*All archives* |  *Admin*

2012/04
≪03  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   05≫
がんばるこどもピアノの仲間たち♪
かわいい幼稚園の生徒さんに小学校低学年の生徒さん。

みんな、まだまだ手が小さく、やわらかで関節もよく曲がる・・・
曲がってしまいます。

指先から一番近い関節、第一関節が反り返らないよう、
指先を鍵盤の上でとめられるよう・・・ 「指先をとめよう」 ということで、
クリップを小さなお子さんたちには、家でも「クイックイッ」と
関節がそりかえるのを楽しく気をつけながら練習してもらっています。

「先生~、やってるよ~♪」と誇らしげにやってみせてくれるSちゃん。

DSCF3892.jpg

お~~、しっかり練習してきてくれたのね♪。

そして、弾く時もしっかりその指を意識して弾いてくれるSちゃん。
Rくんも、頑張ってくれています。

DSCF3896.jpg DSCF3899.jpg

その日に「やったね!」はんこを押してもらった数だけ
帰りにシールを貼ります。
そして、小学校1年生までは50コ、それ以降は100コたまったら、
ミニプレゼントをもらって帰ります。

Iちゃん、先日100コたまってプレゼント獲得☆
このときばかりはビッグスマイルです(笑)

小さな?練習の、レッスンのモチベーションの一つです。


そして最近、驚かせられるのは器用なお母様がいらっしゃること。
大人のTシャツから、姉妹おそろいのワンピースをつくってこられたり♪。

DSCF3897.jpg

私もそんなお母さんが欲しいです

お立ち寄りいただきありがとうございます(*^_^*)。
↓素敵なピアノの先生方がたくさんいらっしゃいます♪

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

バーナム・ピアノテクニック●石嶺先生セミナー
ピアノを習うにあたって、教えるにあたって一番の関心は
何といってもピアノ教本であり、また何を使うにしても、どのように使用するか、
これから先、ピアノで思うように表現したいときに必須なのがテクニック。

フェリーチェではまだ数名の使用の「バーナム・ピアノテクニック」。

どうしても自己流であるのが気になっていたので、
先週のこととなりましたが、
入会したばかりの西日本ピアノ指導研究会主催の石嶺尚江先生のセミナーへ。

私の中では、とってもタイムリーな教材のセミナーでした。

グループ1からグループ5まであり、各グループには12曲あります。
「歩こう」「走ろう」「スキップしよう」・・など、シンプルな挿絵ですが、
どのような動きをするのか想像しやすいように描かれています。

グループが進むごとに、同じような動きが繰り返しでてきます。
それゆえ、弾けたらおしまい、では意味がありませんし、
また、それぞれのテクニック・・技をきちんと磨いてゆけば、
進むごとに進化していけるものとなっています。

バーナムピアノテクニック(導入書)バーナムピアノテクニック(導入書)
(2007/10/12)
エドナ メイ バーナム

商品詳細を見る


バーナムピアノテクニック(1)バーナムピアノテクニック(1)
(2007/10/12)
エドナ メイ バーナム

商品詳細を見る


どの教材も、いかに使うかによって習得できるテクニックも違います。

石嶺先生もおっしゃっていた中で特に印象に残ったのは、
導入から、ブルグミュラー、ソナチネ・・・と進むという、
その先にあるものを見て指導すること


当然のことでもあり、目の前のことに追われて忘れがちなこと。

そのことを新たに、ぐいぐいっと落とし込めたセミナーでありました。

お立ち寄りいただきありがとうございます(*^_^*)。
↓素敵なピアノの先生方がたくさんいらっしゃいます♪

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村


汗かいて弾く姿に、思わずありがとう・・・
ピアノ教室フェリーチェの初の男子のRくん。
ただいま高校3年生。
理系進学希望で、特にこの1年は勉強に励まなくてはなりません。

そんな彼は昨秋から妹とともに入会し、
大人ピアノコースで毎週レッスンにきてくれています。
今時の言葉でいえば“イケメン”さんなのですが、
ほっそりした優しい感じで、私よりずっと落ち着いています(笑)。

その物静かな雰囲気のまま、ピアノのタッチもとっても物静か・・・
腕にとても力がはいってしまうので、セクハラにならない程度に(笑)
「ちょっとごめんね。」と手首をもたせてもらったりしながら、
少しずつ少しずつ・・・力がぬけてきたかなぁ・・・というところです。

勉強のあいまに練習もしてくれていることも、弾いてくれるとよくわかります。

「練習しなくていいよ」なんて言えないのですが、
テスト前には、「勉強を優先にしてね」と思わず声をかけてしまうほど。

でもあまりの静かさに・・・せっかくだから、もっと楽しく弾いてもらう時間にしたいなぁ・・
・・で、そうだっ!と出してきました

「柔らか脳になる春畑セロリの楽楽♪ピアノ塾 Vol.1最初の最初」

柔らか脳になる 春畑セロリの楽楽♪ピアノ塾 Vol.1 最初の最初 (CD付)柔らか脳になる 春畑セロリの楽楽♪ピアノ塾 Vol.1 最初の最初 (CD付)
(2008/09/27)
春畑 セロリ

商品詳細を見る


その中の「いっちょまえ8ビート」「いっちょまえブギ」を。

かっこいい伴奏は私のお役目。
そこに1本指の「ド」だけで8ビートにのり、
また「ソ」だけでブルース・スタイルのブギを弾こう、というもの。

そうしたら!
Rくん、楽しくなってきたのか、腕まくりして汗かきかき
一緒に弾いてくれて、サポートする私まで楽しくなるわなるわ

「いっちょまえブギ」を最後にもう一度リクエストしてくれて連弾☆

思わず、ありがとう~。たのしかったね。また今度もしよう!

そう私がつぶやいてしまっていたのでした



もちろん、三枝隆さんの「1音のファンタジー」でも昨年、Rくんと連弾済み

三枝隆:ピアノ連弾 「1音のファンタジー」三枝隆:ピアノ連弾 「1音のファンタジー」
(2012/01/20)
三枝 隆

商品詳細を見る

 
1音だけで生徒さんがこんなにも楽しめる教材、曲って本当にありがたいこの頃。

さぁ、また誰とお楽しみの連弾レッスンにしましょうか。
そんなこんなを考えながら、また明日。

立ち寄っていただき、ありがとうございます☆

小さなピアノ教室の励みになっています(^^)

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

felice②
楽しくなるときがくるために
今日も天気に恵まれ、レッスンに来てくれる生徒さん達の足どりも軽く
私もほっとする日でした。

一番の笑顔で「こんにちは~!」とお迎えしたとき、
生徒さんたちの最初の表情をしっかり見て、
その後のレッスンの進め方、言葉がけを頭の中でかけめぐらせます。

DSC_4208_20120419004012.jpg

フェリーチェにきて1年4カ月になろうとしている小学校3年生のYちゃん。
お母さんに見られていると、自分を解放できないので
玄関でお母さんを帰らせます(笑)。

フレーズの終わりで、ドン!と尻もちをつくことがないよう、
音をよ~く聴けるようになってきました。
手首の動きもスムーズになって、気持ちを音にのせるためにどうしたらよいか
自ら考えている姿勢が頼もしくなってきました。

楽しそうに弾く姿を見せてくれる時に感じるのは、
やはり、目の前にある楽譜の音符が目にはいって、指が動き、鍵盤に落ち、
自分で音を広げていけるとき・・・そう読譜がうまく手とつながったときに
みんないい顔をして弾いてくれているなぁ、ということ。

そして、そこから自分色を探しながら弾く事が出来ます。

だからこそ、読譜・・・音符を読むために、そしてそれを演奏につなげていくために
工夫をもっと重ねていかなければならないなぁ、と感じています。

DSCF3889.jpg DSC_4210_20120419004012.jpg DSCF3885.jpg

現在の工夫のひとつは、記事“読譜と演奏をつなげるときに”にあるものです。

人それぞれに、わかるポイント、わからないポイントが違うので、
勉強会、セミナーで今後も引き出しを豊かにし、
フェリーチェでよりよく使えるようまとめながらみなさんに
お伝えしていきますね。

オシャレしてきてくれたYちゃん。おめかしの帽子で1枚   

DSCF3887.jpg

立ち寄っていただき、ありがとうございます☆小さなピアノ教室の励みになっています(^^)
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
 
森麻季&横山幸雄 スペシャル・デュオに
こちら奈良は晴れた空の気持ちのよい1日でした

南から北へ桜前線も進み、5月の終わりには日本全国のみなさんが
桜を眺め、新しい季節を感じられることでしょう。

桜を見て心なごませるときが春の一番の幸せ。
あおい芽も出始め、これから新緑の季節に向かっている今、
色々と思い悩む問題点も乗り切っていこう~!
前向きに思えるこの季節に感謝です。

DSC_4213.jpg

先日、「緑のサヘル」支援活動20周年記念として開催された
「森 麻季&横山幸雄 スペシャル・デュオ」コンサートに行ってきました。

テレビ「題名のない音楽会」でも拝見している日本を代表するソプラノ歌手の森さん、
ショパン演奏で世界ギネス記録を持つ、若き巨匠と呼ばれる横山さん。

いつか生で聴いてみたいと思っていたので、うれしい機会

森さんは舞台に立つその姿だけでも美しく、連れていったこども達も
「テレビでみる森麻季さんだぁ~」と大喜び。
歌った声は、放送を通して聴くより何とも柔らかく、
まる~いシャボンがふわふわとホールに漂うよう甘く魅力的なもので、
すっかり惹きこまれました。

横山さんのピアノは、とても安定した、安心感のあるもの。
さすがぁ・・・とつぶやいてました(笑)。

ささやくような響きも、男性であることを忘れる?かのような美しく繊細で、
生で聴ける喜びを改めて感じさせてくれました。

レストランをオープンし、音楽と旬の食をプロデュースされたりなど、
たくさんの才能を持つ横山さん。
その才能が、まだ若い横山さんの自信と風格をつくりあげているように
思えました。

才能はなくても・・(^^ゞ
伝えられるピアノ、楽しいピアノが弾けるようになりたい・・・

と、ささやいてしまった私でもありました
プロフィール

フェリーチェ

Author:フェリーチェ
講師 砂川 めぐみ
ピアノ教室フェリーチェ主宰

(一財)生涯学習開発財団認定プロフェッショナルコーチ

内閣府認証NPO法人マザーズコーチ・ジャパン 認定マザーズコーチ
(一社)日本アンガーマネジメント公認
  アンガーマネジメントキッズインストラクター


“なにげない日々の生活を
 かけがえのないものに
 
 そして
 
 ピアノをきっかけに
 自分を受けとめ、
 夢に向かっていける人に
 世界を広げ、
  幸せの種をまける人に”


ピアノという楽器をきっかけに、
目標をもって取り組む姿勢を身につけ、
演奏技術を高めることで
自分に自信を持ち、
また、音楽を楽しみ、
自分を大切におもう心を育て、
楽しく幸せを感じられる時間
をもつことができるよう、
そして、
自ら幸せを見つけられるよう、
ピアノレッスンいたします。

コミュニケーションは笑顔で!
やる気を育てます!


大人もこどもも、人が大好き☆

ピアノ&歌うこと、
スポーツと雑貨屋巡り、
そして
コーヒーとチョコをこよなく愛する
二児の母でもあります

大阪市出身 O型 かに座

レッスンのお問い合わせ、
体験レッスン、入会希望の方は
下記のメールフォーム または
sunflowerlovemusic●yahoo.co.jp
felicepiano.megumi●gmail.com
までお願いいたします☆
(●を@に変えて送信してください)


●大阪教育大学教養学科芸術専攻音楽コース(ピアノ)卒業
●中学校教諭・高等学校教諭1種免許(音楽)取得
●全日本ピアノ指導者協会(ピティナ)指導者会員

●京橋PEN(Piano Education Network)所属
●日本ギロック協会奈良支部会員
●PTC(ヤマハミュージック大阪)会員
●カワイ音楽教育研究会会員

●コーチAにて、国際コーチ連盟認定のコーチング・トレーニング・プログラム(CTP)修了
 

卒業後、弁護士秘書として勤務後、
音楽教室講師を経て、現在
ピアノ教室主宰ピアノ講師、
プロフェッショナルコーチ

メールフォーム
体験レッスンのお問い合わせ、 メッセージなどこちらにお送りください♪

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
月別アーカイブ
ブログ記事いろいろ
Megumi
カテゴリ
最新記事
フェイスブックページ
ピアノ教室フェリーチェ

笑顔で応援☆コーチングレッスン
ご紹介いただいた記事
ピアノ教室フェリーチェ・砂川をご紹介いただきました。 ありがとうございました!!
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター