FC2ブログ

音譜の長さ、目で見てみよう(8分の6拍子編)

フェリーチェ

奈良・大和高田市のピアノ教室、felice (フェリーチェ)です。

新学期が始まって3週間ほど。
新しい環境に慣れた、まだどうしても馴染めない・・・
親も子も様々な気持ちにあふれる季節。

こどもさんが不安なとき、様子がイマヒトツ・・・
そんな時、お母さん&お父さんは
どうかご自身のお心をスクッと立てていてください。

我が子となると親も不安に揺れる想い。
同じ親として、胸がチクッとするほどわかります。
でも、
お母さん&お父さんの笑顔がこどもをきっと前に進ませる
大きな力になること、それも確かなので。

教室に通う生徒さんにも、そう思いながらお待ちしています。
時には毅然として言葉を放つこともあります。
その中に、あなたを見ているよ、待つよ、という気持ちを込めて。

さて、前置きが長くなりました

今日は、バスティン・ピアノパーティーB
を使う生徒さんとのレッスンより。
8分の6拍子編。

DSC_5592.jpg

音譜の長さ、そう両手になったときに、左手はどこまでのばすの??

そんな時に、フェリーチェの(大雑把な手作り教具が出現。
「リズムボード」

もちろん、初めには8分の6拍子の、バスティン流リズム読みを手拍子で。
 「3の8、3の8」「ふ~てんしぶ、ふ~てんしぶ」「し~ぶ、8、し~ぶ8!」
意外とこども達、喜んでノリノリです。

DSC_5588.jpg

教材の中で色々な形の8分の6拍子を味わって、
そこで手作り教具・・・マグネットの8分音符を6つはりつけたり。
DSC_5590.jpg

書くときはね~、3人手をつなぐんだ~
ブランコ3人のり☆
DSC_5591.jpg

いつもの4拍子、行進リズムの「ふ~てんにぶおんぷ」さん(⇒付点2分音符)おいてみるよ~
DSC_5593.jpg
おぉ~~~、6人分だねぇ~

ごめんよ~~、音符の玉の大きさの違いは、めぐ先生が悪いんだぁ(汗)
でもさ、6人分だから、ブランコの人たち、ちょっと変身してもさ、入るよね~
はじめの「これはね~~て・・」の右手、はってみて~
DSC_5594.jpg
はいったね~。左手、だから右手が終わるまで音がのびてるよ~

おっ、このテキストの形、これはどう?
うん、やっぱり6人分だからはいるねぇ。
DSC_5595.jpg
だから、右手が「し~ぶ8、ふ~てんしぶ」って終わるまで左手は鍵盤に乗せておくよ~

ありゃりゃ~~これはどうだろう
右手のリズム、おいてみて~
DSC_5596.jpg

う~~~ん、左手は「ふ~てんしぶ」(付点4分音符)だから3人分。
右手が終わるまでは足りないねぇ。
どうする??
そうそう、右手の「ふ~てんしぶ」の「ふ~」が来たら、左手は終わるよ
DSC_5597.jpg

と、私のかな~り大雑把な教具でも、マグネットを置いたりしながら
Rくん、Sちゃん、納得のお顔
安心して弾いてくれました。

1度納得したら、しばらくは大丈夫

でもね、また確認もしてます。
忘れるのは大人もこどもも一緒だからね(笑)。

最後までお付き合いくださり、ありがとうございました☆


小さなピアノ教室フェリーチェの学び・気づきの場です。
素敵な先生方のブログがたくさん見られます☆
ポチッと押して応援くださると、とっても嬉しいです♪

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

ただいまの募集は火曜日、木曜日、金曜日の若干名となっております
(2013年4月現在)


関連記事
Posted byフェリーチェ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply