FC2ブログ

色と音楽

フェリーチェ

朝晩、涼しくなったこちら奈良。
青い空に真っ白い雲が映えて・・・そんな夏を懐かしめるような季節が
やってきた気がします。

そろそろ、秋。もう、秋。
 何を着ようか、と迷う季節でもありますよね

洋服なら色もですが、素材によって季節を感じさせたりもするので
色だけで季節を表す、ということは言えませんが、

夏には、涼しさを演出するために、海の波や冷たい水を表す水色が店先に描かれていたり、
元気いっぱいに過ごしたいと思えるようなオレンジ
夏の花のひまわりをイメージする黄色 (←黄色・・です)が壁面に描かれていたり。

今は “秋色”さがし、というようなキャッチフレーズが掲げられ、
カーキボルドーブラウン・・・
色にくすぐられ、女性は新しい洋服が欲しいな~という頃でしょうか。

」の組み合わせを見ると、何だかクリスマスが近づいてきたなぁ、と感じたり。

色には不思議な力がありますよね。

 素敵な色合わせの洋服を着た女性を見かけたとき
 道や、どなたかのお家の玄関前に色とりどりのお花が植えられているのを見つけたとき
 野菜が色よくバランスよく美しく盛りつけられた料理を目の前にしたとき

私はとってもワクワクします
青い空に白い雲が好きなのも、まずは“色”に魅かれて。
そして、その空気に癒されて。

SH010949.jpg SH010951.jpg SH010950.jpg

音楽にも、ピアノ演奏にも “香り漂う” 演奏があります。
あ、もちろん、ホントに“におって”はきませんよ

演奏会で “色彩感の漂うピアノの調べ” という言葉を見つけることもあるでしょう。
これは、空間に流れるときの流れをまるで自在にあやつっているかのような演奏に
出会ったときでしょうか。
目の前にいる演奏者のドレスの色に惑わされることなく
目を閉じて聴いていると、
薄いベージュのような、キラキラ輝くような白のような・・・
そんな、様々な“色”を感じることがあります。

それは、ピアノに触れるピアニストの魔法のようなタッチのおかげ。

ただ楽譜の音符が読め、鍵盤のドレミの位置がわかり、音をならせたとしても、
それだけでは、“色”のある、“香り”のある演奏にはなりません。
聴く側に感動を与えることもないのです。

聞こえる音を、“深く聴いて演奏する音”だけが、人の心に色をつけてくれます。
きっと、弾いている自分の胸のあたりが温かくなれるはず

さぁ、せっかく大切な時間をとって練習するのですから、
どんな音にしたいかな~
どんな色の曲にしたいかなぁ~

と、たくさん想像をふくらませ、指のタッチを感じ、考えながら弾いてみてくださいね。

私も11月のコンサートに向けて
“よ~~く聴いて弾く”ことに集中して練習します

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

奈良・大和高田 フェリーチェピアノ教室 private piano * Felice  
               生徒募集中 現在・火曜~金曜のレッスンです                                                                                          
           当ブログ横にあるメールフォーム 
     または sunflowerlovemusic@yahoo.co.jp へご連絡ください

SH010948.jpg
7月、お友達にいただいたカステラ。
こんな抹茶色には、とっても食欲をそそられる私です


                           
関連記事
Posted byフェリーチェ

Comments 5

There are no comments yet.
たかみわ  
こんにちは♪

フェリーチェ先生、励ましのおことばのお礼を
こちらでさせていただきますね。
フェリーチェ先生からのコメントは
たかみわの宝物です。。。
こころから、ありがとうございました。。。
今日は久しぶりにピアノを弾きました。
フェリーチェ先生も11月に演奏会があるのですね。
たかみわも11月に発表会があるので
本腰入れて練習しなければならないのですが・・・
今日30分弾けたので明日はもう少し弾けるかな。
頑張りますねv-22

2011/09/07 (Wed) 15:31 | EDIT | REPLY |   
フェリーチェ  
こんばんは

v-22たかみわ先生
こんばんは。こちらにコメントを、ありがとうございます(*^_^*)。
たかみわ先生の心は柔らかくて、優しいから
そう感じてもらえたのだと思います。
ピアノを弾ける気持ちになれてよかったです。
11月の発表会、優雅で美しい先生の演奏をしっかり生徒さんに
見てもらわねば☆ですね♪
私もがんばります(^^)/

2011/09/07 (Wed) 23:27 | EDIT | REPLY |   
さっちっち  
秋ですね

フェリーチェ先生のブログには日々に優雅さと感性を感じますe-420
色と香りと音楽e-291e-266
いいですねe-77着目点が素晴らしいe-257
確かに色がみえる、香りがただよう演奏ってすてきe-266
そうそう、明日私は神戸までレフレールのコンサートに行ってきますe-343
どんな色がみえるか、どんな香りがするか想像をふくらませてきますねe-267
イメージ力は大切だもんねe-453

2011/09/10 (Sat) 09:14 | EDIT | REPLY |   
emika  
色かぁ。。

こんばんは^^。

今回の記事 とても参考になりました。
音と色って考えたことがなかったけど
確かに色を感じることがあるかも?です。

もうじき発表会なのですが、弾く曲も色をイメージしたら
弾きやすくなるかなと思いました。
それを感じながら練習します^^。

2011/09/10 (Sat) 21:29 | EDIT | REPLY |   
フェリーチェ  
No title

v-22さっちっち先生

優雅な姿ではない私ですけどね~(笑)。
さっちっち先生なら、よくご存じですが(^^ゞ。

レフレールのコンサート、うらやましいv-344
いろんな“色”が見えそうです♪ 
しかも、男っぷりたっぷりの?!香り漂う演奏でしょうね。
また、感動&興奮のレポートを待ってますv-353


v-22emikaさん

色と音楽、ちょっと突拍子もない発想でしたでしょうか(^^ゞ。

私の中では、演奏を聴くときも、弾く時も、
“色”のイメージがわいてくるんです。
弾くときには、けっこう暗譜にも役立ったりv-353
  (今は、水色の世界、次は風がきて、雲が出て、グレーになった・・・とか)

言葉足らずですが、emikaさんに何か伝わっていれば
とってもうれしいです(*^_^*)。
発表会、楽しみですね♪
“emika色”いっぱいで演奏してくださいね(^O^)/


2011/09/11 (Sun) 15:58 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply