*All archives* |  *Admin*

2011/02
≪01  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28   03≫
黒河好子先生の講座(第2回)へ
昨夜から続いた雨が少し残った朝。
少し冷えるかな?、いやこれは奈良だけかも・・・と思いながらも、
少々たくさん着こんで大阪・千里へ向かいました

早めに出たので、やはりちょっとコーヒーが飲みたくて
途中でカフェ立ち寄り
朝の一杯を家で飲めないと、ついつい立ち寄ってしまいます

黒河好子先生の全2回の講座
『続・ピアノを弾くからだ 筋力・ペダルのトレーニング編
の第2回目。

黒河好子のPianoサプリ 【続】ピアノを弾くからだ -筋力・ペダルのトレーニング編-(DVD付)黒河好子のPianoサプリ 【続】ピアノを弾くからだ -筋力・ペダルのトレーニング編-(DVD付)
(2011/01/22)
黒河好子

商品詳細を見る


第1回には、筋力の前に腕の脱力の重要性などから入り、
全体像の話、スタッカートとペダルの話が最後にあり、
次回への楽しみとなりました。

今日は、ピアノのいろんな技である、
スタッカート・和音・半音階・トリル・3度(重音)・オクターブ
オクターブ&単音の連打・アルぺッジョ・グリッサンド・ペダル
の具体的なトレーニング方法を、黒河先生が実際にピアノを弾いて、
裸足になってペダルを踏んで伝授くださいました

いや~ほんとに、黒河先生の豪快な雰囲気がこれまたいいんです

生徒に伝える前に、これは実際に自分が練習しなくては
と確認してしまった私
        たくさん課題が見つかりました・・・(^^ゞ

ピアノなしでもできる3度(重音)の指のトレーニングは
私自身が今まで得意ではないところだっただけに、
以前から暇があれば机でもしていたものだったので、
よっしゃ~ この練習OKなのね♪
と励みにもなりました。 

これからのピアノは、
上手でないと楽しくない、上手でないと続かない
という時代にきている、と黒河先生。

賛否両論があると思いますが、確かに小中学生ではとても大事なことであると
私も感じます。
中高年になってから始めるピアノ論とはまた違った観点で
考えていかなければいけないなぁ、と
こども達を見ていても実感しています。

黒河先生は、野球のイチローや水泳の北島選手、アイススケートの選手たちの、
データを駆使し、効率的なトレーニングをしていることを例えて、
やみくもに、指の練習とばかりに、ただただ弾くピアノテクニック練習では
いけないことを強くおっしゃっていました。

先生の説明、一つ一つの言葉には力があり、説得力があり、
ピアノはもちろん、そのわかりやすい語り口に憧れます。
これまた、勉強です


それにしても、フィンガーペダル、先生のように足の指がしっかり開かないと
弾けない気がしてきましたっ


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
“音楽を楽しむ会”in Cafe
春の訪れを感じるあたたかい日差しの今日このごろ
花粉症に悩まされる時期でもありますが
やはり春がくると、新しい季節がくると、ワクワクします

出かけ好き我が家は、寒い冬と変わらず公園に繰り出す休日です
           そろそろ体力もこども達についていけなくなりそうです・・・(^^ゞ

DSCF3023.jpg DSCF3022.jpg DSCF3031.jpg

さて、先日25日(金)、奈良県田原本町にある カフェアルコさんにて開かれた
『音楽を楽しむ会』に参加させていただきました

   会の様子は arucoさんのブログに写真つきで掲載されてます。
    http://cafearco.exblog.jp/15976130/


ピアノにアコーディオン、フルートをそれぞれ
想い想いの曲で披露します。
50代、60代、70代になって始められたという演奏に
耳も目も釘付けになったひとときでした

ジャズアレンジされたもの、歌謡曲、映画音楽
クラシック・・・
発表会でなく、楽しみのために弾く演奏ならではの
ゆったりとした、ちょっぴり照れもはいった音楽を楽しむ会です。

音がすばらしい

決して演奏家のように達者なわけではないのですが、
自分の演奏する楽器をこよなく愛し、
曲をいつくしんで演奏されているので
何とも心地よいのです。

私も一曲弾き、お仲間に入れていただきました。
完成度がまだまだ・・・にもかかわらず
温かく見守っていただいて、気持ちよく演奏させてもらいました。

音楽って、楽しい

そんな原点を、大先輩方に教えていただいた時間でした。

どうやったら自分の演奏がさらに進化できるのか、
といった話題に盛り上がり、
常に前を前を向いて向上しようとするお姿に
たくさんの勇気をいただき、
私もさらに努力せねば・・と身がひきしまる思いでいっぱいになりました

フェリーチェピアノ教室の、大人のレッスンのありかたについても、
生徒さんとの気持ちのやりとりについても
たくさんのものを得たような気がします。


演奏後のランチも最高です
おしゃべりに花が咲いてしまって、またすっかり写真を撮り忘れてしまいましたが、
アルコさんの人気の『菜食ランチ』はとっても美味しいのです
少しずつ色々な味が楽しめる、健康的なランチ♪
地元の生活情報誌「ミント」に掲載され、『Mint編集室の美味しいお話♪』の
ブログにもアップされています。
 
  Mint編集室の美味しいお話♪『arco アルコカフェ』

楽しんで演奏して、おいしいランチをいただく。
幸せな時間です。
2、3カ月に一度催されているようですので、
お近くの方はぜひ申し込んでみてはどうでしょう。
聴くだけの参加もありですよ~

こんなすてきな『音楽を楽しむ会』など、
人と人が音楽でまじわれるイベントを催されるアルコのオーナーご夫妻は
気さくで温かい方です。
お話をしていると学ぶことがたくさん
音楽をしていてよかった


80歳のピアニストになりたい、
な~んてことをひそかに目標にしていた私でしたが、
その想いは打ち砕かれました。
だって、80歳で区切るなんてばからしいことなんですもん、ね。
会のみなさん、ありがとうございました

死ぬまでピアノ弾き~
を目指さなくっちゃ、です

アルコのケーキ110225 DSCF3029.jpg
  この会の司会進行役をお任せくださったアルコ奥様より、ご褒美のデザートを♪
  おいしい チャイ&いちごロールケーキ、ごちそうさまでした(*^_^*)。  


private * piano フェリーチェピアノ教室

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
ご訪問ありがとうございます♪今日も一日小さな幸せを見つけられますように。
さかのぼって・・・石嶺先生セミナー
こちら奈良では朝方は少し冷えますが、
春らしい暖かい日差しの日中を過ごせるようになってきました。

ブログに手をつけられないまま一週間を過ごしていました。
その間に、たくさんの拍手をいただいていてびっくり!
今までにない数字を目にして驚きましたが、
しばらくブログ更新をしない私を気遣って、優しく肩をたたいてくださったようで、
感謝感激です

ありがとうございました

自分のピアノ指導の勉強、演奏準備、ピアノレッスン、
こども達の行事にテニス仲間と夜の練習 (←しっかり遊んでる(^^ゞ)、そして・・・
お風呂のお湯がでない事件・・・に翻弄されてしまった一週間でした。あちゃ~・・・

さやかちゃんからチョコ SH010672.jpg SH010674.jpg
 生徒Sちゃん手作りのチョコ。こんな手の込んだデコレーション・・・ありがとうです(T_T)
 最近始めたこどもの英会話の教材。歌と一緒で楽しそう♪ 私が習いたい(^^)



先週17日、ヤマハ堺店へ石嶺尚江先生のセミナーに
出かけてきました
10年前からお会いしたい先生だったのです

PTC会員に送付される『ピアノの本』の中に
“素敵な先生に会いました!”コーナーがあり、
毎回ピアノ指導にとても熱意をもった先生方が紹介されます。

その第5回目。2000年3月に掲載された石嶺先生。
なじみのある吹田市でピアノ教室をされている先生の
「誰かのために弾くその喜びを知ってほしい」という言葉に
吸い込まれていったことを今でも覚えています。

会ってみたい、その指導のパワーに触れてみたい

そして、やっとお会いできました
        可愛らしい先生なんです(●^o^●)
気になっていた 「バスティン先生のお気に入り④」の教材を使ってのセミナー。

石嶺先生が使っている曲8曲、使いにくいと感じる曲、率直に語ってくださいました。
先生のピアノも躍動感があってステキ。
弾きにくい場所の具体的な練習方法を、弾きながら説明。
う~ん、先生もこうやって指導されているんだ♪
と一人ニヤニヤしながら聞き入る私

何の教材を使うかより、何をどのように使うかが大事
そんなことを改めて感じた2時間でした。

一冊ではあっという間に終わり、
もっと色々話しを聞きたいなぁ~と名残おしかったのですが、
奈良での用事があり、質問もせずそそくさと帰っていった私でした

セミナーは20名ほどの少数だったため、セミナー開始前に、
何と、石嶺先生が初対面の私にごく普通~に話しかけてくださいました
あまり人見知りしない私も、フツーに話していた・・
そんな気さくな先生がますます大好きになりました

次回はこども達の学校が早く終わるので行けないので・・・
4月の石嶺先生講座でまた勉強しにいくぞ~

SH010675.jpg SH010676.jpg
 今でも大事にしてます。先生の掲載記事(*^^)v

石嶺先生の記事が掲載された頃、
私は生まれて初めての妊娠が3か月という月を迎えました。
でも、そのときには小さな命は呼吸をしなくなっていました。
妊娠した実感もなく、そして生きていないと言われても実感できず。
「簡単な手術だから」と説明を受け、その小さな命をとりだしたあの痛さ・・・
その時にやっと気がついた命。

いろんなことを考えたその時が、11年前の3月だったのです。

先生に会えた今は二人のこども達が育っていて、
ピアノ指導について、初心に立ち戻って勉強する日々。
月日の流れることはやさを感じ、
またその日々を過ごせることのありがたさが切々と胸にせまってきます。

新しい季節を目の前にすると心も敏感になるのかなぁ・・・

先日の授業参観で、自分の名前の由来、について発表する娘を見ているだけで
あ~~ 私、生きてるんだなぁ、
お母さんなんだ、私。
大きくなってくれてありがとう
な~んて、しみじみしてしまってました

さぁ、フェリーチェピアノ教室にこられている方、これから来て下さる方!
一緒にピアノを弾く喜びを味わいましょ~(^^)/

先生はただいま、熱いです
 

      private * piano フェリーチェピアノ教室  

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
ご訪問ありがとうございます(^^)。本当に励みになっています。
相手の心を想像すること
今朝は久々に快晴
空の水色も春を感じさせてくれて気持ちがいい朝でした。

今朝は今年初の読み聞かせボランティアに
しばらくぶりの小学校でした。
たくさんのこども達と一度に出会える、私のささやかな楽しみ

本日は6年生。

読みたい本、紹介したい本は色々あるのに、
「絵本」となるとかなり迷いました。
実は6年生だけは、まだ読み聞かせでは回っていなかった学年。
あえて、回らなかった・・・ともいえるのですが。
今日は、初の6年生デビューとなりました

もちろん、彼らが3、4年生のころには出会っているのですが、
やっぱり2年もたつと表情が違う。
思春期の、大人の入り口にまさに立っている彼ら。
そんな彼らを前にすると、どうしても色々伝えたいことが出てきてしまう、
おせっかいオバサンになっている私
   ピアノ教室じゃないんだからっ・・・一人で突っ込む(^^ゞ

人に伝えたい自分の想い
  それはどうやって表現するのか

相手に伝えてもらいたい想い
  それはどうやって引き出すのか

想いを引き出すとき
  相手の気持ちをどれほど理解しようとできるか、
  どれほど想像・・・イマジネーションできるか


本や絵本から、作者の伝えたい想いを想像し、
自分なら、どう伝えるかを考えて見てほしい・・

そんな話を、新聞記者の弟の体験談をもとに5分ほど話し、絵本読み開始。

人の気持ちに寄り添う前に、まずは自分の気持ちに寄り添ってほしい。
自分、そして身近な人の「いのち」の重みを感じて大切にしてほしい。
そう願って、今朝は次の2冊を選んでみました。

ぶたばあちゃん
 
  死を感じたぶたばあちゃんが、静かにそのしたくを始め、暖かく孫娘とお別れをするお話です。
  孫娘はその小さな胸を痛めながら、悲しみをこらえながら懸命におばあちゃんに寄り添います。
  その姿に胸をキュッとつかまれます。
  生と死を、ぶたというかわいらしいキャラクターによって、前向きに描かれています。
  淡い水彩画がさわやかで、しっかりと生きることを、
  そして命の喜び、すっきりとした気持ちを与えてくれます。

ぶたばあちゃんぶたばあちゃん
(1995/10)
マーガレット ワイルド

商品詳細を見る



いのちのいろえんぴつ

  以前テレビ放送もされました。
  北海道釧路生まれの豊島加純(かすみ)ちゃんについて、
  本当におきたことをもとにして作られた創作作品です。
  かすみちゃんは10歳のときに脳腫瘍を発病し、病気と闘いながら、
  色鉛筆で絵を描き、詩をつくりました。その絵と詩が本の中にちりばめられています。
  「これらの詩と絵には、加純さんがとても強く、明るく、一生懸命、生きていくさまが
  あわられています。」(本のあとがきより)

いのちのいろえんぴついのちのいろえんぴつ
(2006/04)
こやま 峰子、豊島 加純 他

商品詳細を見る


初めに5分も熱くしゃべったものだから、与えられた15分を5分オーバーごめんなさい(>_<)
担任のY先生は終了の校内放送スイッチを落としてくださり、
こども達も最後まで静かに耳を澄ませてくれました。

おせっかいオバサンの、この伝えたい気持ち、届いたかなぁ・・・
     って、その前に時間オーバーになった生徒の気持ちを想像しろ~~っ、ですね
SH010669.jpg

「ぶたばあちゃん」の初めの、孫娘のチェロと元気なころのぶたばあちゃんがピアノを弾いて
まるで歌っているような挿絵。
そして、ぶたばあちゃんと孫娘の最後の夜、あかりを消して月の光を迎え入れながら
孫娘がチェロを弾く挿絵。

この二つが私の大好きで、一番胸に差し迫ってくる場面です。

人の想い。自分の想い。
深くてつかみきれないこともありますが、想像して、感じることが
大事なんだよなぁ・・・

ピアノを演奏するときも同じなのだと思います。
  (もちろん、歌でもその他の楽器でも)  

作曲者がどういう想いで、どんな構成をもって曲をつくったのかを
調べるか、勉強するか、感じようとするかは大切ですし、
今という時代にその音楽を再現してみる、また新たな表現してみることが
作曲者の気持ちに寄り添い、自分の気持ちにも寄り添えることのように思えます。


ささやかな楽しみ、出来る限り続けたいと思います


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
ご訪問ありがとうございます♪いつも励みにさせていただいています(*^_^*)


チョコレートと音楽
こちら奈良も昨日は昼前から雪が降り出し、あっという間に銀世界になりました。
つい先日も積もって、もうないかと思っていただけにびっくり。

道に雪が残る今朝は、まだまだ車もゆっくりと走っていました。
昼には晴れ間も見えてきました

昨日は世間のみなさまと同じく、バレンタイン・デーを味わうこととなった我が家。
雪の降りしきる夕方、こども達の想い想いのチョコを携えて
2件歩きで・・・チョコ渡しの散歩へと行く親子でありました
                         月曜日はレッスンがなく・・・よかった・・・ 
2011.2.14JR前広場雪 DSCF2955.jpg
JR高田駅前広場も雪・雪・雪・・・それでも親子は歩く・・・

               
 
チョコレートは、こうしたバレンタインだけのものじゃない!
男性のものだけじゃない!
と、ちょっぴり息まく私
チョコレートは、ほっと一息つきたいときにいただく幸せであり
ひと休みできなくても一つ口に含むだけで、疲れがふっと軽くさせてくれます。
 
昔の・・18世紀の貴族夫人たちにとっても、チョコレートは特別なものだったようです。
まだチョコレートが飲み物だった時代。

今では、高カロリー、吹き出物ができるなどと美容にはよくない食べ物の一つとも
言われていますが、貴族夫人たちには、美貌を保つと考えられていたのです。

リヒャルト・シュトラウス(1864~1949年)のオペラ『ばらの騎士』の舞台は
ウィーンの貴族社会。マリア・テレジアが女帝として統治した18世紀半ばの時。
第1幕の場面はヒロインのヴェルデンベルグ公爵夫人の寝室。
夫人と、彼女の若い恋人オクタヴィアンがベッドの中という官能的な場面から始まります。
召使に運ばせたチョコレートを二人は飲んでいるのです。

お菓子研究家の三浦裕子さんによると、
朝ベッドの中でチョコレートを飲むことは、当時の貴族たちのステータス・シンボルであり、
目覚めてから居間のテーブルにつくまでのひとときを優雅にすごす、
というのが洗練されたライフスタイルとされていたようです。

『ばらの騎士』は、恋とチョコレートという美の源が入っているオペラ。
日頃、日常に追われてカサカサしているなと思ったら、チョコレートを飲みながら
『ばらの騎士』をお楽しみください。瞳が輝いて、頬はばら色になるでしょう。

と、三浦さん。
これは、見なくっちゃ、でしょ

そして、音楽と演劇がひとつになったエンターテイメントの『オペラ』。
1954年、パリの「ダロワイヨ」というお店のオーナー、ガヴィヨンという
お菓子職人が 『オペラ』 という名のケーキを発表しました。
その後パリで大流行して、今では日本のフランス菓子のお店でも
よく目にするお菓子となっています。

昔、秘書をしてた頃、懐も暖かった時代(笑)なので買って帰った記憶があります。
チョコレートとコーヒーのクリームが交互に重ねられて、
どちらのほろ苦さも私にはとっても魅力的でした

エンターテイメントの 『オペラ』 と、ケーキの 『オペラ』。
どちらも、観る人の、あるいは食べる人の度量や経験の深さにあわせて
その魅了を表してくれるもの。ちょっと手ごわい、大人の楽しみです。

と、三浦さん。

そんな味のある深みのある女性になりたいです~
  望みは高く~~(笑)
 
チョコレートは、今も昔も魅力的だということですね。
ケーキ屋巡りをしたくなりました


              


DSCF2950.jpgDSCF2952.jpg
いつもはクッキーを焼いてはこども達がデコレーションするのですが、
今回、3連休は母である私が忙しくてできませんでした
で、こども達はチョコレートを溶かして型に流し、デコレーションのみ!の
チョコを作成し、何とか形に。
DSCF2962.jpg

そして私は・・・みかんぴあの先生にプレゼントしたチョコがどうしても気になり、
パートナーへは小さいバージョンを購入し、私も試食
              パートナーはついで?!(笑)
う~ん、柄が気に入って購入したのですがお味もGOODでした

やっぱり、チョコレート最高ですっ

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村


プロフィール

フェリーチェ

Author:フェリーチェ
講師 砂川 めぐみ
ピアノ教室フェリーチェ主宰

(一財)生涯学習開発財団認定プロフェッショナルコーチ

内閣府認証NPO法人マザーズコーチ・ジャパン 認定マザーズコーチ
(一社)日本アンガーマネジメント公認
  アンガーマネジメントキッズインストラクター


“なにげない日々の生活を
 かけがえのないものに
 
 そして
 
 ピアノをきっかけに
 自分を受けとめ、
 夢に向かっていける人に
 世界を広げ、
  幸せの種をまける人に”


ピアノという楽器をきっかけに、
目標をもって取り組む姿勢を身につけ、
演奏技術を高めることで
自分に自信を持ち、
また、音楽を楽しみ、
自分を大切におもう心を育て、
楽しく幸せを感じられる時間
をもつことができるよう、
そして、
自ら幸せを見つけられるよう、
ピアノレッスンいたします。

コミュニケーションは笑顔で!
やる気を育てます!


大人もこどもも、人が大好き☆

ピアノ&歌うこと、
スポーツと雑貨屋巡り、
そして
コーヒーとチョコをこよなく愛する
二児の母でもあります

大阪市出身 O型 かに座

レッスンのお問い合わせ、
体験レッスン、入会希望の方は
下記のメールフォーム または
sunflowerlovemusic●yahoo.co.jp
felicepiano.megumi●gmail.com
までお願いいたします☆
(●を@に変えて送信してください)


●大阪教育大学教養学科芸術専攻音楽コース(ピアノ)卒業
●中学校教諭・高等学校教諭1種免許(音楽)取得
●全日本ピアノ指導者協会(ピティナ)指導者会員

●京橋PEN(Piano Education Network)所属
●日本ギロック協会奈良支部会員
●PTC(ヤマハミュージック大阪)会員
●カワイ音楽教育研究会会員

●コーチAにて、国際コーチ連盟認定のコーチング・トレーニング・プログラム(CTP)修了
 

卒業後、弁護士秘書として勤務後、
音楽教室講師を経て、現在
ピアノ教室主宰ピアノ講師、
プロフェッショナルコーチ

メールフォーム
体験レッスンのお問い合わせ、 メッセージなどこちらにお送りください♪

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
月別アーカイブ
ブログ記事いろいろ
Megumi
カテゴリ
最新記事
フェイスブックページ
ピアノ教室フェリーチェ

笑顔で応援☆コーチングレッスン
ご紹介いただいた記事
ピアノ教室フェリーチェ・砂川をご紹介いただきました。 ありがとうございました!!
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター