FC2ブログ

指先には『靴』がやっぱり人気&効果あり

フェリーチェ

奈良・大和高田市のピアノ教室、felice (フェリーチェ)です。

毎日、指を使っているけれど、ピアノを弾く「指の形」って
意外と使いませんもんねぇ。

フェリーチェでも指先の柔らか~~~い人、たくさんいますよね。
第一関節が反り返って、「指先とめる」がしっくりこず苦戦する人、
こどもピアノも大人ピアノも同じです。

逆に、なんだか裏やましいほどの柔らかさの美しい手だ~
なんて思ったり。

あ・・・いえいえ( ̄▽ ̄)、
ピアノ演奏は、これでは音もスピードもコントロールできませんので
お薬だしてより良くしていかなければなりません。

昨年10月の記事でアップした
『指が立たなければ「靴」をはいてみよう』
「靴」
 (確かとっても反響いただいて、注目記事No.1をお初でいただいたような・・・

第一関節の反り返りを、自分の意志で立てるぞ
こども達の気持ちをあげてくれるアイテムとして、
やっぱり今も人気で、その場で効果ありで活躍中

DSC_5020.jpg

この「靴」は、第一関節を固定してしまうことなく自由に動かせます。

・・ということは、「靴」をはいても第一関節が反り返る瞬間もあります。
でも、それを自分の目でみて「あっ、ちがう!!」と自分で確認し、
「いい立ち方」⇒「いい指先の形」にできるというメリットも大きいのです

反り返ると、
「あ~~~、また裸足になってるよ~その足っ(=指)」
と声掛けすると、ピッ!!と指先が立ち上がる、立ち上がる

もちろん、次週来た時に忘れずにその形で練習してくる子、
忘れてしまう子・・・色々です。

だから、何度でもピアノ教室へ来て「指靴」をはいてみる。
思い出す
指が立つ

その繰り返しを講師があきらめずに、楽しんでしまえるか
伝え続けられるか。

そこが大事なのかもですね~

ちょっとやる気ないバージョンの手。
もちろん、これはYちゃんが「やる気」が出てからの
撮影のための「やる気なし演出の手」(笑)。
DSCF5401.jpg

高学年になっても、実は『靴』を履いてみたい 
履くと嬉しい・・・らしい
DSCF5399.jpg

「自分」で「立たせてみたくなる」ようです。
かっこいい「足」にするために
DSCF5402.jpg

今日もまた楽しいレッスンになりそうです
最後までお読みくださり、ありがとうございました!


小さなピアノ教室フェリーチェの学び・気づきの場です。
素敵な先生方のブログがたくさん見られます☆
ポチッと押して応援くださると、とっても嬉しいです♪

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

ただいまの募集は木曜日、金曜日の若干名となっております
(2013年7月現在)


関連記事
Posted byフェリーチェ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply