FC2ブログ

焦らずひとつずつクリア!

フェリーチェ

奈良・大和高田のピアノ教室フェリーチェです。

夏の朝、少し涼しい風が通るとき、
部屋に季節のものやお気に入りの物を置きたくて
物作りに没頭した頃がありました。
朝の時間が余裕のあった結婚間もない時。

今では、そんな落ち着いた朝の時間を過ごす日があまりなく、
周囲の友人たちに物作りのスペシャリストがたくさんいるので
もっぱら大好きな作家さんのものを購入するばかり。

写真 5

つくりあげる途中で、失敗があったり、仕上がりがうまくできず
ムキ~~~~ッと吠えてしまいそうなときもあるのが、
物作り中によくある私(笑)。

やり直すにしても、焦るとまた再びうまくいかないもので・・・
「もう、今日中にできなくったっていいや~」と
半ばあきらめ、焦らず、1つ1つの工程を楽しんでいると、
意外といいものがポロっとできます。

ピアノでもそう。

レッスンまでの日時が迫ってきたり、
本番ステージの日が迫ってくると、
ただただ弾くだけ、速いテンポのまま、
できていない部分も焦ってしまい、
ポンポンと部品を乗っけていくだけのような練習になることが。

それでは結局仕上がらず、いいものができない。

DSCF5640.jpg

フェリーチェに教室を変わってきたUちゃん。
当初はどこかとがっていて、
レッスン中のアドバイスを受け入れられなかった時期があって、
今ではそんなことも懐かしい。
いつも、やる気いっぱいで通ってくれています。

しっかり者のUちゃんでも、練習不足のときはもちろんあります。
でも、練習レッスンでのUちゃんはとても集中できます。

くじけない。できない、と拗ねない。
自分がどうしたら弾けるようになるのか、小さい体を使って
その場で一所懸命に反復することができる。
これは、Uちゃんの強み。

彼女の五感のアンテナは視覚と言語感覚、
コミュニケーションの傾向は、
客観的な視点で物事をとらえるのが得意で
少し変化や混乱に弱いところがある
アナライザータイプの傾向が強いように感じます。

だから、和音ごとに練習する、
それを視覚的に色をぬってわかりやすくする。
和音と和音のつながりにどんな共通点があるか、
丁寧に自分で探してもらう。
語呂合わせのように、その音の物語を2人でつくる。

1小節ごとに「クリア~~~!」
と喜びながら、楽しみながら30分間がんばれました。

反復練習できる強みがさらに輪をかけて、
練習レッスンの密度を高くできたのでしょう。

焦らず、ひとつひとつクリアにすること。
私もUちゃんから改めて学びました。

写真 3 (1)

目に見えるモノ作り、とは違って、音楽は目に見えず流れていってしまう。
だから何となく音が気持ちよいまま流れ作業になってしまいがち。

そこに、ムキ~~~!となる気持ちを少し横において、
夕日を見て心がフ~~~と軽くなる時を思い出し
みんなに、焦らず、ゆっくり音楽をつくりあげていってほしい。
自戒もこめながら思うレッスンでした。


気づきの場です。
素敵な先生方のブログがたくさん見られます☆
 ポチッと押して応援くださると、とっても嬉しいです♪

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村


ピアノ教室フェリーチェでは
こども&大人の方にもピアノの魅力を知ってもらえるように、
ピアノを弾く楽しみたい!を叶えられるように、
自分の魅力を知り、生かせるように、
笑顔で応援・サポートいたします!

お問い合わせは
ブログメールフォーム、
またはsunflowerlovemusic●yahoo.co.jp
 (●を@に変えて)
までお気軽にどうぞ


関連記事
Posted byフェリーチェ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply