*All archives* |  *Admin*

2010/12
≪11  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   01≫
出会いとつながり、ありがとうございました☆
少し暖かいかも、と感じていた昨日火曜は
夕方から、あっというまに雨・風・雷・・・激しくなり
空模様が次々とかわっていきました。

そして、今日も冬らしく、とても冷たい風が
何とか、拭き掃除を終えました

レッスン、体験レッスンを含め、月曜日で終えた今
そろそろ年賀状を・・・
300枚ほどの年賀状にあて名は手書き、
必ずひと言は添えたい・・・と欲張りな私にはかなりピンチです

あて名書きは、そろそろパソコンでお許しを頂こうかと
考えているところです。

SH010625.jpg SH010624.jpg
ベランダの放りっぱなしのミニバラ・・・ちゃんと咲いてました(^^ゞ

7月にブログを立ち上げ、その後放置状態・・・
そして9月からぽつぽつと始めて、早4ヶ月になろうとしています。

ブログ初心者の私にメッセージをくださったり、
コメントを入れてくださって、感激の日々でした

いろんな先生方のステキなレッスン風景が感じられたり
さまざまな考え方、ピアノを通して音楽を伝えたい想い・・・etc.を知ったり。
インターネットのおかげで、ブログを始めたきっかけで、
日々の生活の中に、励みのエッセンスが加わりました

今年は、15年ぶりに出会った大学時代の同級生が3人
会って話せば、何も変わらないと感じると同時に、
 ピアニストとしてがんばっていたり、
 学校の校歌やオケの曲を作曲してたり、
 ある大学の講師になってたり・・・と、
やはり、15年の月日の中で
お互いに積み重ねてきたものがあるのだなぁ、と
心にいっぱいビタミンをもらいました。

私の15年は、どんな歴史があったのかな、
と振り返るチャンスも降ってきた気がします


今年は、
一歩前に進み、出会いがたくさんあったこと

よく言う一文字で表すとすれば・・・



でしょうか。

そして、大切な出会い・つながりがありました。

この場をかりて、今年出会った方、つながりあえた方々にお礼を。

ありがとうございました(*^_^*)。

また来年も、この小さな教室・フェリーチェピアノ教室をよろしくお願いいたします。


いろんなステキな先生たちのブログが見られます♪
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
こどもうたのコンクール初体験
こちら奈良は雪交じりの雨がふる一日となりました
クリスマスから雪がちらつくことが多くなり、青空も少なめ。
う~ん、青空いっぱいが恋しい気持ちもムクムク

大阪から奈良へ来て10年を過ぎていますが、
やはり朝晩の冷え込みは大阪より大きく・・・
慣れたようで、やっぱり寒さに弱い私に変わりありません

朝は、コーヒー飲むぞ~の気合いで起きています

SH010622.jpg SH010623.jpg
       ケーキ工房森のおくりものさんの「いちごのクリスマス」♪

さて、クリスマスの余韻も残る26日に、
カワイ主催の、こどもうたのコンクールに娘二人を出演させてみました。

何度か生徒さんとこどもを出演させ、
地区大会から関西大会への切符を手にする“入賞”者を出す友人に
このうたのコンクール、いいよ~ 楽しんで出られるよっ』と
ほんとに楽しげに誘ってもらっていたので、
今年は我が子でチャレンジしてみました 


ピアノのレッスン、ことに こどもさんのレッスンには
がかかせません。

音符を見て読み、脳から指先に指令がいって指が動き、
そして音符の長さも間違いなく弾く・・・

それだけでは、音楽を奏でる、とは言えません。
だって、そんなこと、コンピュータ・ミュージックでもできますもん

どんな音色で、どんなテンポや微妙な揺れで、どんなふうな休符の間で・・・・・

演奏するなら、やっぱりこだわりたいですもんね


童謡・未就学児のコースでは、ほんとにかわいらしいお子様が出場。
緊張のお顔もありましたが、覚えた歌を一生懸命、
楽しそうに歌ってました(*^_^*)。

その後、小学校1、2年コース、3、4年コース、5、6年コースと進んでいく中、
どの子ものびのびと歌っている姿がとても印象的でした。

友人が言っていたとおり、『コンクール』と名はついているけれど、
それほど肩肘張らずに出演して、舞台を楽しんでこどもたちが多く
ピアノを弾くにもまずは歌から♪、
を体感できるステージでした。

当の私も・・・娘たちの伴奏として出演

学生時代に伴奏したり・・・はありましたが、
我が子と二人で舞台に立つのは生まれて初めて
妙なキンチョー感が走りました(^^ゞ。
コンクールだから、ではありません・・・

歌詞、ちゃんと覚えてる?
出だしの音、大丈夫??
跳躍の音、はずすことあったけど、歌える??

こんな初歩的な心配事

もう、これではピアノ講師の顔はありません
すっかり 母の顔・・・

ところが、こどもたちは
『きもちよかった~ 緊張なんかなかったし、また来年も歌いたい』と。
ほんと、母の心配をよそに、堂々と歌ってました・・・ホッ

私だけ緊張したの

そして、おまけのようについてきた娘たちの入選のご褒美
  あ、もちろん、これは各コース5名ほど選ばれ、関西大会には進めません。

・・・ですが、こども達は、関西大会に進む入賞をしたかったと・・・
ピアノのことで歌はそこそこの練習だったのに、
こどもとはよくばりです

でも、これがまたひとつ、
こどもの心の中に『』が育つ機会
なのだと思いました

このコンクール、
ピアノを習っている生徒さんに、気軽に受けられ、
けっこうおすすめです
一人で舞台で歌えるチャンス、意外となかなかないので
 ただ難点は・・・費用が高いこと

私も娘たちとの楽しい思い出となったステージでした

たくさんのピアノ教室が見られます!(^^)!
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村


大きくなっていくあなたへ
今から8年前の春、
背の高いお父さんに連れられてちょこんとすわっていた
かわいいKちゃん

今では、私の背もかる~く超えた高校生。
すっかりお姉さんになりました

今日はそんな彼女が遊びにきてくれました
いつもこのクリスマス時期になるとプレゼントしてくれたパン、
シュトーレンを手に持って。

中学校3年生の春くらいまでレッスンに来てくれていました。
受験を終え、今は授業も終わってもまだなお学校で講義を受ける毎日を
送っているようです。

私を覚えていてくれるだけでも嬉しかったなぁ 

小さかった頃から、背丈のほかに何にも変わらないハズなんだけれど、
やっぱり話の内容は、もう大人。
私も思い出いっぱいの高校生になったんだなぁ、と思うと
ほんとに胸がいっぱいでした。

目標は研究者かエンジニアの道。

う~ん、頑張ってほしい
ピアノは、また、大人になってしたくなったら
いつでもおいで

大学生でレッスンにきていた生徒さん・・・はもう小学校の先生。
彼女もまたかわいいクリスマスカードを送ってくれました。
もうすでに3歳のお子さんのお母さん。
あっという間の月日です。

ピアノというでKちゃんやTちゃんと出会い、
こうしてつながっていることを
心から感謝するクリスマス・イブでした

大きくなって成長していくあなたたちを
いつまでも見守らせてもらいますね




いつもお立ち寄り、ありがとうございます♪
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

私の連弾♪、無事終了(*^^)v
寒くなると思っていたら、暖かな祝日でした

子どもたちのピアノ発表でお世話になる
友人のピアノ教室のクリスマスコンサートのため、
大阪 堺市教育文化センターのソフィア・堺へ。

自宅で発表会をしていた友人が、生徒さん増加で自宅では手狭になったため、
2年前からこちらのリハーサル室で発表会をすることに。
いろんなところで弾くのも楽しいので
我が子2名も出演させてもらっています。

で、
私も先生である友人とオープニングに連弾を

曲はジョージ・ガーシュインの「ラプソディ・イン・ブルー」。

う~ん、楽しかったぁ

何よりもそれが一番でした

2週間前に、合わせで我が家にきてくれたのに、
練習が進んでなかった私はぼろぼろ・・・(+o+)。
でも、無茶苦茶になりながらも合わせて喜んでる私たちだったなぁ
っというか、友人の心のでっかさに感謝感謝です(^^ゞ。

今日は息もばっちり 
   とわたしは思ってるんですが(笑)
こんな機会を与えてくれて、ありがとね。


友人の教室はコンクールなどには無縁です。
でも、どの子も好きな曲を弾いて、輝いてた
そんな生徒さんや、発表会の準備に積極的にお手伝いしてくださる保護者の方を見ていると
いいなぁ~、これって、ほんといいことだよな~
と、私がワクワクしました。


さぁ~て、今度は来年2月にクローバー先生と連弾
まだ年内に、こどもたちの“うたのコンクール”が残ってますが・・・
そろそろ練習してくっちゃ、です


ピアノするなら、連弾ってやっぱり楽しいですもんね
練習も楽しまなくては損だ~

とつぶやく私でした


DSCF2794.jpg DSCF2790.jpg

いつも励みにさせていただいています(*^_^*)
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

コーヒーと音楽
22日の朝は小ぶりの雨で始まりまった奈良。

この日は、大和高田市内の公立学校は終業式です。
所変われば24日に二学期を終えるところもあるでしょうね

朝、どうしても歩きたくなった、というか、
動かないとうたた寝してしてしまいそうだったので
家からさっそうと歩いて10分ほどのスターバックスへ
そう、お目当てはコーヒー

場所を変えれば、寝ないだろう(笑)と思い、
読み損ねている本に、筆記用具を抱えて、テクテク歩きました。

雨雲も南へと去っていき、青空も見えてくるし、
西に目をやれば、田んぼや畑が広がってる先に二上山が見える。
あ~~、のどかだなぁ
大阪の実家近くにはない景色に満足しながら、ほぼ小走りに(^^ゞ進んでいました。

SH010621.jpg SH010619.jpg SH010620.jpg
コーヒーだけのつもりが、アハハ・・・・やっぱりクッキーも注文してしまいました(^^ゞ


コーヒーと音楽のお話といえば、

バッハ好きの方ならご存知、
俗に「コーヒー・カンタータ」と呼ばれて親しまれている、
ヨハン・セバスチャン・バッハ作曲の「静かに、黙って、しゃべらないで」(BWV211)。

『ああ、なんてコーヒーはおいしいんでしょう
一千回のキスより甘く
マスカットワインよりももっとソフト
コーヒー、コーヒーがなくてはだめ
もし私を喜ばせて下さろうというのなら
ああ、どうぞコーヒーをいれてくださいな』 (加藤博子訳)

これは、このコーヒー・カンタータの一節。

一千回のキスよりもコーヒーにうっとりしてるんですよ~
私も、特に秋冬はかなりのコーヒー中毒ですが
キスより・・・?!
というか、こんなにしたことない

・・・話がそれました

この曲は
コーヒーなしでは夜も日も明けぬ娘リースヒェンと
それに腹をたてている父親シュレンドリアーンの話です。

父親は娘にコーヒーをやめないなら外出を禁じたり、
何も買ってやらぬぞ~など
色々と脅すのですが、効き目なし。

そこでついてに、コーヒーがやめられないなら結婚をさせないという父。

さすがに娘も、「コーヒーをやめるから、夫を捜してください」と。
 自分でさがそうよ・・

でも、女はしたたか?強い?のか、これは作戦で、
コーヒーを飲むことをOKする男性でなければ
結婚しないと思っているのでありました。



ヨーロッパでコーヒーが入ったのが17世紀。
今では、誰でも飲んでる気軽なコーヒーですが、
当時のコーヒーがあるところは、いろんな情報が得られる、
ちょっと風紀上問題があるといわれるような、
そんな空間をつくりだすものだったようです。

コーヒー自体があやしいのではなく、コーヒーを取り巻く世界が
それまでにない新しい空間を作ってしまった
ということ、
 と菓子研究家の三浦裕子さんが書いておられます。


だから、さっきのお父さんシュレンドリアーンも、
コーヒーに関わる娘をとめたかったんでしょうか。



『猫はねずみを放しはしない
娘はいつもコーヒーがお好き
母親はコーヒーをご愛飲
お祖母さんもひいき
だれが娘を責められよう!』

「コーヒー・カンタータ」の最後の合唱は
こんな歌詞でしめくくられます。


コーヒーは、目ざましにも、集中力アップにも
そして、音楽を聴く時にもとってもお似合いです

紅茶派の方も、
甘美なアリアを聴く時にでも、コーヒーを一杯いかがですか


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
プロフィール

フェリーチェ

Author:フェリーチェ
講師 砂川 めぐみ
ピアノ教室フェリーチェ主宰

(一財)生涯学習開発財団認定プロフェッショナルコーチ

内閣府認証NPO法人マザーズコーチ・ジャパン 認定マザーズコーチ
(一社)日本アンガーマネジメント公認
  アンガーマネジメントキッズインストラクター


“なにげない日々の生活を
 かけがえのないものに
 
 そして
 
 ピアノをきっかけに
 自分を受けとめ、
 夢に向かっていける人に
 世界を広げ、
  幸せの種をまける人に”


ピアノという楽器をきっかけに、
目標をもって取り組む姿勢を身につけ、
演奏技術を高めることで
自分に自信を持ち、
また、音楽を楽しみ、
自分を大切におもう心を育て、
楽しく幸せを感じられる時間
をもつことができるよう、
そして、
自ら幸せを見つけられるよう、
ピアノレッスンいたします。

コミュニケーションは笑顔で!
やる気を育てます!


大人もこどもも、人が大好き☆

ピアノ&歌うこと、
スポーツと雑貨屋巡り、
そして
コーヒーとチョコをこよなく愛する
二児の母でもあります

大阪市出身 O型 かに座

レッスンのお問い合わせ、
体験レッスン、入会希望の方は
下記のメールフォーム または
sunflowerlovemusic●yahoo.co.jp
felicepiano.megumi●gmail.com
までお願いいたします☆
(●を@に変えて送信してください)


●大阪教育大学教養学科芸術専攻音楽コース(ピアノ)卒業
●中学校教諭・高等学校教諭1種免許(音楽)取得
●全日本ピアノ指導者協会(ピティナ)指導者会員

●京橋PEN(Piano Education Network)所属
●日本ギロック協会奈良支部会員
●PTC(ヤマハミュージック大阪)会員
●カワイ音楽教育研究会会員

●コーチAにて、国際コーチ連盟認定のコーチング・トレーニング・プログラム(CTP)修了
 

卒業後、弁護士秘書として勤務後、
音楽教室講師を経て、現在
ピアノ教室主宰ピアノ講師、
プロフェッショナルコーチ

メールフォーム
体験レッスンのお問い合わせ、 メッセージなどこちらにお送りください♪

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
月別アーカイブ
ブログ記事いろいろ
Megumi
カテゴリ
最新記事
フェイスブックページ
ピアノ教室フェリーチェ

笑顔で応援☆コーチングレッスン
ご紹介いただいた記事
ピアノ教室フェリーチェ・砂川をご紹介いただきました。 ありがとうございました!!
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター