FC2ブログ

こども&大人ピアノ交流会『クリスマスコンサート』in Cafe vol.3

フェリーチェ

奈良・大和高田のピアノ教室フェリーチェです。

サロンホールでのピアノ発表会から1か月。
今まで習得したものを発表する場、“緊張感”をもつ場となったその日から、
また通常のレッスンが始まっていました。

そして今日(7日)はピアノ教室フェリーチェのクリスマスコンサート。
3回目を迎えました。
場所は毎回おなじみのJAZZ ギャラリー&カフェレストラン ドラムヤカタさん。
ご主人の写真が掛けられた素敵な雰囲気のカフェです。
発表会のリベンジをしたい人、発表会に出なかったのでコンサートで
チャレンジしたい人、クリスマスにちなんだ曲を新たに練習した人・・・
それぞれがコンサートに向かって来ました。

発表会とは違った楽しみ方をさせたい、という私の想いで、
このコンサートは“よそゆき”な雰囲気ではなく、
こどもピアノの生徒達、大人ピアノの生徒さん達が交流する機会の
ケーキタイムも入れた“カジュアル”なものです。

準備中
(生徒さん保護者様より提供いただきました)

各コーナーの合図の“ベル係”や、コンサート進行の司会はこども達
司会は小学校高学年で、本日は4人。

ベル隊

演奏後は司会の人から質問を受けて、ひと言はマイクで話す機会が。

IMG_1353.jpg

親子連弾もしていただいたり

親子連弾

もちろん、私も連弾でお手伝いしたり

生徒と連弾② 生徒と連弾 

またまた連弾で活躍の後藤ミカ先生のおもしろアレンジ ハノンより
『引っ越しの朝』(原曲ハノン3番)。
ピアノの弾ける保護者の方にとっては、
「あのハノンがあんなにもステキだなんて」と反応が大きいのが
これまた私には面白く、嬉しく・・・

ソロ 大人ピアノ

発表会の選曲よりカジュアルなものをOKとしているので、
ジャズアレンジの「アメイジング・グレイス」や「テイク・ファイブ」も。
ちょっぴり大人の気分を味わっていたようです。
大人ピアノの方も、お仕事などで出席が減った中、
来てくださった生徒さんは、こども達の心に残る素敵な演奏をしてくれました
憧れの曲を持ったこども達でした
 
お待ちかねのケーキタイムでは、ワイワイとお話。
ケーキタイム
 
カフェ内にて IMG_1412.jpg
 
保護者の方たちや小さなお子様も、
カウンターや、奥の座席でそれぞれゆったりと座っていただいて
穏やかな時間を過ごしていただきました。

ケーキ

だれの影響なのだか(笑)、こどもピアノの小学生たちは
とても積極的になっていて、ピアノ伴奏に立候補してはいろんな場面で活躍するように。
私も内心ヒヤッとすることもありますが、
「大丈夫!」「できるよ~」が口癖となっているせいか、
こども達もちゃんと努力の成果を発揮しています。

その中の一人が、学校の音楽朝会で伴奏をしたものを合唱。
もちろん、学区外のお友達は歌は知りませんが、一緒にその輪にはいります

歌

とっても恥ずかしがり屋さんのまだ幼い年中さんが、ケーキタイム中に
はりつめた緊張の糸が切れて泣いてしまったり。
自分が知らない歌を皆が歌う中で、きっと心が不安になったのでしょう、
涙があふれてきた年長さんがいたり。
ちょっとしたハプニングもありましたが、
私はそれもこれもひっくるめて楽しんでいました

こんな経験がまたそれぞれの成長を促すから。
私自身の体験から分かっているから。

このクリスマスコンサートの私の大きな想いは、
音楽をもっともっと身近に感じて楽しむこと。
完璧であろうとしなくていいんだよ

ということ。

音を間違ったっていいんだよ、一所懸命な演奏はわかるよ。
とにかく流れをとめないってこと、学べるよね。
突然、「これやってね~」と頼まれた役割も恐れずやってみよう。
できなくて恥ずかしかったり、悔しくなったりしてもいい。
それがまた、あなたの栄養になるから。

素敵な花を咲かせるために。
大きな大きな木になるために。

ピアノの演奏技術ももっと基本を徹底したい、
という想いはもちろんあります。
でも、
ピアノを通して、それぞれが優しく強く育ってほしい、
という想いは、もっともっと強いのです。
それは、相手がこどもであっても大人であっても。

何だか改めて私も気がつきました。

なぜピアノ講師をしているのか。

フェリーチェとしてイベントが終わるたびに、
立ち止まる機会をもらっているようです。

皆さん、ありがとう!
今日は楽しいコンサートでした

集合写真


私の気づきの場です。
素敵な先生方のブログがたくさん見られます☆
↓ポチッと押して応援くださると、とっても嬉しいです♪

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

ただいま、こどもピアノの募集は木曜日、金曜日の若干名となっております
(2013年12月現在)


自分らしい表現をすること、音楽をつくりあげる喜びをもつことのサポートを。
 世界を広げ、自己肯定感を育てることを笑顔いっぱいで応援!
      奈良・大和高田 ピアノ教室フェリーチェ

        felice②
関連記事
Posted byフェリーチェ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply