FC2ブログ

音符とケンカしたときは

フェリーチェ

奈良・大和高田のピアノ教室フェリーチェです。

さて、長い長い人生には嫌になること、ケンカしてしまうこと、
必ずありますよね。
「だれのせいだろう?」
「あの人のなにがダメなんだろう?」
「どうして失敗ばかりするんだろう?」
「私の何がいけなかったんだろう?」

そんな言葉が心の中で広がってることがありませんか。
誰でもこんな時はあるし、人間なら当然のこと。
でも、その道の先にあるのは身動きできなくなる泥沼のような落とし穴、
と思えば、
どこかでその道を抜け出さなくては、と感じられるはず。

「私って、どんな思い込みしてるんだろう?」
「あの人のこと、ほかにはどう思えるかな?」
「あの人、本当は何を必要としてるんだろう?」
「今ここで、何ができるかな?」
こんな言葉でスイッチオン

自分の目の前で何が起きているのか、
何を望んでいるのか、
少~しだけ立ち止まってみて、色んな選択肢があることに気づくと
身体が軽くなるような、開放感を感じるはず。
やる気が出て、新しい発見をするための心を開いて
自分の思う成功ができることがあります。

写真 (1)

バスティンのピアノパーティーシリーズを使用し、
五線譜へ入っていくパーティーCへ違和感なく進んでいた生徒さんが、
生活環境の変化もあって、1年前に“ケンカ”をしました。

“音符さん”だけが嫌いではなかったことも分かっていました。
でも、“音符さん”のことを“難しい人”と思い込みました。
教室に来れない日もたくさんありました。

SH010646_20110113171134_20140710094358837.jpg

今、この子に何が起こっているのだろう。
今できることは何だろう。

そう思って、教材を進めることを大前提とはしませんでした。
手作り五線紙マットでドレミを足踏みして楽しんだり、
音名カードでゲームをしたり。

今年の春になって、音符を書くことに興味をもってくれました。
自分のノートに書く、自分だけの曲
記譜法は・・・気にせずに

手作り楽譜 (1)

一瞬、たじろいでしまうようなタイトルをつけても・・・
それも自分の気持ち。だからGOOD
手作り楽譜 (2)

「書くの、めんどくさいな~」と言うようになったとき、
パーティーCの楽譜を見る方が楽だと、
ふと気がついたようです。

音符への思い込み、少しずつ、ほんとに少しずつですが、
この生徒の中で外れていく様子が、
この頃とても嬉しいのです。

できないことをどのように解決していくかを考えることも
決して悪いわけではなく、必要なことでもあります。

ただ、私はレッスンの場ではできるだけ
「今この子にできることは何だろう」
「この子が求めていることは何だろう」
いろんな選択肢を思い描いてサポートしたいのです。

それは保護者の方の温かい応援があってこそ。
フェリーチェの保護者の方には本当に感謝感謝です。

音符とケンカしたときは、
少し回り道してドライブします。
でも行きたい先は見失わないように。

発表会に向けての曲も、私の手書き。
あまり綺麗じゃないですけどね(苦笑)。

でも、生徒が弾きたいと思う曲を口にしてくれたから、
“音符さん”と仲直りし始めているから、
私も一緒に進もう!

気づきの場です。
素敵な先生方のブログがたくさん見られます☆
 ポチッと押して応援くださると、とっても嬉しいです♪

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村


ピアノ教室フェリーチェでは
こども&大人の方にもピアノの魅力を知ってもらえるように、
ピアノを弾く楽しみたい!を叶えられるように、
自分の魅力を知り、生かせるように、
コーチングを取り入れた笑顔での応援・サポートをいたします!

お問い合わせは
ブログメールフォーム、
またはsunflowerlovemusic●yahoo.co.jp
 (●を@に変えて)
までお気軽にどうぞ

関連記事
Posted byフェリーチェ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply