FC2ブログ

アラフォーのリハビリ本番

フェリーチェ

先週末はあちこちと動き回った。 

芸音時代の友人のピアノリサイタルに少しの時間だけでも、と駆けつけ、
その後、大阪を縦に切るように梅田・茶屋町へ高校卒業20周年記念同窓会と向かった。

キラキラと輝いて大舞台に立つ友人に聴きほれ、
青春を共に謳歌した仲間たちが、さまざまな分野で活躍している姿を目の当たりにし、
私もがんばろっ!!と、とてつもないエネルギーをもらった週末だった。

DSC_0157.jpg DSC_0162.jpg DSC_0161.jpg
 先輩方リハーサル中♪ 

翌日、大学の7年先輩たちのグループに入れていただき、
10分間の出番をもらったサロンコンサートに。
ピアノだけではなく、歌、バイオリン、フルート、トロンボーンと多彩なプログラム。

こども達が小学生になり、自分も弾く機会をつくろうと、
今年はいくつかチャレンジしてきた。
アラフォーの “リハビリ” だ。


学生時代は、ピアノさえ弾いていれば難なくすぐに暗譜で弾け、
本番もさして困ることはなかった。

でも、あれから15年以上・・
格段に暗譜のスピードが落ちているにもかかわらず、準備期間が若い頃とあまり
変わらないものが いけなかった・・・。

緊張・・・
そういうのもおこがましい。

弾き込みの時間も不足していたのは、もちろん母となっての時間配分によることもあるが、
どれもこれも言い訳になってしまう。

ひとたび一瞬ストップし、弾き直してしまう事態があった。

かなりショックだった。

リハーサル15分いただいていたので、ピアノやホールの特徴はわかっていた。

低音がかなり響きすぎること、高音が鳴り響きにくいこと。
まるでお風呂にはいっているような音の広がり。

それに対応できる余裕もあまり持てなかった。

恥ずかしかった。
悔しかった。
もっと思うように弾いていたかった。

でも、これがまた次の一歩だから、とすぐに思える自分もいた。

そんな自分に少々驚いてもいる。
あきらめ、努力も中途半端な学生時代を思えば。

聴きにきた長女は、本番を迎えるまでの母の思いや練習風景を知った上で、
本番の私から
 どんなに心折れそうになっても、最後まであきらめない
ということがわかった、と。

DSC_0165.jpg

はるばる奈良から大阪・池田市までかけつけてくれた
大人の生徒のYさん。

「来てよかった。先生の演奏、聴けてよかった。ほんとにありがとう」
うっすら涙の目でおっしゃってくれたが、私が泣きそうだった。

たった1人でも心に残ってくれたら・・・

その願いだけは叶えられた、私のリハビリ本番だった

DSC_0170.jpg
 こども達の手作り花束。ありがとう。母はあきらめずにがんばります☆

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
 お立ち寄りありがとうございます!(^^)! 小さなピアノ教室の励みになっています♪
関連記事
Posted byフェリーチェ

Comments 6

There are no comments yet.
たかみわ  
こんばんは。

フェリーチェ先生、本番終わられたのですね。
お疲れさまでしたv-22
たかみわも、23日に無事発表会が終了しました。
主婦が子育て、家事、仕事をしながらの合間をぬって
練習した成果を出すには時間が昔よりも確かに
かかってしまうとたかみわも痛感しています。
本番の緊張感は、昔と変わらずですしね。
フェリーチェ先生のお気持ちはずご~くよくわかります。。
たかみわも本番の演奏は、もう一度弾きなおしたいなと
思うところがありましたが、
無事に弾き終えればそれが集大成だったのかなと思っています。
グランドピアノに花束がよく映えてきれいですねv-254

フェリーチェ先生、ほんとうにお疲れさまでしたv-238

2011/11/30 (Wed) 17:55 | EDIT | REPLY |   
ぴゆりん  
お疲れ様でした

本番お疲れ様でした。
色々と分析され、すぐ先を見ていらっしゃる感じがしました。
お子さんにもお母さんの頑張った姿を通して、
沢山大切なことを伝えられたのでは、と思います。
実は私もやっぱり頑張ろうという意欲を与えていただいた感じがしています。
同じ曲なのに、ある時をピークに本番でうまくいかなくなって、
今年の本番の最後は復活ならず撃沈。
やり続けなくてもいいかなーなんて次への意欲が激減していました。
気持ちを入れ替えて頑張ります!

2011/11/30 (Wed) 22:24 | EDIT | REPLY |   
felicepiano  
たかみわ先生へ

たかみわ先生、早速コメントをありがとうございます!
先生の発表会、無事終えられたこと、サッと目を通しただけで
まだゆっくり拝見できていませんので、後日じっくり読ませていただきますね♪

たかみわ先生の講師演奏、素敵なドレスとヘアセットv-353
華麗に演奏されていましたねv-345
主婦業、仕事、子育て・・・そして自分のピアノ。
いろんなバランスを上手に配分していらっしゃることでしょう。
私も、もう一度、自分の生活スタイルを見直してみようと思っています。
好きなピアノを弾き続けられるようにv-360
また、たかみわ先生のキラキラしたHappy Lifeを楽しみにしていますv-363

2011/12/01 (Thu) 00:05 | EDIT | REPLY |   
felicepiano  
ぴゆりん先生へ

ぴゆりん先生、コメントありがとうございます!

ひどく心が疲れた・・・(^^ゞ本番となってしまいましたが、
今ある自分の状況をしっかりと把握できたこと、
我が子に失敗も含めて、前を向いて次へ進む姿を見てもらえたこと、
いろんな意味で収穫があったものとなりました。

ぴゆりん先生の次への意欲をかきたてることができたのなら、
このやるせない本番・・も捨てたものではなかったのですね。
伝える、ということは、とてつもなく素晴らしい演奏だけの特権でなく、
想いをこめて弾いた演奏なら、誰かの心に何かしらは届くのかもしれないのですね。

また次へ向かう。

この気持ちだけは忘れないで、ピアノを弾き続けたいです。

また心がしおれてきてしまったら、ぴゆりん先生を思い出します!(^^)!

2011/12/01 (Thu) 00:16 | EDIT | REPLY |   
ほごち  
お疲れ様でした♪

フェリーチェさん、こんばんは(*^^*)♪

読んでいて、なんだか本当に自分のことのようで・・・。

私も若いころは暗譜に困ったことなどなく、
「弾けるようになったら暗譜も出来ていた」という状態でしたし、

練習やレッスンで弾けていれば、
本番でミスすることなど、まずありませんでしたが・・・

一度、ブランクを作ってから、異様に緊張するようになってしまい、
「え・・??」と思うところで、ミスはする暗譜は飛ぶ・・・
何かしら続けようと「私はどこへ行くつもり~?^^;)」みたいな感じで、
勝手に作曲してしまう始末・・。

一度そうなってからは、十分な練習をしたときでも、
手が震えたり、ミスを連発したり・・ということが毎回のように起こるので、
悔しいやら情けないやらで・・・(><)。

でも・・・
だからって諦めたり、もう舞台に出ない・・・という事の方がやはり悔しいので、
身体も頭も、過去の失敗を記憶してしまっているけれど、
それに打ち勝って、また舞台で自分の納得いく演奏がしたくて、
舞台には出続けよう・・・!と思っています(*^^*)♪

私も頑張らなければ~i-203
すっごく!やる気をもらえましたv-353
ありがとうございます(*^^*)♪

疲れた・・・などと言わずにi-229
これから練習頑張りますv-341

2011/12/03 (Sat) 20:25 | EDIT | REPLY |   
felicepiano  
ほごちさんへ

ほごちさん、こんばんは(^O^)/

コメントありがとうございます☆
ほごちさんの練習量に比べたら、まだまだ甘かったのです・・

ほごちさんにも、悔しいやら情けないやらで・・・
ということがあるのですね。少し心が落ち着きました。

その悔しい気持ちで終わってしまうか、それでも前に進むか。
どちらがいいか、と問われれば私たちは後者をとったわけですね(^^ゞ。
ほごちさんと同じなどと言うのはおこがましいですが、
これからも、一緒に前を見て、ピアノに日々向かっていきましょ~♪
結局はピアノが好きなんですよね。

まとまった時間がとれないのですが、
すきま時間、がんばって活用します!(^^)!

ほごちさん、私こそありがとうございました☆

2011/12/05 (Mon) 22:40 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply