FC2ブログ

ぷちグループレッスン

フェリーチェ

笑顔で夢を応援するピアノ教室フェリーチェの砂川めぐみです。

4月に入り、こども達は新しい学年になることをとても意識し、
不安と期待に入り混じった時期になりました。

「次は何組かな~
「担任の先生は誰かな~

そんなワクワクする時間が遠く懐かしい私にとっては(笑)
とても羨ましいこの頃です。

photo2.jpg

今日は、幼稚園生、小学校低学年、高学年、中学生と
4つのグループに分け45分間のプチレッスンを行いました。

の取り組みです。

・普段のレッスンでは個人レッスンで行っていること
・夏と冬に行う「ミニおさらい会&お楽しみ会」では
全学年すべての集まりであること

ということで、
グループに分け、それぞれの年齢でできること、楽しめることを
レッスンしてみたいと考え、グループレッスンを開催することにしました。

現在のところ、参加費は無料(レッスン回数に含まず)、自由参加。
1人でも希望があれば開催。1人なら個人レッスンです

photo1 (1)

幼稚園生から中学生まで共通したことは
お手玉でウォーミングアップとハンドベルでドレミの歌。

まずは、お友達と慣れよう、仲良くなろうが
大きな目標にもなる幼稚園生。

いつもレッスンの初めに歌う「みぎて、ひだりての歌」を
一緒に手を合わせて歌い、
緒方ヤヨイ先生に教えていただいたわらべ歌で自己紹介を。

普段はなかなかお話できないAちゃんも、Uくんの明るく
楽しむ笑顔にひきこまれて、一緒に歌ってお名前が言えました

低学年のこども達は、顔見知りになっていることもあって賑やか。
お手だまウォーミングアップでは、お互いのタイミングを
見て、感じて動くことが幼稚園生よりもスムーズに。
キャッキャと笑う躍動感は、低学年ならではでした

昼からは高学年。
低学年よりもベルの習得は早く、最後の和音について考える姿は
やはり頼もしい限り。ピアノ以外の楽器がわかりにくい、というので、
楽器カードで名前や音を確認。
そしてⅠ、Ⅳ、Ⅴの和音の聴き取り。
4人お休みで2人でしたが、じっくり取り組めました。

中学生。こちらも2人。意外にもベルに苦戦(笑)。
高学年と同様、Ⅰ、Ⅳ、Ⅴ、そしてⅤ7の和音の聴き取り。
「聴音」という言葉は使いませんでしたが、
音あてクイズとして、4和音の音あて、3つの音の書き取り。
自分で聞き取ったり、書き取ったものを実際にピアノで弾いて確認。
弾いている音はあっているのに、書いているものが違ったり(笑)。

これから、お互いの情報交換の場になるとよいかな。
ピアノのことはもちろん、家でも、学校でもないもう1つの世界として、
生きる勇気、知恵、希望を持ってもらえると嬉しいです。

短い時間にギュッと行ったプチ・グループレッスンでしたが、
帰るときのみんなの笑顔がとても最高でした
私も、新学期に向けて元気いっぱいもらった時間

次回は夏休みの予定です


気づきの場です。
素敵な先生方のブログがたくさん見られます☆
 ポチッと押して応援くださると、とっても嬉しいです♪

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村


ピアノ教室フェリーチェでは
こども&大人の方にもピアノの魅力を知ってもらえるように、
ピアノを弾く楽しみたい!を叶えられるように、
自分の魅力を知り、生かせるように、
笑顔で応援・サポートいたします!

お問い合わせは
ブログメールフォーム、
またはsunflowerlovemusic●yahoo.co.jp
 (●を@に変えて)
までお気軽にどうぞ



関連記事
Posted byフェリーチェ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply