FC2ブログ

『ピアノ講師ラボ』キャンペーンのお知らせ

フェリーチェ

奈良・大和高田市のピアノ教室、felice (フェリーチェ)です。

毎月届くもの。密かに楽しみにしているもの

こどもの通信教育ではなく、通販カタログでもなく・・・
「ピアノ講師ラボ」

今回はそのラボのキャンペーンがあるようです
これは生徒さんにではなく、ピアノの先生方へのお知らせです

photo.jpg
創刊号から持っていることが、何か嬉しい♪

よりよいピアノレッスン、ピアノ教室経営を目指すためのヒントを
CDによる音声と文字によるニュースレターで
毎月送っていただきます。

でも、音声教材、人によっては納得がいかないかもしれませんよね。
そこへ、その音声の「無料視聴」ができるとのお知らせが

これで試してみてみるのもよいと思います。


先日のブログ記事
 『「いってらっしゃい!」母の仕事場は5メートル先』 の中で登場した
そのニュースレターは、昨年4月創刊号からこの7月で16号。
その16号の「MEMBER'S ROOM」コーナーに、
ピアノ教室フェリーチェを取り上げていただきました。

ピアノ講師ラボ・月5000円。

正直、CD教材とニュースレターを始めて手にしたとき、
「これだけやと高いなぁ~」
と、つぶやいたのは関西人だからでしょうか(笑)。

会員限定の9つの特典のうち、
藤先生のセミナーシリーズの会員割引。
う~ん、なかなか東京へは行けないし、関西圏に住む者としてどう?

その点は半年ほど悩みましたけど
会員限定のFacebookグループへの参加権によって、
まだまだ人数が少なかった1年前、何気なく登録したのですが・・・
今では仕事もプライベートも尊敬する仲間ができました。
 
大阪でオフ会があった際には、実際にお会いできた先生方。
その後、ラボがご縁でいろんな場面でご一緒できる先生方。

ご縁というものは広がるものですね。
その「縁」を大切にしたい私にとっては、
本当にかけがえのない機会をいただきました。

5000円も・・・が5000円だけで♪♪ と感じられるのは、
お金に代えられないご縁があったからです。

もちろん、CD教材にも教室運営について助けられることも。
私自身はまだ手つかずの所が多々ありますが・・・
プロフィールの書き方、ブログの綴り方etc.そんな基本的なことから
集客&経営のコツなど、現場の生の声もつながって聞こえてくるところが
東京在住ではない者にもメリットが。

CD教材には、東京でのセミナーシリーズで迎えられた
著名な先生方も登場し、それぞれの熱いお声も、
藤先生のビジネス&ピアノ教室運営のノウハウ、想いも
たくさんつまったものが家に届きます。

交通費や時間なども含めて考えると、
何度も聞き返すことのできるCD教材は
今、1年以上が過ぎるとなおさらありがたく感じています。

お試しされてよいなぁと思われた方が、
お仲間となること、楽しみですっ



以下、藤拓弘先生の文章を転載させていただきました。



★新刊「ピアノ教室が変わる」出版記念★
「ピアノ講師ラボ 無料試聴キャンペーン」
http://pianolabo.com/lp/1308/

昨年4月にスタートした「ピアノ講師ラボ」、おかげさまで
全国のピアノの先生にご活用いただいています。

この度、8月末の新刊「ピアノ教室が変わる」の出版を記念して、
「ピアノ講師ラボ 無料試聴キャンペーン」を実施いたします。

2013年8月6日(火)までに「無料試聴」にお申込みの先生に、
ご希望の過去CD教材(1点限り)をご自宅に送付。


じっくりお聴きいただき、8月20日までにご入会された先生は、
試聴CD教材をそのままプレゼント!さらに、入会金5,000円も無料!
まさにスペシャルなキャンペーンです。


この機会をお見逃しなくご活用ください。

★無料試聴キャンペーン専用サイト
http://pianolabo.com/lp/1308/



photo (2)

藤先生はご自分のセミナーに来られた先生方の連絡先がお分かりになれば、
必ずお葉書でお礼を出される、とってもマメなお方。
人数もとんでもなく多いときでも・・・
これはいつも本当に尊敬と感謝するばかりです。

そんな先生から、先日お誕生日カードが!

忘れたい誕生日でもありましたが
いくつになっても嬉しいものですね。
また1つ歳が増え・・、心新たにピアノ講師として成長していきたい
と思わせられました。

・・・藤先生、さすがですっ(笑)。

小さなピアノ教室フェリーチェの学び・気づきの場です。
素敵な先生方のブログがたくさん見られます☆
ポチッと押して応援くださると、とっても嬉しいです♪

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

ただいまの募集は木曜日、金曜日の若干名となっております
(2013年7月現在)


関連記事
Posted byフェリーチェ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply