FC2ブログ

子育て期間は「幸せな充電期間」

フェリーチェ

今日は小学校の運動会。
何とかお天気ももちました・・・
最後の方は雨、パラパラときましたが

長女にとっては小学校最後の運動会。
入場行進で、校旗をもつ大きく背が伸びた姿に改めて驚き、
放送席から下級生の様子を見ながらアナウンスする様子に、
あれは我が子??と不思議な気分になり・・・。

DSC_5006.jpg

自宅でピアノを教え始めてすぐに妊娠。
こどもの生徒さん2人、大人1人。

奈良にきてまだ間もなく、知り合いもおらず・・・
まだ勤めていた音楽教室は大阪所属だったので、
教えに行く先はすべて大阪。
母はフルタイムで勤務。

迷いに迷って、音楽教室は出産直前に退職。
自宅レッスンの大きな生徒募集は一度きり。
ピティナで紹介していただく大人の生徒さんや、
大学生など大人だけを受け入れてきました。
小学生も1人だけ。

やはり、幼児の生徒さん、初めてのレッスンは
とっても大事な時期でパワーがひときわ必要。

夫は帰りも遅く、赤ちゃんを抱えて、生徒さんのことを
精一杯見てあげられないのは我慢できず、
結局、こどもピアノコースの募集は約9年おあずけでした。

悩みました。
この子がいるから何もできないの?
いつか動けるようになったときの充電の時?
でも、そんな時間を待っていたら・・無駄ではないの?

ほんとにいっぱいいっぱい悩みました。

でも、次に生まれた二女もともに、
三人でいつも公園へ行ったり、
雨が降れば家のなかでピクニックごっこ、
誘われた育児サークルにも通ったし、
子連れでお母さんだけのゴスペルにも参加したり・・
色々しました。
もう、悔いのないほど、めいいっぱいこども達と触れあったかなぁ。

そして今。

私をおんぶしてみたい、と言って先日おぶってくれた長女。
「ママ、軽い・・・細すぎや」
そうつぶやく彼女は、もう今では私よりしっかり者。

忘れん坊で、あわてん坊・・・
そそっかしい私を「面白いなぁ~」と笑う彼女に、
もう小さい頃の頼りなささはなく、
私の仕事、ピアノへの想いを少しわかってくれるように。

月日はあっという間です。

年子のような2人を育てているあの何年か・・・
泣きたくても泣く時間もないような日々。
「あっというまだよ」と言われてもそれがいつまで続くの?
と問い続けた夜。

今日は、色々思い出しました。

そして、大きく育ってくれてありがとう。
早生まれだというのに、とびっきり大きい体で挑む組体操のとき、
母として少し成長したのかなぁ・・と思わず感慨にふけってしまいました。

ピアノ講師の世界で今、輝いた存在となっている
藤拓弘先生の著書「レッスン力をあげる55の言葉」

“子育て期間は「幸せな充電期間」”とあります。

この長い年月を経て、その言葉、とても納得でき
受け入れることができるようになりました。

DSC_4996.jpg

もし、幼いお子さんをお持ちで悩まれているピアノの先生、
そして、ピアノの先生ではなくとも全てのお母さんたちにお伝えしたいです。

子育ての時間は、本当にかけがえのない時間、
 あわてないで、安心して、
と。

DSC_5000.jpg
 生徒さんがでていたかな、小さくてかわいい♪


読んでくださって、ありがとうございました。



小さなピアノ教室フェリーチェもランキングに参加(^^)。
応援のポチッ♪をよろしくお願いいたします☆

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
関連記事
Posted byフェリーチェ

Comments 2

There are no comments yet.
pianoschoolsans(なかつかさきこ)  
泣けました

ほんとにそうですね。

私は長らく2人目不妊でくすぶっていたこともあり、こういう考えをすることができなかった時期もあります。

特に最初の子、っていうのは、親も初の経験が多いこともあり、不安が先にたってしまうと本当に、トンネルの先が見えない・・・っていう不安があるのは、多くのお母さんたちに言えると思います。

ただ、うちの場合は長女と次女の年齢が離れていますから、次女の手が離れる頃の自分の年齢を想像すると、無理やりにでも今しかない!という勢いで教室を始めることにしました。そのあたりのことは私のブログでも少し触れていますが・・・。(もっとも、長女のときモヤモヤした経験があったからこそ出来た部分は大きいですが)充電期間中に自分の5年後のことを考えられる人はなかなかいないと思いますが、それでも先を見ることができれば、と思います。

2012/10/02 (Tue) 13:35 | EDIT | REPLY |   
フェリーチェ  
ありがとうございます

v-22さきこ先生

コメントありがとうございます。
身内に不妊ということもありました。私自身にも、こども達にも影響のある時期も
ありましたが、今は良好な関係でいられることに感謝しています。

先が見えないことの不安。
そして、さきこ先生のように歳が離れている場合の悩み。
いろんなことが女性の心には渦巻きますよね・・・

今しかない!と動かれたこと、素敵だと思います!
離れているからこそ良いこともある、そんなことも
さきこ先生ならでは理解できることでしょう。

私も完全に子育てが終わったわけではないので、
まだまだ不安はありますが、さきこ先生のおっしゃるように
少しでも自分の1年後、3年後、5年後・・・どうありたいか、どうしたいか、
をイメージしながら行動出来たらよいなぁと思います。

2012/10/02 (Tue) 19:49 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply