学習に子育て経験を織り交ぜた講座が注目を得ているのも納得でした。

今までの指導方法の方向性が間違っていないという確認できたり、
また、いろんな発見をさせていただいた講座でした。


時間をかけて、お金もかけて足を運んで、自分の耳で学ぶことは、
無駄にはならない
と信じて、
お財布がさみしくなりながら奈良へと帰りました。



実は、帰りに楽譜を買おうと眺めていたら、
ついつい帰るのを忘れて
子どもたちの帰宅時間に間に合わなかったフェリーチェでした・・・



ピアノが好きな、素敵な先生方がたくさん見られます♪
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村


指揮者から見た音楽の世界☆
今日は黒河好子先生ピアノ講座(第2回)の日。

朝からはりきって大阪に向かいました
何せ、実家からなら45分程度で着くはずの会場も、
こちら奈良から行くと1時間半・・・と倍の時間がかかります

でも、念願の第1回の参加で、色々なことを吸収することができ、
今日も一人ワクワクしてました

今回は、
指揮者・末廣誠先生をお迎えしての音楽トーク講座。

『あなたの音楽、少しちがいませんか?』

このタイトルに、非常に魅かれての参加です。

SH010566.jpg SH010564_20101118161215.jpg SH010565.jpg

学生時代、“弾く”ということに必死でした。
しかも厳しい言葉が飛ぶ、激しいレッスンのため、
言われたことをそのまま音にするだけで、本当にいっぱいいっぱいでした。

この記号は、どんな風に弾くのだろう・・・これでいいの・・・?
だいたいこんな感じ???
という、そんな疑問に口もはさめずに学生時代を
終えてしまっていました。

バッハらしいって?
モーツァルトらしいって?
ベートーヴェンを正しく弾くって何?

感覚でわかっているようで、はっきり言葉にできない・・・


今日はその一番聴きたかったことを、
寄席が好きな末廣先生のユニークなお話と、豊富な言葉で
説明をいただき、たくさんのメッセージをいただきました。

まず初めの、
自由に表現していいんです
という言葉にわしづかみされました。


バッハだから、こうしなければならない
モーツァルトだから、こう表現しなければならない
ベートーヴェンだから・・・・

そう考えてしまうだけではいけない。

どんな風に弾いてもよい
どんなテンポで弾いてもいい

ただ、
作曲家の意図を感じながら
何をしてはいけないのか
どこまで許されるのか

がポイントである、と。

末廣先生の先輩になる、黒河先生の演奏や、楽しい横やり
なお一層分かりやすいものとなっていました。

『音を出さない音楽家から学ぶことが上達へのカギである』
ということに、
末廣先生のオーケストラの話や呼吸の話・・・
いくつもの興味深い話で、
何度もうなずいている自分がいました。

ほんと、ほとんどの作曲家がピアノ曲だけの作品を書いたわけではないんですよね。
そう、必ずオーケストラにその作風がこめられている、と。

室内楽や交響曲を聴く機会が続いていたので、
納得でした

ピアノレッスンで生徒さんへの言葉がけ、
音楽表現についても、
もっともっと、言葉多彩に、色々な言葉に置き換えて
伝えていかなければならないことも
改めて実感しました。

陽気なアレグロでね~
とか

生徒さんにとっても、
できるだけ、わかりやすいレッスンがいいですもんね

自分の言葉の表現力も磨かなければ・・・

あと・・・
楽譜を1冊で妥協してはならないことは分かっていましたが、
原典版を用意していない曲があることに
今更ながら焦りました

  原典版って、
     可能な限り忠実に作曲家の意図を再現することを目的とした版のことです
     だから、音楽の記号が少なかったりします
     自分で表現を考えなくてはいけないので、初めは難しいので○○版と  
     どなたかの演奏・研究解釈が入ったものも持つ方がベターです

さて、の中もさみしいのですが
明日、買いに行こう~

たくさんの素敵なピアノ教室が見られます♪
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村


小さな教室の励みにさせていただいています(*^_^*)
ワンクリックよろしくお願います
プロフィール

フェリーチェ

Author:フェリーチェ
講師 砂川 めぐみ
ピアノ教室フェリーチェ主宰

(一財)生涯学習開発財団認定プロフェッショナルコーチ

内閣府認証NPO法人マザーズコーチ・ジャパン 認定マザーズコーチ
(一社)日本アンガーマネジメント公認
  アンガーマネジメントキッズインストラクター


“なにげない日々の生活を
 かけがえのないものに
 
 そして
 
 ピアノをきっかけに
 自分を受けとめ、
 夢に向かっていける人に
 世界を広げ、
  幸せの種をまける人に”


ピアノという楽器をきっかけに、
目標をもって取り組む姿勢を身につけ、
演奏技術を高めることで
自分に自信を持ち、
また、音楽を楽しみ、
自分を大切におもう心を育て、
楽しく幸せを感じられる時間
をもつことができるよう、
そして、
自ら幸せを見つけられるよう、
ピアノレッスンいたします。

コミュニケーションは笑顔で!
やる気を育てます!


大人もこどもも、人が大好き☆

ピアノ&歌うこと、
スポーツと雑貨屋巡り、
そして
コーヒーとチョコをこよなく愛する
二児の母でもあります

大阪市出身 O型 かに座

レッスンのお問い合わせ、
体験レッスン、入会希望の方は
下記のメールフォーム または
sunflowerlovemusic●yahoo.co.jp
felicepiano.megumi●gmail.com
までお願いいたします☆
(●を@に変えて送信してください)


●大阪教育大学教養学科芸術専攻音楽コース(ピアノ)卒業
●中学校教諭・高等学校教諭1種免許(音楽)取得
●全日本ピアノ指導者協会(ピティナ)指導者会員

●京橋PEN(Piano Education Network)所属
●日本ギロック協会奈良支部会員
●PTC(ヤマハミュージック大阪)会員
●カワイ音楽教育研究会会員

●コーチAにて、国際コーチ連盟認定のコーチング・トレーニング・プログラム(CTP)修了
 

卒業後、弁護士秘書として勤務後、
音楽教室講師を経て、現在
ピアノ教室主宰ピアノ講師、
プロフェッショナルコーチ

メールフォーム
体験レッスンのお問い合わせ、 メッセージなどこちらにお送りください♪

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
月別アーカイブ
ブログ記事いろいろ
Megumi
カテゴリ
最新記事
フェイスブックページ
ピアノ教室フェリーチェ

笑顔で応援☆コーチングレッスン
ご紹介いただいた記事
ピアノ教室フェリーチェ・砂川をご紹介いただきました。 ありがとうございました!!
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター