FC2ブログ

オルガン弾きの日

フェリーチェ

昨日の日曜日は、実家の母が通うキリスト教・教会の礼拝日。
本年度から、母の代わりに年5回だけのオルガン奏者の奉仕をすることになりました。

祖母の代から通う教会。
私も小さい頃、母の礼拝が参列する間、敷地内にある幼稚園でよく待っていました。

父と母が結婚式を挙げたこの教会で、
結納の代わりに、“婚約式”をしたのはもう10年以上前・・・

思い出もたくさんつまった教会で、
日曜礼拝のオルガン奏者として、オルガンを目の前にすると
ピアノの演奏とは違った緊張感でいっぱいになります。

DSCF2759.jpg DSCF2762.jpg DSCF2760.jpg

パイプオルガンではなく、パックスアーレン社のアーレンオルガンです。

礼拝が始ってすぐに演奏される前奏曲。
母から借りた手持ちの楽譜から
Fメジャーで、三連符がつづく、少し軽やかな感じの曲を。
あとで、母に、「まぁ、あなたらしいけど・・・もう少しゆったりとしたのを弾いてみてね」
とご忠告

今度は2月なので、少し選曲に時間をとらなければ

あとは礼拝堂に集う信者さんたちが歌う讃美歌を。

これこそ、歌うこと、呼吸が大事。
勇んで上手に弾けるだけでもいけません。
それは合唱の伴奏にも言えることですが、
何が違うかというと、教会の奏楽には指揮者はいません。

あ、一応そばにいる聖歌隊の方には指揮者がいらっしゃるのですが、
アカペラのときにだけ指揮をされるので、
オルガンのある讃美歌では、奏楽者のテンポとなり重要なんです


自分もその讃美歌がしっかりと歌えること、

会堂に響く音が弾くタイミングとずれて聴こえる微妙な感じに臆することなく
自分のテンポを守れること、

ピアノの弾き方になると音が切れるので、
音のつながりを確実に求めること

簡単なようで、むずかしいです。
これも、与えられた機会なので、大事なこととして意識して練習していこうと思います。


バッハもこうして礼拝を守ってきたんだろうか・・・
300年以上前のことを、何気に想像している自分に、
幸せを感じた一日でした


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
他にもたくさんのピアノ教室が見られます♪
関連記事
Posted byフェリーチェ

Comments 7

There are no comments yet.
樹里  
奏者になりたかった

フェリーチェ先生のお話を読んで
とっても敬虔な信者になったような
気がしました~!( ̄人 ̄)

私の実家のそばにも大きな教会があって
当時、チャペル挙式がはやっていて
見学にいったことがあります。


やはり、大きなオルガンがありコンサートも
たまに開かれるそうですが、
「こんなところで演奏してみたいな」って
挙式のことはすっ飛んで、奏者になりたい夢を
追いかけていました(笑)

合唱の伴奏は、難しそうですね。

自分の演奏に必死で
「聞く余裕」私には、ないだろうなア~

練習は、ご自宅のピアノでされるのでしょうか?
やはり、ピアノとは勝手が違い
何より、教会独特の音の響きというか
時間差(?)にも
惑わされないような
(・・・変な言い回しでごめんなさいね
演奏力が要求されるのでしょうね。


す・ご・い・わ♪

2月。
まだだけど、すぐやってきそうですね。

わくわくします~
o(*▼▼*)o わくわく。。。。。



2010/11/15 (Mon) 22:53 | EDIT | REPLY |   
みかんぴあの  
うらやましいです~~

勇気を出して幼稚園のチェペルでオルガンを弾かせてください!って頼もうかなぁ・・(だめ元で)

2010/11/16 (Tue) 10:29 | EDIT | REPLY |   
フェリーチェ  
おはようございます!

v-22樹里先生

樹里先生、いつもお立ち寄りありがとうございます♪
そうそう、チャペル挙式は信者であるかないかによらず、
人気ですもんね!(^^)!

私は結局、母の教会では結婚式はしなかったのですが(^^ゞ、
チャペルが独立して建てられているところがいい☆と、
当時色々探しました♪

私も結婚式場のオルガ二ストになりたくて、
長女がまだ0歳の時にオーディションを受けたんですが、
2度目のオーディションをすっかり忘れてしまって・・・落ちました(^^ゞ。

でも、結婚式のオルガン奏楽は、
礼拝の奏楽であくせくしてる(笑)私には
つとまらないです~(+o+)。
ピアノのようなごまかしがきかない?!んで(^^ゞ。
 
練習は、一度だけ前日に教会で練習させてもらいました。
あとは、自宅のクラヴィノーバか、近くの楽器店で電子オルガンを借りたりしています☆

また2月に向けてがんばります(*^^)v


v-22みかんぴあの先生

みかんぴあの先生は、そこの幼稚園の先生だし、
思い切って頼んでみたら貸してもらえるかもですよ!(^^)!
先生なら、オルガンで弾いてみたいバッハの曲とか、準備OKでしょ?♪♪
レパートリーがたくさんありそう♪♪
幼稚園を辞めてしまう前に、ぜひぜひ頼んでみてください☆



2010/11/16 (Tue) 11:20 | EDIT | REPLY |   
クローバー  
ご無沙汰しています。

教会の礼拝、いいですね~

私は中学、高校、大学とキリスト教の学校に通っていて、
特に中高の時は毎朝礼拝をしてから授業でした。

歌の伴奏にオルガンもすごくいいですが、
私は前奏曲の時間が大好きでした^^

外から礼拝堂に入って、少し暗い中で、静かに前奏曲を聴いていると、キリスト教徒ではなかった私でもすごく心が落ち着いて気持ちよくなりました。

あんまり気持ちよくてその後の先生のありがたいお話はほとんど夢の中・・・^^;
聖歌隊の「アーメン」の曲で目覚めていました♪

写真のステンドグラスもすっごいきれい☆
あ~久しぶりに礼拝に出たくなってきた!!!
フェリーチェ先生のオルガン、聴いてみたいなぁ♪

2010/11/16 (Tue) 18:40 | EDIT | REPLY |   
フェリーチェ  
こんばんは~☆

v-22クローバー先生☆

コメントありがとうございます!(^^)!
先日はメールをいただいてたみたいで、
昨晩気がつきましたv-12。すみません(>_<)。
パソコンが調子悪いまま使ってて・・・(+o+)、
何度打っても、半角英数でしかお返事が書けなくて・・(>_<)。
またお返事書きますからね~♪

クローバー先生、中学からキリスト教の学校だったんですね)^o^(。
お嬢様じゃないですか☆☆
私はず~~っと公立の汗泥まみれの男子たちと一緒でした(笑)から、憧れます♪♪

そうそう、私も「アーメン」で目覚めました(^_^;)。
幼児洗礼を受けただけで、その後は時折、母の教会へ大阪に出るくらいなのです。
ほんと、オルガン奏楽をさせていただいてる、という気持ちなので、
もう眠ってはいられません(笑)。

ステンドグラス、何かいいですよね~♪
イタリアやパリの教会で見たときは、
感動しすぎてポ~~っと立ち続けてしまった思い出があります☆

クローバー先生のジャズの方が聴きたいですよ~!(^^)! 
何かジャズで歌えるようになったら、
クローバー先生にピアノ弾いてもらいたいです(*^^)v

って、いつになるやら・・・・(^^ゞ

2010/11/16 (Tue) 23:48 | EDIT | REPLY |   
コウ  
オルガニスト

 フェリーチェさん  こんばんは。

 昔は オルガニストになることは 最大の栄誉だと聞いたことがあります(*^―゚)bグッ!
フェリーチェさんは すごいです(*^―゚)bグッ!
 ゆったりと弾くのは 難しいですねf^_^;
オルガンのテンポが重要だということは 良く分かります(^_^)
 フェリーチェさんが 幸せを感じた一日を過ごせて良かったですね\(^_^)/

 ではまた♪

2010/11/17 (Wed) 22:48 | EDIT | REPLY |   
フェリーチェ  

v-22コウさん

お立ち寄りありがとうございます!(*^_^*)

バッハの時代には、とてもとても最高の栄誉だったと思います(^^ゞ。
私は、大阪の一教会の奏楽者なので・・・
でも、この機会をとても感謝しています♪♪

オルガンはピアノと違って、
特に音の長さに対しては絶対にいい加減にできないので、
とても勉強させてもらっています☆

felice(フェリーチェ)= happy ですから、
日々小さなことも幸せと感じて過ごしていこうと思いますv-353

2010/11/18 (Thu) 15:49 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply