fc2ブログ

蹴伸び(けのび)して~

フェリーチェ

ピアノを弾くって肩がこるんですよねぇ

と、昔よく聞いた。

う~ん、かなり力はいってるんだなぁ、と人ごとのように思いながらも、
自分もショパンの革命なんぞ弾いていたら、最後の1ページは力任せだったり・・・
なんてことも。
力には自信があるから何とかなっていたけど、
80歳を越えても弾こうと思ったら (弾く気の私・・・(^^ゞ)
そりゃあ大変なことになってしまう。

大学も終わりの頃に“脱力”という言葉に夢中になった。
師匠からそのようなことは教えてもらえないので、
いろんな本を探しては読んだ。
弾いては試し、まだまだ完全に体の力をコントロールしきれていないので、
これからも私にとっても追求していきたいこと。
今夏、ブログを通して出会ったMegumi先生のレッスンも受け、
鍵盤と体の関係の改善点も教えていただいた。


ピアノを始めて、再開して月日が浅い人ならなおさら、
意識しないうちに力がはいってしまうだろう。

スラーがかかった最後の音など、のびやかに響かせたい音とわかっていても
鍵盤をおしつけてしまっていることも多々ある生徒さん。

泳いだことがある人なら、蹴伸び(けのび)をしたことがある人なら、
あの水の中で、体を す~~~っと伸ばして進む感覚が分かるはず、

『打鍵をした後、す~~~っと蹴伸びのように、水の中を進む感覚でのびやかに
指を開放してみて~

『バスケでドリブルする手、こんなに力入れっぱなしと違うよなぁ。
ボールを押し出す瞬間の力のこめ具合、こんな感じで(ドリブルの手つきを見せて☆)がミソやんなっ』
こども達はけっこう納得する。

スケールやツェルニーを弾き終わったあとに、「はぁ~~」と肩を落とした大人のピアノのみなさんには
『はぁ~~、と吐いて落ちた今の肩!ええ感じですっ
              その肩のままで鍵盤においてみてくださ~い』
『そこから、好きな人をなでるよーに鍵盤を押して・・・』

「そんな人、いてませんけど(笑)」と生徒さんに返されるけれど

なんて、私の貧弱なボキャブラリーの中から、皆うまくイメージをつかんでくれたようだ
うん、いい感じで体のフォームも、力加減もよくなってきた

ちょっとした別の体験が、意外とうまくイメージできると使える

DSC_0058.jpg

どうしてもうまく脱力できていない部分の練習が長くなると、
つい休憩にはいってしまう私

久々に銀色夏生の本を手にとり、しばし違う世界に
脱力しまくって酔いしれるフェリーチェであったのだ・・


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
関連記事
Posted byフェリーチェ

Comments 4

There are no comments yet.
フェリーチェ  
No title

☆さっちっち先生

そうそう、テニスの話もしますよ~♪
ラケットにボールが当たる瞬間に力を込める話しとか、
スポーツをたとえにすることは、よく使ってます(*^^)v

実際、スポーツしていても脱力のことを意識してすると
だいぶ上手くいくので(*^_^*)。
私は、ピアノより運動が得意なので・・・(^^ゞ

2011/10/25 (Tue) 20:51 | EDIT | REPLY |   
さっちっち  
いいね!

『蹴伸び』と『ドリブル』いいね~e-77
私も使わせてもらいますe-343
どう説明すれば・・・と困ってしまう時がありますe-443
でも、私自身長年、脱力がわからず、あるとき、ふと、気が付いたのです。
テニスの打つ感覚が全くつかめず、あるときふと、コツがわかったのと同じようにe-77(単なる運動音痴e-3
またいい方法教えてくださいねe-343

2011/10/25 (Tue) 00:55 | EDIT | REPLY |   
フェリーチェ  
よかった♪

☆emiさん☆

ちょっとしたイメージが伝わってよかったです(*^_^*)。

2011/10/23 (Sun) 16:59 | EDIT | REPLY |   
emi  
すごい!

わかりやす~い!
説明をきいた読んだだけで、そうかぁと思わされましたe-267

2011/10/23 (Sun) 10:13 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply