FC2ブログ

あ~よかった(*^_^*)

フェリーチェ

昨日に続き、青空いっぱい、プール日和の晴れを満喫できるこちら奈良。

でも、蒸し暑いです・・・

扇風機をとうとう出しました。

それでも夏が近づくとワクワクします
もう迎えたくないような・・・誕生日が夏にあるからか、
自分にはあまり関係ないけれども、“夏休み”という響きが好きだからか、
布団から出られない冬よりは大好きなのです

SH010941.jpg SH010940.jpg SH010942.jpg

ピアノレッスンで、よかったぁ~
       と感じ、幸せを分けてもらっています。

あげればたくさんある小さなその瞬間。

たとえば、こどものピアノコースでのこと。
恥ずかしがり屋さんで、かわいい手の指もまだまだ弱いIちゃんが、
「し~ぶん、し~ぶん、にぶおんぷっ」と彼女なりの明るさで歌って弾けた時や
「ひげじいさん」をCメジャーに加え、Gメジャーも両手で弾けた時

「ひげじいさん」は12のメジャー・キーで弾けるようになったYちゃん。
それでもレガートが、切符売りのボタンのように弾いてしまうことが多々あって
あれこれ試してみて、“鍵盤を歩くように”音がつなげられた時

それから、大人のピアノコースでのこと。
保育士や幼稚園を目指す女子大生の彼女たちが、
バイエルやブルグミュラーを練習し、
学校の試験でうまくいったぁと報告してくれる時や
「短3度」や「調」・・・などの楽典の話で
 “お~” と理解でき、すっきりした顔を見れた時

仕事帰りに重い楽譜をかかえてやってきてくれるAさん。
たった二つの音符にスラーがかかっているところで、
それをいかにレガートに弾くか、どう重さをかけて力を抜くかうぃ悩んでいたのに、
美しいレガートとなり、その弾くワルツの音が豊かになっていった時

などなど・・・

どのピアノの先生も同じだと思います。
日々のレッスンの苦労とうれしい瞬間を重ねていって
自分も前向きに頑張れます。

         

ところが先日、私が「よかったぁ」プレゼントをいただくことに。
「あ~、先生でよかった」と。

あまり口数の多い方ではないYさんが、ポツッとおっしゃってくださった瞬間、
あまりのありがたさに、お口の多い私が言葉になりませんでした。

生徒さんそれぞれの中で成長が見られたときには、
私も「よかったよ、よかったね」と声かけすることを忘れないでおこう。

Yさん、ありがとうございました。
またひとつ、生徒さんに教えられたフェリーチェです。

SH010939.jpg 絵を習うYさんの作品。

でも、実は・・・・
Yさんがフェリーチェピアノ教室に初めて来られたとき、
電話の声で想像したよりも、
姿を現したフェリーチェを見て若いと感じ、
「よかった♪」と思ったそうな

電話で初めてお問い合わせいただいた際の私は
もっと年配の先生・・・と感じていたのだそうです

私の声、どんなの??

一応?!、アラフォーです
アハハッ・・・

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
関連記事
Posted byフェリーチェ

Comments 2

There are no comments yet.
たかみわ  

フェリーチェ先生、こんにちはv-22

生徒さんの作品、すてきですねv-254

たかみわも生徒さんからお手紙とかいただくと
すっごくうれしいですv-238
小学校の子が一生懸命書いたお手紙は
大切にしまってあります。

よかったね、よかったよって声かけは
生徒さんにも自分にも元気をもらえる言葉ですねv-266

2011/06/24 (Fri) 15:34 | EDIT | REPLY |   
フェリーチェ  

v-22たかみわ先生

先生、コメントありがとうございます(*^_^*)。

ピアノの先生・・をしていますが、生徒さんたちも
それぞれ素敵な才能をお持ちで、私にとっては
みなさんが“先生”のように思えるときがあります。

たかみわ先生はオシャレでステキな方だから、
子どもの生徒さんの憧れでしょうね♪♪

2011/06/25 (Sat) 00:16 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply