FC2ブログ

バッハには電子ピアノ?

フェリーチェ

奈良・大和高田のピアノ教室フェリーチェです。

大人からの再開ピアノ。
皆それぞれの仕事や家庭環境が違う中、
大人ピアノのための「ピアノ*カフェの会」はもちろん、
発表会やクリスマスコンサートなどにも
積極的にご参加していただいています。

IMG_1474_201501291249569ce.jpg

お互いに披露したピアノ演奏について
ひとことメッセージを書いたカフェの会もありました。
それが、どんなにたどたどしい演奏であっても
今ここで共に集えた嬉しさは何にも代えがたいものです。

恥ずかしい気持ち。
でもそこから楽しみたい、成長したいと捉えなおす力や
自己肯定感も少しずつ強めていらっしゃるからでしょう。

そんな教室イベントでの喜びを糧にしてくださっている、
こどもの頃に習ったチェルニー30番をもう一度学び、
今はバッハインベンションを選択して、
ベートーヴェン・ソナタ「悲愴」第1楽章とともに
チャレンジしているUさん。

レガートではなく、ノン・レガート。
微妙な音の長さの違いは、ピアノでは意外と分かりにくいので、
電子ピアノで取り組んでみました。

パイプオルガンやチャーチオルガンと
いくつか種類が分かれているオルガンの音色から選んでいただき、
こちらでインベンションを演奏。

当然ですが、鍵盤から指が離れれば音はなくなります。
音がピアノのように減衰しない分、
音が「ある」「ない」がとてもよくわかります。

聴くだけではなく、
実際にオルガン奏者になったつもりで弾く。

鍵盤へのタッチの違いがあり、
すべてがOKではないのですが、
オルガン音色で感じた「音の長さ」の大切さは
確実に体感することができ、
ピアノに戻っても演奏しても、
ひとつひとつの打鍵に意思が込められるように。

バッハには電子ピアノも大活躍です

オルガン音色にしていると、結婚行進曲がなぜか弾きたくなる私。
もう一度結婚したいの、私?!(笑)



大人ピアノの皆さんには、こうしてピアノをお教えする楽しみ、
そして
私自身がレッスンを受けて学ぶ喜びを
さらにアップしてくださる存在の皆さん。
今年は5年目の方もいる中、改めて感謝しています。

「今からでも成長できるんだ」

そんな言葉をメールでいただいたりするとき
これほど嬉しいことはないです。


さて、電子ピアノにはできないこと
ピアノにもたくさんつまっています。

自分の鍵盤へのタッチが変われば響きも変わる。
音の振動も体に伝わる。
音と一体になれる。
感動できる。
また弾きたくなる。
上手になる。

こんなサイクルをお子さんにも起こしてあげてほしいな~
習わせるならばピアノでぜひ♡
ここで密かに(・・でもないけれど)願っています!


気づきの場です。
素敵な先生方のブログがたくさん見られます☆
 ポチッと押して応援くださると、とっても嬉しいです♪

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村


「人前で弾くなんて、私には無理~
「有名な曲じゃないと、カッコ悪いし」
「むりだと思っているのに、誰かが弾いていると私もやりたくなる」

そんなココロの中の想い、マイナスの感情を、
コーチングという「会話」「対話」によって
明るい方向へ一緒にシフトしていきませんか?

コーチングのコーチとして、
あなたのココロを受けとめます。
捉え方をシフトするヒントを得ませんか?

ただいま、
お試し無料コーチングセッション限定募集中【2月枠】 です!

http://blog-imgs-72.fc2.com/f/e/l/felicepiano/201501190103506a3.png" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-72.fc2.com/f/e/l/felicepiano/201501190103506a3.png" alt="お試し無料コーチングセッション2015 ブログ用" border="0" width="403" height="185" /></a>">お試し無料コーチングセッション2015 ブログ用



ピアノ教室フェリーチェでは
こども&大人の方にもピアノの魅力を知ってもらえるように、
ピアノを弾く楽しみたい!を叶えられるように、
自分の魅力を知り、生かせるように、
コーチングを取り入れた笑顔での応援・サポートしています♪

また、
自分自身に向き合い、新しい一歩を踏み出したいと思われる方へ。
あなたの思いや考えを引き出し、本当はどうなっていきたいのか、
何をやっていきたいのかを明らかにしていく、
自分自身と対話する時間となるコーチングセッションを
コーチングのコーチとして承ります。

お問い合わせは
ブログ・メールフォーム、
またはホームページ・問い合わせページ へ。

関連記事

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply