FC2ブログ

ぼくの中の音楽

フェリーチェ

奈良・大和高田のピアノ教室フェリーチェです。

フェリーチェがこどもピアノの募集を再開して4年。
小さな仲間が増えているのですが、
大きくなってからピアノを習いたいというこども達も
何かと仲間になってくれています。

大きくなってから・・・
もちろん、それは成人を越えた「大人ピアノ」の生徒さん
にも当てはまる話なのですが、
ここでいう「大きくなってから」は、
小学校高学年から高校生。

独学であったり、全く初めてであったりもします。

その中には高校生のKくんも。
昨年から習いにきてくれています。
お母様の手ほどきでブルグミュラーに入るくらいで入会。
現在、ブルグミュラーは全曲弾ききろうという目標で
レッスンは進行中。

ですが、今年7月から10月まで海外へ。
もちろん、その間はレッスン休止。
ヨーロッパを回ってきたようです。
留学という範疇にはいるのか、詳しいことは聞いておりませんが、
とにかく親御さんの配慮で、長い旅をしてきたKくん。

なんと船上でピアノを弾く機会を得たとか。

多くを語らないし、私も聴きださない(笑)。
でもどうやら、クラシックを弾くというわけではなく、
バンドのセッションのような、即興的なものをピアノを弾いて
味わってきたようです。

お~なんとスリリングで、素晴らしい!

IMG_4266.jpg

そんなKくんと再びレッスンが始まりました。
独学でも弾ける状態です。

でも、なぜ習いにくるのか?
何を私から得たいのか?
私がKくんに提供できることは何か

そんな話を1時間レッスン枠の中で、少し時間を割いて
話合いました。

Kくんの中では、
船上で味わった、自分の自由に作り出す音楽、と
私から学ぶクラシック、作曲者のラブレターを読み解きながら
表現を考えつくりあげる音楽、は別ものだと。

これには賛否両論があるかとは思います。
が、私には正解、不正解はないです。

Kくんの中で、音楽に対して、
いろんなアンテナが張った状態で帰国したこと、
目指したい何かが見えてきたことが
とても伝わってきたレッスンでした。

ピアノという楽器をきっかけに、
音楽を楽しみ、
自分を大切におもう心を育て、
楽しく幸せを感じられる時間をもつことができるように。
そして、
自ら幸せを見つけられるように。

私が求めていた道を歩き出してくれているKくん。
胸が熱くなる思いでした。

私の中の音楽は・・・

また立ち止まって考えたいと思います。


気づきの場です。
素敵な先生方のブログがたくさん見られます☆
 ポチッと押して応援くださると、とっても嬉しいです♪

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村


ピアノ教室フェリーチェでは
こども&大人の方にもピアノの魅力を知ってもらえるように、
ピアノを弾く楽しみたい!を叶えられるように、
自分の魅力を知り、生かせるように、
コーチングを取り入れた笑顔での応援・サポートしています♪

お問い合わせは
ブログ・メールフォーム、
またはホームページ・問い合わせページ へ。




関連記事
Posted byフェリーチェ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply