FC2ブログ

藤拓弘先生セミナー『レッスン力を上げる55の言葉』に参加して

フェリーチェ

奈良・大和高田市のピアノ教室、felice (フェリーチェ)です。

1週間半前、大阪中央公会堂にて行われた
リーラムジカピアノ教室コンサルティング代表・藤拓弘先生のセミナー
本日(火曜)も大阪・千里にいらっしゃるということで参加してきました

前回は著書「ピアノ講師の仕事術」をテーマに。
今回は4冊目の著書となる「レッスン力を上げる55の言葉」をもとに、
藤先生のセミナー名物?!の1分間、もしくは2分間ワークを行い、
お隣の先生たちとその自分のワークの結果をシェアするという、
ちょっとしたスリリングな時間も堪能

レッスン力を上げる55の言葉 ~あなたのピアノ教室が変わる~レッスン力を上げる55の言葉 ~あなたのピアノ教室が変わる~
(2012/08/31)
藤 拓弘

商品詳細を見る

セミナーの目的として挙げられたことは
前回と同じように著書に沿って。

今回は【教室とレッスンを変える7つの「力」を学ぶ】
 ①教える力
 ②集める力
 ③運営する力
 ④つながる力
 ⑤学ぶ力
 ⑥両立する力
 ⑦夢をかなえる力

一つ一つの項目については本を読めば
自分の心にはいってくる言葉がたくさんありますよ~
子育て期に読んでいたら私にとっては泣けるフレーズ
 子育て期間は「幸せな充電期間」もあります。

それでも、前回と日が近いセミナーにまた足を運びたかった理由は、

●恒例の【ワーク】をし、初対面の先生とそれを「シェア」することで
 スリリングな感覚を味わえるとともに、頭のスイッチが全開になって
 整理されることが多いため
●シェアする先生をはじめ、また新しい出会いがあると思えたため

その【ワーク】をいくつか紹介すると、
 1分間でお隣の人に自己紹介
   どれだけ自分を印象づけられるか。
   前回より手短に言えたかなぁ~。でもこれももっと練習しておくと
   相手にもっと印象に残ってもらえるのでよいです
 
 2分間で、教室運営におけるミッションを作ってみる
   これはじっくり考えたいものですが、
   藤先生がくださったヒント
  「ピアノ教育を通して、こども達にどうなってほしいですか?」
  「どんなときに最もやりがいを感じますか?」
  「この仕事でどんな社会貢献を果たしたいですか?」
   によって、ぐんぐん書くことができました。
  
 10年後の自分をイメージする 
  これ、私大好きな質問なんです、実は
  好き勝手に色々想像できちゃうので
  ヒントは、「2023年、あなたはどんな表情で誰と何をしていますか?」
  「誰と」という部分で、私はちょっとした葛藤がありましたけどね(苦笑)。

ただワークをして自分の中で終わってしまうのではなく、
その場にいる、隣り合わせた「はじめまして」の先生とシェアすることで、
改めて考えなおしたい部分がうっすらと、そしてはっきりと見えてくる。

そんな瞬間がたまらなく好きになり(笑)、
何度でも味わいたくなるセミナーです

【今日からできる!アクションプラン】の7つ、も
明日からの私のモチベーションアップを手助けしてくれそうです
特に「新米だった頃を思い出してみる」
ここになぜだか引っ張られています

IMG_20130205_172706.jpg

そして最大の参加理由である
●藤先生が主催する「ピアノ講師ラボ」のオフ会が行われるため

これはドキドキワクワクでしたね~小学生みたいに(笑)。

全国の会員の先生方とインターネットを介して交流を持つことができますが、
やはり実際にお会いしてお話できる機会であるオフ会は
とても有意義な時間でした

「悩みも成功もシェアできる空間でしたね」と、ある先生が。
まさしくそんな空間と時間でした。
孤独になりがちな仕事をもつ私たちが、こうしてつながりを持ち、
モチベーションをあげ、教室がさらに活性化することは
教室の生徒皆さんのためにもなるので、感謝の一日


参加したいと思う3つの理由を肩にさげていきましたが、
とにかく感じることは、
自分の足を運んで得たものはとても大きなものであること、
目には見えないけれども、とてつもなく素晴らしい宝物であること


そして、目に見える形で「書く」ということが
とてもとても大事であること


さぁて、前回の「やりたいことリスト100」も書いたので叶うかな~

あ。。。もちろん、具体的に計画、行動しなくては、ですけどね


小さなピアノ教室フェリーチェの学び・気づきの場です。
素敵な先生方のブログがたくさん見られます☆
応援していただけると嬉しいです

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
関連記事
Posted byフェリーチェ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply