FC2ブログ

感覚が研がれるとき

フェリーチェ

ピアノ教室がお休みの中、
滋賀県の琵琶湖前のオートキャンプ場へ。
毎年、夏の恒例となった子連れキャンプは6回目を迎えました。

DSCF3572.jpg DSCF3577.jpg DSCF3574.jpg

こどもたちがいない頃は、パートナーと二人で貧乏キャンプをよくしました
テントを張り、水も持っていき、秋であれば、二日くらいならシャワーも浴びず、
周りで“ご立派”なキャンピングセットで来られているのを横目に、
最小限度の荷物で行く私達は、七輪でパタパタうちわをあおいで肉を焼いて食べ・・・。
でも、湖や川の近くで、自然の風を感じながら過ごし、温かいコーヒーを飲めることが
とても幸せで楽しかったのです

こどもができたら、下の子が3歳になったら行こう・・・
そうして再び行き始めたキャンプ。
オートキャンプ場デビューでもありました。
道具も増えました・・・

広いサイトに、ゆったりとテントを張り、各サイトに温水シャワーが出る小屋があり、
“貧乏キャンプ”とは、少し程遠いものですが、
こどもたちにも外での生活を知ってほしい、
できるだけ荷物を少なくし、何で遊ぶかも自分達で考えてほしい、という願いで。

雨の中、ずぶぬれになりながら、テントなどの荷物を撤収する親の姿を見たこと、
今までも突然の豪雨に、まだ泊まりたい、泳ぎたい、と泣くこども達にも
撤退する勇気を知ることになったこと、
色々ありました。

今回も天気の移り変わりの早さを実感したことでしょう。
家にいれば気にならない雲ひとつ、風ひとふきも、
外で生活すると、とても敏感になります。
太陽が見えると、光を感じるととても喜んだこどもたち。
こんなにも日の光が幸せだと感じられる気持ち、
感覚が研ぎ澄まされるときは、何にも代えられないものです。

突然の強風でタープが、荷物が飛ばされそうになり、
落ち着いて何からすればよいのか、言葉ではなく、
私たち親の姿を見て感じてもらえたことが、
今回、私にとっても大きな収穫でした。
こどもの成長を感じるときでもありました。

そんな恐れさえ抱いた強風。
湖前の私達のサイトでは大変でも、
100メートルほど・・・たったわずかに内陸にある管理棟では、
風はそよ風くらいだったことに、こども達は衝撃を受けました。
そこにいる人には、あの強風の大変さはなかったんだ、と。

その“感覚の違い”について、歩きながらこども達と話しました。
地震のあった北日本、東北は同じ日本にあっても、
あなたたちには、身にしみて辛さを感じることができていないかも、と。
今でも苦しむ人たち、前を向いて歯を食いしばっている人たちがいるということ、
もっと心にとめて、毎日の生活を大事に過ごさなくちゃいけないね、と。

私自身にも言い聞かせて。


感覚を研ぎ澄ますこと、心を敏感に動かすことは、
音楽を感じるときに、ピアノを弾くときに、大事にしたいところ。

でもそれを言葉で伝えず、体で感じてほしい母の願い。
少しは伝わったかなぁ・・・
親の心、子知らず、ですかね

また明日からレッスンです
また少したくましくなった?!私が、フェリーチェピアノ教室でお待ちしています

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
ポチッとひとおししてくださった方、ありがとうございます。
小さなピアノ教室の励みです(*^_^*)
関連記事
Posted byフェリーチェ

Comments 6

There are no comments yet.
メロディハート  
私も同感!

キャンプ・・・もう3年ほど行ってないけど、娘が8ケ月くらいの頃から行ってました。
全盛期(!?)は1,2月以外、毎月1回は必ず行ってました。

キャンプに行くと、おだやかな天気、太陽の光のありがたさが実感できますよね。
山でキャンプした時なんて、おだやかだったはずなのに深夜に突然、突風が吹き、タープが飛ばされそうになり、必死で支えたら、ポールが2本もぐにゃっと曲がって・・・
なんてこともありました。

思い起こせば、たくさんのエピソードがあります。
でも、パパも私も子供達も、そういう時って真剣にどうしようか!って考えるんですよね。

そして、日頃どれだけ恵まれた環境で生活できているのかを実感するんです。

感覚を研ぎ澄ますこと・・・大切ですよね。

フェリーチェ先生のお子さん達・・・
良い経験が出来ましたね。

私もまた自然の中でキャンプしたくなっちゃいました♪

2011/08/19 (Fri) 01:05 | EDIT | REPLY |   
フェリーチェ  
こんばんは☆

v-22メロディーハート先生

コメントありがとうございます!(^^)!
嬉しいです。お元気でしたか。
メロディーハート先生もキャンプをされていたのですね\(◎o◎)/!
意外でした(*^_^*)。
でも、息子さんがいらっしゃるから、それもそうだ☆と納得した私です♪

それにしても毎月1回とは、本格的ですね~!
私も全てを忘れてそうしたい(笑)。

今は、こども達が大きくなってから、老夫婦になってぼちぼちと準備し、
月1、2でキャンプを楽しむのもいいかなぁと考えてます(^^ゞ。

キャンプでは、こども達はもちろん、大人もたくさんのことを
身をもって知らされますもんね。
それがまた、毎日生きていく中で私にとっては反省もできるので
とても大事な時間です。

自然の中でのキャンプ、またメロディーハート先生も
ぜひぜひ再開してみてくださいね(^O^)/


2011/08/23 (Tue) 00:48 | EDIT | REPLY |   
CHICOピアノ教室  
No title

Felice先生:
初コメントです。
キャンプいいですねぇ!私も子どもの頃、夏休みと言えばキャンプに連れて行って貰い、自然の中で沢山考え、体験をしてとてもいい思い出になっています。将来、家族ができたらキャンプに行きたいなとFelice先生のブログを読んで思いました。

2011/08/23 (Tue) 22:10 | EDIT | REPLY |   
フェリーチェ  
No title

v-22CHICO先生

CHICO先生、初コメントありがとうございます!(^^)!
こどもの頃にキャンプをしていらっしゃったなんて、うらやましい☆
私はず~っと父にねだっていましたが、テントをはる夢はかなわず・・・
出会った夫はテントを持っていたのでとてもうれしかったです(*^_^*)。
あ、テントと結婚したのではありませんよ~(笑)

CHICO先生もぜひぜひ、ご家族を持った際にはキャンプへ♪。
自然の静けさの中にいる瞬間は、本当にいつまでも心に残っていますもんね。
ピアノを弾くときにも、そんな光景、空気を思い出してみるのが好きな私です。

2011/08/26 (Fri) 12:37 | EDIT | REPLY |   
ぴゆりん  
No title

私も子供が小さい頃、ここでキャンプしました。
キャンプは時間がゆるやかに過ぎていくところや自然の心地良さが好きです。
子供達がキャンプに連れて行ってもらいたがっていた頃が懐かしいなぁ。
ここ数年行っていませんが、フェリーチェ先生の記事を読ませていただき、
又行きたくなりました。

お子さん達にはきっと伝わっていると思いますよ♪

2011/09/15 (Thu) 21:34 | EDIT | REPLY |   
フェリーチェ  
こんにちは

v-22ぴゆりん先生

コメント、ありがとうございます(*^_^*)。

今年は琵琶湖に行くと、ぴゆりん先生を思い出していました。
「このあたりに住んでいらっしゃるんだなぁ~」と。
とてもよい所に住んでおられるぴゆりん先生がうらやましいです。

先生もお子さんとキャンプに行かれていたのですね☆
それも何だか嬉しいです(*^^)。
こどもたちに残っているんですよね。
私も、体に感じたことを大事に心の引き出しに入れておこうと思います☆

2011/09/16 (Fri) 14:49 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply