FC2ブログ

私も生徒。発表会を終えて

フェリーチェ

奈良・大和高田市のピアノ教室、felice (フェリーチェ)です。

先日、フェリーチェの生徒が2名、ピアノフェスタに参加
舞台裏で緊張する生徒や、他のお子さんを見て他人事ではなかった私。

そう、私もクラシックピアノを習う一生徒。
なので発表会があります・・・舞台裏ももちろん体験します。
週末はその発表会から始まりました。
優秀なちびっこさん&若者達に混ざりこんで
アラフォーもがんばってきましたっ(笑)。

ベートーヴェン・ソナタ8番ハ短調「悲愴」。

IMG_0070.jpg

完璧。。。とは遠いのですが、
いつもほど舞台裏での心臓の高鳴りがすることもなく、
落ち着いて弾くことができました

あ、もちろん・・・
八ッと違うことを考えてしまった瞬間、
音をはずして乱れた3楽章もありましたけどね

自分の打鍵する音の響きをよく聴くことができて、
あぁ、ピアノって素敵な場所で弾くとこんなに気持ちがいいんだ~
譜面は簡単で優しくゆったりした2楽章。
でも音のバランスが難しく緊張の場面も、
音を味わっていて・・・
この感覚、かなり久しぶりでした

何よりも収穫だったのは、感情のコントロールができたこと
それによって、脱力ができた状態で弾けたこと。

全てに、というわけにもいかなかったけれど、
今までの本番と心の動きが違ったこと、
その動きを見つめ、自分で切り替えることができたこと。

自分の中にストレス、マイナスイメージ、自己否定・・・を持たずに
かなりすっきりとシンプルな心の状態で舞台に上がれたこと。

客観的に自分をみる態勢が、コーチングセッションを受けてから
さらに研ぎ澄まされてきたようです。

IMG_0069.jpg

頭で考えてつくり出した自分の姿へのイメージ、思い込みは
色づけが濃くなりすぎて、
身体感覚に影響を及ぼし、脱力どころではなくなる。

わかっていても、なかなかはずせなかった思い込みを手放す感覚、
今日は体で感じることができた気がします。
また、これをフェリーチェの生徒さんたちに伝えるときに
大事な役割を果たしてくれるかな。

演奏技術そのものは、課題もあります。
見えた課題、フェリーチェの生徒さんと同じく、
私自身がどんな音楽を奏でたいのか、
そのために何が必要で、その日その日に何を練習するのか。
時間配分を考えてやらないとねっ

生きる時間は限られてるから。
課題もやりがいのある楽しみだから


帰り道に駅中カフェで自分へのプチご褒美をした
夏の暑い暑い1日、次への活力が生まれた日でした


最後までお読みくださり、ありがとうございました

小さなピアノ教室フェリーチェの学び・気づきの場です。
素敵な先生方のブログがたくさん見られます☆
ポチッと押して応援くださると、とっても嬉しいです♪

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

ただいまの募集は木曜日、金曜日の若干名となっております
(2013年7月現在)


関連記事
Posted byフェリーチェ

Comments 2

There are no comments yet.
voce piano school/ピアノ教室ボーチェ  
お疲れ様でした!

とても収穫の多いステージだったのが、伝わってきました。
きっと素敵な響きだったと思います!
私もベートーヴェン全楽章に取り組んでいますが、
まだとてもとても全楽章をステージに上げられない状況です。
私も頑張ろうと思いました。
本番お疲れ様でした!


2013/07/28 (Sun) 18:36 | EDIT | REPLY |   
フェリーチェ  
ありがとうございます!!

v-22ピアノ教室ボーチェ ぴゆりん先生

コメントありがとうございます!
ピアノはヤマハだったのですが、響きのあるホールに助けられ、
2楽章は本当に音を味わって弾くことができました。
その完成度はどれほどか・・・ですが、
舞台に立つときの必要以上の力みと、心の硬さが
解放された瞬間を感じられたことが
私自身の何よりもの収穫でした!
ぴゆりん先生の背中を追いかけている私にとっては、
これからもっと頑張らねば、です☆
それにしても、まなぶということ、
これほど楽しいものはないと思えるのは年をとった・・いえ
年を重ねたおかげでしょうか(*^▽^*)。

2013/07/31 (Wed) 00:35 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply