*All archives* |  *Admin*

2014/09
≪08  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   10≫
こども達に伝えたいこと
奈良・大和高田のピアノ教室フェリーチェです。

先日、Facebook上でシェアされていた
TED (カンファレンス)での植松努さんのプレゼンテーション。

こども達、若者に伝えたいこと、
そして親としてもちろん、大人として心していたいことが
たくさん溢れています。

私の心に残ったセンテンスをあげていますが、
ぜひ、ゆっくりと植松さんの言葉に耳を傾けてみてください。



「思うは招く」 
だったらこうしてみたら?
  で、ゆめはかなう






思い続けることは大切。

「どーせむり」から生まれるものはない。

中途半端は、なにもしない、なにもできない、よりぜんぜんいい。

自分を責めることなく、足りないことをマイナスに思う必要はなく、
一生懸命にできることをすればいい。
人は足りないからこそ助け合える

失敗をマイナスと思う大人がいた。
それがみんなの自信と可能性を奪ってきた。
でも大丈夫。
やったことがないことをやりたがる人
あきらめない人
くふうする人
 
が増えればいい。
その人はどこにいるか。みんなだ。

まずいと思えば逃げるのもあり!
失敗は当たり前。へこまないで。
失敗はよりよくするためのデータにすぎない。

失敗したり、逃げたり、あきらめたことをせめてしまい、
苦しい、つらい、申し訳ない、悔しい、悲しい、恥ずかしい・・・
とグルグルしてしまったときは
「ただいま成長中!」と宣言しよう。

「どーせむり」という言葉に出会ったら、
「だったらこうしてみたら?」と言おう。

人はあきらめかたを知らないで、輝いて生まれてきた。
あきらめ方を習ってしまったかもしれないけれど、
「やったことがないことをやってみる」。
小さな

人は失敗するために、あきらめるために生まれてきたのではない。
世界を救うために生まれてきた。
1人1人ができる世界の救い方がある。
それは、
「自分なんてぇ~~」と思わなくなることだけ

できない理由を探すのではなく、
できる理由を考えよう。


「だったらこうしてみたら?」



さぁ、読書の秋、芸術の秋、食欲の秋!(笑)
実りの秋には、心の中もさらにたくさん栄養を与えて
豊かにしたいと感じています。

「ど~せ無理!」
その言葉を「やったらできる!」「これが私!」と言えるようサポートしたい。
その思いをずっと持ち続けていたからこそ、コーチングも学び・・・

私自身も「ただいま成長中!」


気づきの場です。
素敵な先生方のブログがたくさん見られます☆
 ポチッと押して応援くださると、とっても嬉しいです♪

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村


ピアノ教室フェリーチェでは
こども&大人の方にもピアノの魅力を知ってもらえるように、
ピアノを弾く楽しみたい!を叶えられるように、
自分の魅力を知り、生かせるように、
コーチングを取り入れた笑顔での応援・サポートしています♪

お問い合わせは
ブログ・メールフォーム、
またはホームページ・問い合わせページ へ。




大人のピアノ『ピアノ*カフェの会』vol.4
奈良・大和高田市のピアノ教室フェリーチェです。

先週末、大人ピアノの生徒さん達の交流の場
「ピアノ*カフェの会」を開催。

会場は、いつも大変お世話になっている
橿原市のギャラリーカフェ&レストラン「ドラムヤカタ」 さんにて。

プログラム2

平日の朝から昼にかけてですので、
幼稚園教諭の生徒さんなど、お仕事が休めない方や
現在休会されている方が参加できず、3名の生徒さんと私、
そして、ゲストにチェロを習う友人の5名の会でした。

プログラムの中身には、参加者の名前、
そして、誰が弾くのかわからないけれども「曲名だけ」を記載。

今回は、生徒さんとは面識のないゲストの友人に
どれを聴きたいか曲名で選んでもらうことによって、
演奏順番を決めました。
皆、ドキドキされていましたね。

もちろん、一番はじめと最後はチェロの演奏で。
まずは、スメタナ作曲「モルダウ」。

チェロとピアノ
チェロを習う友人は、音大を出たわけではなく、
幼い頃に習っていたのみ、子育て真っ盛りの主婦であります。

しばらく離れていたチェロ。
私と出会ったことで少しずつチェロを取り出しては、
家で弾き始めた彼女の音は、次第にまろやかになってきました。
伴奏をさせてもらえる喜びをかみしめた瞬間。

その後は、彼女の選んだ順にピアノソロ。

ピアノカフェの会

私もその中の一人。
fepicepiano.jpg

次は、発表会で弾く連弾も。

連弾 2

その次は、チェロを体験コーナー。
友人が皆に快くチェロを弾かせてくれる時間をつくってくれました。
皆、初めての体験でワクワク。

身体まるごとで抱きしめるようにもつチェロ。
その響きは、身体に大きな振動が本当に伝わってくることを実感でき、
ピアノ演奏以上に、自分が音を出していることを感じられるものでした。

チェロ体験

チェロ体験2 チェロ体験3

弦楽器のもつメロディーラインのレガートの
美しさ、そのむずかしさを、
生徒さんは身をもって感じられた貴重な体験だったことでしょう。

私にとっても、ピアノで演奏するときの、
楽器と自分の距離感について考えることができ、
演奏時の意識の心のもっていきかたのヒントをもらった、
とてもありがたいものでした。

最後に、再びチェロ演奏。
「風の谷のナウシカ」より組曲5つのメロディーより
「Ⅰ.風の伝説」

lunch (2)

貸切の1時間を終え、ランチタイム。
これは主婦ならではの情報交換であったり、
子育て相談室であったり。
交流の場として、和やかに楽しませていただきました。

レッスン、そして発表会へのモチベーションがあがったでしょうか。
次回のレッスンが楽しみです。

fepicepiano2.jpg

気づきの場です。
素敵な先生方のブログがたくさん見られます☆
 ポチッと押して応援くださると、とっても嬉しいです♪

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村


ピアノ教室フェリーチェでは
こども&大人の方にもピアノの魅力を知ってもらえるように、
ピアノを弾く楽しみたい!を叶えられるように、
自分の魅力を知り、生かせるように、
コーチングを取り入れた笑顔での応援・サポートしています♪

お問い合わせは
ブログ・メールフォーム、
またはホームページ・問い合わせページ へ。







続きを読む

1音の美しさを求めて
奈良・大和高田市のピアノ教室フェリーチェです。

ピティナを通して参加したピアノレッスン見学は今年4月。
訪ねたのは、京都の松田紗依先生のアトリエ。

ピアノ奏法にも、先生のお人柄にも惹かれた春。
そのときに勉強会の申込みをしていたのですが、
夏の終わりに、勉強会のお誘いが先生から届きました。

ロシアンメソッドピアノ研究会。

普段、私自身のピアノレッスンで師に必ず求められる
「ひとつの音の響き」「脱力」。

こどもも大人の生徒も、腕にとても力が入る時があります。
私なりのすでに得てきたものでアプローチしながらレッスンしていますが、
どれだけ素敵な響きのある音を、
リラックスした状態で弾けようになるのか。

その課題をいつもとまた違った視点で得るものがあるだろうと、
この勉強会に申し込みました。
基本から始めていただけるグループへの参加。
すでに、5年続いているグループもあるそうです。

IMG_3579_20140911000633e5e.jpg

メンバー紹介から始まり、
紗依先生のロシアンメソッドへの想い、
旧ソ連のピアノ教育の背景などを聴き、

・初めてピアノを学ぶ生徒さんへのレッスン初日にしておきたいこと
・姿勢
・弾く前にできる基本のタッチのイメージづくり
・1音を1本の指で美しい音色で弾くためのコツ
の本題へと進みました。

手の平と鍵盤の間の負荷を感じること。
それはシフォンケーキや綿菓子のようなフワリとしたものをイメージして。
まろやかで遠くに飛んで歌える音を求めた、
打鍵前、打鍵の瞬間、打鍵後のタッチの感覚を、
ひとりひとりピアノを弾いて先生が確認してくださいました。
3の指だけ、2の指だけ、1と5の指だけ・・・
丁寧に、本当に丁寧に教えてくださいました。

私の打鍵後に肘が外側に広がってしまう癖。
見つけていただいたことで、
また新たに意識できた自然な形を身につけていきたいです。

生徒たちにも還元したいことが盛り沢山。
ただ、ピアノを所有していなければ厳しい内容でもあります。
電子ピアノでもピアノを弾く機会が必ずあるという意識で、
基本フォーム、タッチの感覚をどの子にも伝えていきたい。
そのためには、私自身がより深く身につけていきたい、
そう思える新鮮な空気を感じる時間でした。

IMG_3600[1]

何よりも、紗依先生も朗らかでお茶目な (失礼します・・・)お人柄が、
学びを楽しくしてくださいました。

次回までに、1音を弾く時のタッチの感覚を磨いていこう♪
1音の美しい響きを求めて。

京都にまたご縁が増えました。

気づきの場です。
素敵な先生方のブログがたくさん見られます☆
 ポチッと押して応援くださると、とっても嬉しいです♪

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村


ピアノ教室フェリーチェでは
こども&大人の方にもピアノの魅力を知ってもらえるように、
ピアノを弾く楽しみたい!を叶えられるように、
自分の魅力を知り、生かせるように、
コーチングを取り入れた笑顔での応援・サポートしています♪

お問い合わせは
ブログ・メールフォーム、
またはホームページ・問い合わせページ へ。







岸見一郎先生の講演会へ
奈良・大和高田のピアノ教室フェリーチェです。

アドラー心理学 「よりよい関係を築くために」
と題した岸見一郎先生の講演会にご縁あって参加してきました。

岸見先生著の書籍、
‘嫌われる勇気 ~自己啓発の源流「アドラー」の教え’
 (岸見一郎 ・古賀史健著)

は、本屋でもたくさん並べてあるのをよく見かけるかもしれません。

IMG_3579.jpg

哲学など、難しい話なのだろうか。
そんなことは私の勝手な思い込み。
青年と哲人の対話によって綴られたその本を
今春、手にしたときには一気に読み進めていました。

  アドラー心理学(アルフレッド・アドラーの思想)は、
  「どうすれば人は幸せにいきることができるか」という哲学的な問いに、
  きわめてシンプルかつ具体的な“答え”を提示します


まずは、そのセンテンスに魅かれました。


今回は、子育てに視点をあてた講演。

こどもを、褒めない、叱らない。
指示、命令もしない。

“人は、ほめられることによって
「自分には能力がない」という信念を形成していく”

こどもと大人は対等であり、
こどもが自らの力で課題に立ち向かっていけるように
働きかけること、援助すること。

この横の関係に基づく関係のことを、
アドラー心理学では「勇気づけ」と呼び、
コーチングの学びもつながっていました。

IMG_3553.jpg

褒めないこと。
これは難しいと言えば難しいかもしれません。
でもこれは、上から目線、でもあるのです。

質疑応答の時間では、
この疑問についての質問もあり、とても興味深いものでした。

褒めることは「認めてあげることだ」とおっしゃる方。
それに対し、岸見先生は
「なぜ認めてあげないといけないのですか?」と。

認めてもらうためにしか行動できなくなっては・・・
やはり悲しいものです。

認めてもらえなくても、賞賛されなくても自分は自分。
貢献することに意欲をもてるように、
「ありがとう」「助かったよ」「うれしい」
そんな言葉をかけましょう、と。

この3つの言葉、私はよくこども達に使うものだったので
ひとつ安心しましたが、
自分自身の不満、不安に耐えて
「私に何かできることはある?」
問いかけることはどれだけできているだろう・・・と反省。

こうした方がいいよ、こうするべきだよ・・・
そんな言葉の方が多く出てしまうことも多々あるので。
そこをグッと飲み込んで、
「私(お母さん)に何かできることはある?」
と、いつでも大きく構えられるようになりたいものです。

岸見一郎先生と

岸見先生は、アドラー心理学は自分を変える心理学だと。
「私が楽になるには?」と考えよう。

即効性はないが、基本的信頼感をもって、
常に存在を気にかけること、
ゆっくりじっくりと関わって親が子を受け入れることは大変だけれど、
必ずよい関係になれる、と。

過去も未来も重要ではなく、
「今 ここ」が大切

軽やかにやってみようと思えました。

まずは、
「お母さんに(先生に)、何かできることはある?」
この言葉をもっとシンプルな気持ちで伝えることを。




気づきの場です。
素敵な先生方のブログがたくさん見られます☆
 ポチッと押して応援くださると、とっても嬉しいです♪

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村


ピアノ教室フェリーチェでは
こども&大人の方にもピアノの魅力を知ってもらえるように、
ピアノを弾く楽しみたい!を叶えられるように、
自分の魅力を知り、生かせるように、
コーチングを取り入れた笑顔での応援・サポートしています♪

お問い合わせは
ブログ・メールフォーム、
またはホームページ・問い合わせページ へ。




コツコツと。
奈良・大和高田のピアノ教室フェリーチェです。

日中はまだまだ暑い時もありますが、
朝晩は涼しい季節になりました。

暑さや寒さが和らぐときは、習い事をさせてみようかな~、
新しいことを始めてみようかな~
と心が動くときなのでしょう。
フェリーチェでもお問い合わせが入ります。

体験レッスンを受ける方には、
事前に体験レッスンシートをご記入いただいています。
その中の「レッスンを受ける目的は?」の質問。

多くの方(保護者)が
・1つのことを長く継続する経験
・コツコツと努力を積み重ねる習慣
に、丸をつけていらっしゃいます。

この「コツコツと」が意外と魔物。

自らの気持ちを奮い立たせてコツコツと練習できるようになるのは・・・
やはり小学校高学年になるでしょう。
もちろん、練習をしたくなるようなアプローチを仕掛けていくことも
私たちピアノ講師の腕の見せ所でもあります。

その中で、幼稚園児や低学年の間は特に、
お家でのお声がけは必須です。
けんかをする必要は決してありません。

「どんな曲を弾いてるの~?」
「そろそろ練習できる時間だよ」
「気持ちよく弾けるようになってきた?」
「今日弾いていた曲、お母さん、結構好きだな」etc.・・・
と、こどもさんのピアノに興味をもっていただきたいのです。

小学生には400マスシートをお渡ししています。
1回の練習で1マス塗る。
10枚目まできたときには、1マス○○分と
それぞれの課題に応じて変化します。

幼稚園児の生徒とは、
「この曲の左手は何回練習できる?」という会話のやり取りで
レッスンノートに2人で決めた数の○を書き入れ、
その丸をぬってきてもらったりもします。

コツコツ。
書くのも言うのも容易いけれども、
やり遂げるのは、大人もこどもも体力・・・
いえ耐力が必要ですもんね。

その中でも頑張っている生徒たちも。

DSCF5663.jpg

DSCF5665.jpg

できない、と涙目が多かった子たちも
随分強くなってきました。

先生、泣いても笑い飛ばしちゃうからねぇ。
そうそう、泣いていても始まらない!

一歩一歩たくましくなるその背中に
成長を見守れるうれしさを感じています。

DSCF5666.jpg

育てることもコツコツと、です。

気づきの場です。
素敵な先生方のブログがたくさん見られます☆
 ポチッと押して応援くださると、とっても嬉しいです♪

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村


ピアノ教室フェリーチェでは
こども&大人の方にもピアノの魅力を知ってもらえるように、
ピアノを弾く楽しみたい!を叶えられるように、
自分の魅力を知り、生かせるように、
コーチングを取り入れた笑顔での応援・サポートしています♪

お問い合わせは
ブログ・メールフォーム、
またはホームページ・問い合わせページ へ。







プロフィール

フェリーチェ

Author:フェリーチェ
講師 砂川 めぐみ
ピアノ教室フェリーチェ主宰

(一財)生涯学習開発財団認定プロフェッショナルコーチ

内閣府認証NPO法人マザーズコーチ・ジャパン 認定マザーズコーチ
(一社)日本アンガーマネジメント公認
  アンガーマネジメントキッズインストラクター


“なにげない日々の生活を
 かけがえのないものに
 
 そして
 
 ピアノをきっかけに
 自分を受けとめ、
 夢に向かっていける人に
 世界を広げ、
  幸せの種をまける人に”


ピアノという楽器をきっかけに、
目標をもって取り組む姿勢を身につけ、
演奏技術を高めることで
自分に自信を持ち、
また、音楽を楽しみ、
自分を大切におもう心を育て、
楽しく幸せを感じられる時間
をもつことができるよう、
そして、
自ら幸せを見つけられるよう、
ピアノレッスンいたします。

コミュニケーションは笑顔で!
やる気を育てます!


大人もこどもも、人が大好き☆

ピアノ&歌うこと、
スポーツと雑貨屋巡り、
そして
コーヒーとチョコをこよなく愛する
二児の母でもあります

大阪市出身 O型 かに座

レッスンのお問い合わせ、
体験レッスン、入会希望の方は
下記のメールフォーム または
sunflowerlovemusic●yahoo.co.jp
felicepiano.megumi●gmail.com
までお願いいたします☆
(●を@に変えて送信してください)


●大阪教育大学教養学科芸術専攻音楽コース(ピアノ)卒業
●中学校教諭・高等学校教諭1種免許(音楽)取得
●全日本ピアノ指導者協会(ピティナ)指導者会員

●京橋PEN(Piano Education Network)所属
●日本ギロック協会奈良支部会員
●PTC(ヤマハミュージック大阪)会員
●カワイ音楽教育研究会会員

●コーチAにて、国際コーチ連盟認定のコーチング・トレーニング・プログラム(CTP)修了
 

卒業後、弁護士秘書として勤務後、
音楽教室講師を経て、現在
ピアノ教室主宰ピアノ講師、
プロフェッショナルコーチ

メールフォーム
体験レッスンのお問い合わせ、 メッセージなどこちらにお送りください♪

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
月別アーカイブ
ブログ記事いろいろ
Megumi
カテゴリ
最新記事
フェイスブックページ
ピアノ教室フェリーチェ

笑顔で応援☆コーチングレッスン
ご紹介いただいた記事
ピアノ教室フェリーチェ・砂川をご紹介いただきました。 ありがとうございました!!
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター