*All archives* |  *Admin*

2011/11
≪10  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   12≫
読み聞かせボランティア
1か月半ぶりの読み聞かせボランティアで、朝から小学校へ。

2、3時間目の合間にある20分の業間休みに、こども達と遊ぶ
月1回の“遊びボランティア”。
体を動かすのが好きなので、学校ボランティアも“遊び”からはいりました。

そんな中、教室でのこども達の様子を見たくなり読み聞かせボランティアへ。
もう5年目になります。
朝が苦手な私がよく続いたもんだ・・・、と自分でも思います。


それもこれも、こども達の反応が楽しいから。
もちろん、黙って静かに・・・なんてことはなかったりもするけれど、
これがまた楽しい
ピアノ教師とは違った、こども達との触れ合いに心なごみます。

このボランティアは素人集団なのに、けっこうみなさん上手なんです。
マニアックな絵本を選ぶ人もいたりで、読み終えてから図書室で
互いの絵本を交換してみるのも面白い。
人形劇をしてくださるグループもあります。

今日は、じっくり選ぶ時間がとれなかったのだけど、
冬にまつわるお話でいきました。
2年生担当です。

『じゅうにの つき』  (長井理佳・文/岩本康之亮・絵)
『おおさむ こさむ』  (こいでやすこ・作)

DSC_0173.jpg

『じゅうにの つき』は我が子が幼稚園からいただいたもの。
お店では、『マルーシカと12の月』というものも売られているようです。

吹雪の夜、少女マルーシカが森の中で出会った奇跡のお話。
意地悪なママ母とお姉さんが出てくるところは、シンデレラ・ストーリーかと思わせられます。

“森は生きている”という名のスラブ民話をもとにした、
マルーシカと12の月の精霊との物語。

「いじわるやなぁ~」とつぶやくこども達。

食い入るように聴いていた。身に覚えあるのかな??(笑)

おおさむ こさむ (こどものとも傑作集)おおさむ こさむ (こどものとも傑作集)
(2005/10/15)
小出 保子

商品詳細を見る


『おおさむ こさむ』は、下の子3歳の、祖父母からの誕生日プレゼント。

おおばあちゃんから暖かいマントをつくってもらったきつねのきっこ、いたちのちぃとにぃ。
「こんな雪のふる日には きっと ゆきぼうずがでるぞぇ」とおおばあちゃんに言われても、
3人はそり滑りをしたくって外に遊びにいってしまいます。

そんなときに、小さなゆきだるまに出会いました。
遊んで暑くなった3人は、ゆきだるまにあるものを食べさせてもらいます。
ゆきだるまもそれを食べると、どんどん大きくなり・・・とうとう巨大なゆきぼうずに変身!

さぁ、きっこちゃん、どうする!!

その緊迫感からか、今日の読み聞かせは静かだったなぁ~~

終わった後、 「雪がふるといいねエ~」と担任の先生が言うと
「こわいから、ええわ・・・」と、もぞもぞ言ってた男の子が。

ごめん、こっそり笑っちゃいました、私

また、読みにくるねっ

あ、それからフェリーチェピアノ教室の生徒Yちゃん、
学校では「先生~~」と大きな声でよばないでぇ(笑)
・・・まぁ、いいっか

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
PEN勉強会・11月
火曜は楽しみの勉強会

前回に続きミカ先生の講座でした。
先生が今回の発表会で使われる曲の紹介と、
その曲のおおよそのレベルを教えていただきました。

こんな曲もあるんだ~と、新しい発見があったり、
初見大会・・と称され、何曲かの連弾曲をみんなで手分けして弾きました

私はセコンドパート。
メドレーの曲で、途中でG♭メジャー(変ト長調)の曲・・・そう♭(フラット)が6コ、
ついている曲が出てきたにもかかわらず、
まったく♭をつけずに弾いて、ミカ先生のすかさずツッコミが入り爆笑

さ、弾いてみよっか! と練習せずにきた生徒に弾かせたときの
生徒ちゃんの気持ちがわかるような気がしました

DSC_0169.jpg

今年からほぼ同じ時期に勉強会に参加しているM先生と、
帰り道の短い時間に、家庭と仕事のバランスについてお話したりすることも、
私にとっては、かけがえのない時間になっています

まだまだ先輩先生に教わりたいことはたくさん
楽しみな勉強会です。


週末の怒涛の二日間がおわり、明けて月曜は、月1回のジャズピアノのレッスン。
はぁ~~~~ なんて言って休もうかぁ・・
なんて、ピアノ教師にあるまじき妄想をしたなぁ・・(^^ゞ。
12月はバタバタとして、あっという間に終わってしまいそうですが、
一つ一つ丁寧にかたづけていくこと、ここで宣言しますっ


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
アラフォーのリハビリ本番
先週末はあちこちと動き回った。 

芸音時代の友人のピアノリサイタルに少しの時間だけでも、と駆けつけ、
その後、大阪を縦に切るように梅田・茶屋町へ高校卒業20周年記念同窓会と向かった。

キラキラと輝いて大舞台に立つ友人に聴きほれ、
青春を共に謳歌した仲間たちが、さまざまな分野で活躍している姿を目の当たりにし、
私もがんばろっ!!と、とてつもないエネルギーをもらった週末だった。

DSC_0157.jpg DSC_0162.jpg DSC_0161.jpg
 先輩方リハーサル中♪ 

翌日、大学の7年先輩たちのグループに入れていただき、
10分間の出番をもらったサロンコンサートに。
ピアノだけではなく、歌、バイオリン、フルート、トロンボーンと多彩なプログラム。

こども達が小学生になり、自分も弾く機会をつくろうと、
今年はいくつかチャレンジしてきた。
アラフォーの “リハビリ” だ。


学生時代は、ピアノさえ弾いていれば難なくすぐに暗譜で弾け、
本番もさして困ることはなかった。

でも、あれから15年以上・・
格段に暗譜のスピードが落ちているにもかかわらず、準備期間が若い頃とあまり
変わらないものが いけなかった・・・。

緊張・・・
そういうのもおこがましい。

弾き込みの時間も不足していたのは、もちろん母となっての時間配分によることもあるが、
どれもこれも言い訳になってしまう。

ひとたび一瞬ストップし、弾き直してしまう事態があった。

かなりショックだった。

リハーサル15分いただいていたので、ピアノやホールの特徴はわかっていた。

低音がかなり響きすぎること、高音が鳴り響きにくいこと。
まるでお風呂にはいっているような音の広がり。

それに対応できる余裕もあまり持てなかった。

恥ずかしかった。
悔しかった。
もっと思うように弾いていたかった。

でも、これがまた次の一歩だから、とすぐに思える自分もいた。

そんな自分に少々驚いてもいる。
あきらめ、努力も中途半端な学生時代を思えば。

聴きにきた長女は、本番を迎えるまでの母の思いや練習風景を知った上で、
本番の私から
 どんなに心折れそうになっても、最後まであきらめない
ということがわかった、と。

DSC_0165.jpg

はるばる奈良から大阪・池田市までかけつけてくれた
大人の生徒のYさん。

「来てよかった。先生の演奏、聴けてよかった。ほんとにありがとう」
うっすら涙の目でおっしゃってくれたが、私が泣きそうだった。

たった1人でも心に残ってくれたら・・・

その願いだけは叶えられた、私のリハビリ本番だった

DSC_0170.jpg
 こども達の手作り花束。ありがとう。母はあきらめずにがんばります☆

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
 お立ち寄りありがとうございます!(^^)! 小さなピアノ教室の励みになっています♪
本番前
寒い日の本番は特に苦手だ・・・
手はもちろん、体が冷え切ると演奏するのに力がはいってしまう。

先日の大人の交流会『ピアノ・カフェの会』での感想に、
はじめは人前で弾くのは嫌だったけど、やってみると楽しかった”というものがあった。
本番は緊張するし、変にドキドキしちゃうし・・・”と。

そんな生徒さんの気持ちもわかっていたい。
学生時代、中途半端にあきらめた練習でアカンタレだった自分にカツをいれるため。
練習もっとやればよかった、と死ぬ直前に泣き言いいたくない
やっぱりピアノを弾くのが好きだから
  というやっかいな思いもあって、今年は人前で弾く機会をあえてつくった。

緊張はみんな同じ。
そして、それでも弾くと楽しくなるのも同じ

弾き終えたときに充実感があるから、が大きいからかな。

DSC_0149.jpg
新しくチャレンジした小曲を3曲。
年を追うたびに暗譜があやしくなり苦戦した・・
逃げるわけにもいかない。
もう、弾ききるしかないなぁ・・・

そんなことをあれこれ考える本番前。

テンポ。
 
ゆったりとしたテンポの中の16分音符に4分音符がくる、その逆もあり

タカタカ・・・では意識できないので、
「カステラ」と心で唱えながら、音の最後まで集中する

カステラ、カステラ~~    時々おかしくなる自分もいたり

もちろん、メトロノームできっちりと調整することも必須だ

DSC_0128.jpg
音色。

鍵盤にもっともっと触れていなければ・・
タッチがまだまだ課題

自分ではできているつもりのやわらかい音もできていないことがある。
気づかないことが多いかもしれない。

そんなときは、録音してみる

ビデオで、弾く姿、自分の体をチェックすることもあるけど
音だけの方が 嫌だけれど・・・はっきりと音の変化がわかる

確認しては がっくりくるけど・・

音と音のつなぎめ、間(ま)、むかっていく先おさまるところ・・・いつも聴くCDとは大違い(>_<)

そこから、また課題が見えてくる


本番の日は、音楽家のみならず、人前に立つあらゆる者にとって、
最終決算の時なのである。まもなく他人が目撃することになるであろう
自分の技と自分自身に、立ち向かう時なのである。
     
 (セイモア・バーンスタイン著:音楽による自己発見『心で弾くピアノ』より)

自分の技・・・はぁ~、今回はまだまだ発展途上のような仕上がりだ
 
こどもの送迎や仕事と家事のすきま時間で練習した力を
どれだけ出し切れるか。

集中して迎えたいと思う

そして、最後の最後は、笑って舞台を楽しむしかない!!

そんな境地の本番前だ
DSC_0132.jpg娘作

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
いつもお立ち寄りいただき、ありがとうございます♪小さなピアノ教室の励みです(*^_^*)
こども&高校男子もがんばれっ
寒~い風が吹くようになりました
いよいよ冬の到来ですねぇ。 朝起きるのが大変になるなぁ・・・

寒くてもこどもたちは元気
11月からピアノを始めた6歳のYちゃんも、いつも笑顔でやってきてくれます。

学校の鍵盤ハーモニカが得意なので、
私の話の切れ目に、何か弾いてみたくなります。

次に進みたいなぁ、という場合もあるけれど、こういう瞬間を大事にしたいのです

ピアノを始めたときは、こんなん弾けるよ~と先生に聴いてもらいたいもんだしなぁ、と。
私との距離を縮めようと、小さな胸で感じてくれているんだろうなぁ~

聴いていると へ~~っと意外と楽しくなる私。
「スゴイね~ いろいろ弾けるんだね~

やりとりした後にすぐ、気になってる指の形、手の形のこと言ってみた。
「ほんまや~~あかんなぁ。 
   (手の中にいると仮定した)ひよこさん、死んでしまうやんなぁ~」
とすぐに、低いめのYちゃんのかわいい声が響く。

「写真撮って、見てみよっか」と、悪い形、いい形、いろいろ撮って確認

まだまだ安定感がないのですが、Yちゃん、手の形、指の形を意識してくれてます

DSCF3694.jpg  DSCF3695.jpg 
指先の形がうまくいった♪と言う写真ですが分かりにくいですね・・・(^^ゞ

それにしても、こどもの生徒さんの反応は、
   か、かわいいっ 
こちらも楽しいし、元気をもらいます
次に何をして進めよう♪と指導案を考えるのが楽しくなります。


そんな“幼い”可愛らしさはすでに通り越した “高校男子”もがんばってくれてます
自ら、もう一度ピアノを、とチャレンジしてくれたT君。
本人は写真を嫌がりますが、なかなかのイケメンさんです。

教材は DSCF2618.jpg “シニア・ピアノ教本”で、本人希望の通りゆっくり進めることに。

バスティンの「し~ぶん し~ぶん にぶおんぷっ」という、音価の名前で
リズムを数えることから始めましたが、何せ、高校生、ちょっぴり恥ずかしさもあるので、
と・・・」に変更。
でも、私は「し~ぶん、し~ぶん・・・」と横で唱えてるときもありますが

シニア・ピアノ教本は 「真ん中 ド」から少しずつ広げていって新しい音を覚えるシステム。

別のノートで『線の音』『間の音』として、
大譜表の五線紙にでてくる23の音も、
鍵盤でひとつおき (音楽では“3度ずつ”、ということ) であることを見て確認しながら、
弾いて唱えながら・・覚えていってもらっています。

手書きで作っていたものが古くなった&不便な点がある、で
10月に、バスティン・ピアノメソードの教具フリップノーツ を奮発して購入。

カードをめくることによって、いろんな音の配列がうまれるもので、
高校男子にも使用中です
Rくん、一つ一つ丁寧にこなしていってくれてます。

 DSC_0123.jpg
 これは、なかなか使い勝手もよいです。
 器用な人なら自分でつくってみてもよいかも♪。
DSC_0124.jpg
DSC_0130.jpg DSC_0131.jpg

ちびっこ、大人の階段を目指す若者、大人たちもみんないい顔してがんばってくれています

Rくん、素敵男子を目指して、一緒にがんばろう~

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
いつもお立ち寄りいただき、ありがとうございます♪小さなピアノ教室の励みです(*^_^*)
プロフィール

フェリーチェ

Author:フェリーチェ
講師 砂川 めぐみ
ピアノ教室フェリーチェ主宰

(一財)生涯学習開発財団認定プロフェッショナルコーチ

内閣府認証NPO法人マザーズコーチ・ジャパン 認定マザーズコーチ
(一社)日本アンガーマネジメント公認
  アンガーマネジメントキッズインストラクター


“なにげない日々の生活を
 かけがえのないものに
 
 そして
 
 ピアノをきっかけに
 自分を受けとめ、
 夢に向かっていける人に
 世界を広げ、
  幸せの種をまける人に”


ピアノという楽器をきっかけに、
目標をもって取り組む姿勢を身につけ、
演奏技術を高めることで
自分に自信を持ち、
また、音楽を楽しみ、
自分を大切におもう心を育て、
楽しく幸せを感じられる時間
をもつことができるよう、
そして、
自ら幸せを見つけられるよう、
ピアノレッスンいたします。

コミュニケーションは笑顔で!
やる気を育てます!


大人もこどもも、人が大好き☆

ピアノ&歌うこと、
スポーツと雑貨屋巡り、
そして
コーヒーとチョコをこよなく愛する
二児の母でもあります

大阪市出身 O型 かに座

レッスンのお問い合わせ、
体験レッスン、入会希望の方は
下記のメールフォーム または
sunflowerlovemusic●yahoo.co.jp
felicepiano.megumi●gmail.com
までお願いいたします☆
(●を@に変えて送信してください)


●大阪教育大学教養学科芸術専攻音楽コース(ピアノ)卒業
●中学校教諭・高等学校教諭1種免許(音楽)取得
●全日本ピアノ指導者協会(ピティナ)指導者会員

●京橋PEN(Piano Education Network)所属
●日本ギロック協会奈良支部会員
●PTC(ヤマハミュージック大阪)会員
●カワイ音楽教育研究会会員

●コーチAにて、国際コーチ連盟認定のコーチング・トレーニング・プログラム(CTP)修了
 

卒業後、弁護士秘書として勤務後、
音楽教室講師を経て、現在
ピアノ教室主宰ピアノ講師、
プロフェッショナルコーチ

メールフォーム
体験レッスンのお問い合わせ、 メッセージなどこちらにお送りください♪

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
月別アーカイブ
ブログ記事いろいろ
Megumi
カテゴリ
最新記事
フェイスブックページ
ピアノ教室フェリーチェ

笑顔で応援☆コーチングレッスン
ご紹介いただいた記事
ピアノ教室フェリーチェ・砂川をご紹介いただきました。 ありがとうございました!!
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター