FC2ブログ

「たら、れば」の人生よ、さようなら!の日

フェリーチェ

「時間あったらさ、練習がもっとできるねん」
「こどものこと、旦那のことうまくいってればね、
気兼ねなく出かけられるねんけどね~」

よく聞くことがあります、「~たら」「~れば」。

私自身もかつては
「○○だったら、こんなことにはならなかったのに」
「○○があれば、○○できたのに」
・・・
そう、「たら、れば」を数多くつぶやく学生時代がありました。

音楽以外でもやっていける!
なんて大それた思い込みを胸に、
大企業から中小企業まで、
音楽関係ではない一般企業を数多く受けた就職活動。

物怖じしない性格ですから
面接ではよいところまではいきます。
でも、自己分析や会社調べを入念にすることもなかったため、
当然ですが、音楽学生という理由で不合格にもなりました。

すべては自分の行動してきた結果。
 私が悪いんだ・・・
 私が音楽の道を選択していなければよかったんだ・・・
うまくいかなかった自分を受けとめられず、
さらには、うまくいったことさえも認められず、
自己肯定感も空っぽになった時期。

そんな時に出会いました。
22歳になったばかりの暑い夏の日。
今では、頭文字しか記憶にないO先生に。
「経歴不問」ということに魅力を感じて応募した
一匹狼で活動されるO先生の法律事務所の秘書という仕事。

IMG_6376.jpg

事務所に入るなり飛んできた、にこやかな挨拶。
背のすらりと高く、小顔のダンディーな方。
声のトーンも低く響く、心落ち着かせてくれる雰囲気でした。

「君、ピアノが弾けるんだってね、弾いてみてよ!」
・・・?

私とO先生の間にあるのは大きなテーブルのみ。
私は、恐る恐るそのテーブルに手をもっていき
受験生が試験を待つときのように、テーブルをカタカタいわせて
ピアノを弾く動作をしました。

「その手、いいね~~~!!」
・・・えぇ??

その後、O先生の口からあふれる言葉は、
私が通ってきた道のり、
砂川めぐみという私自身の存在を
とても自然に、温かい声で認めてくれるものばかり。

「一生懸命、ピアノを練習してきたんだねぇ」
「ひとつのことを続けるっていうことは、ほんとにすごいもんだよ~」
「進学高校にいたのに、その中でよく音楽の進学を突き通せたね」
「つらいこともいっぱいあっただろうに。がんばったね!」

氷河期と呼ばれ始めたあの頃の就職活動では
当たり前のことだったとは思いますが、
厳しい質問はどんどん出されるし、
また、女性をクリスマスケーキに例えて
「25歳を過ぎると女はもうだめなんだよねぇ」なんて
問題発言をする面接も。

何度もくぐってきた面接の後だったからこそ、
啖呵を切って面接会場を飛び出したこともあったからこそ・・・
O先生の態度と言葉に、うっすら目頭があつくなるほど
うれしかったことを今でもはっきり覚えています。

「私は私でいいんだ」

「どんな道を通ったとして、
私は私らしく生きられるんだ」

誰ものぞくことができないであろう
私の深い部分で感じることができたのです。


そこからの私は、また数々の経験もありましたが・・・
「たら、れば」の人生ではなくなりました。

一つ一つの体験、経験は、
きっと未来の私のための贈り物。

そう感じさせてくれた、最初の方。

「僕一人がボスのもとで働くより、
複数ボスがいるほうが、君にとっても働きやすく
勉強になるだろう。もし、もうひとつが不採用になれば
僕のもとに来たらいい」

その言葉に甘え、私はその後に受けた
複数の弁護士で営む事務所に合格し、就職しました。

O先生とはそれ以来お会いしていません。
お会いすることがあれば、
「ありがとうございました」の一言を伝えたいです。


「たら、れば」の人生よ、さようなら!

私も、ひとりでも多くの方に
さよなら!と味わっていただくために、
貢献していきます!



気づきの場です。
素敵な先生方のブログがたくさん見られます☆
 ポチッと押して応援くださると、とっても嬉しいです♪

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

ピアノ教室フェリーチェでは
こども&大人の方にもピアノの魅力を知ってもらえるように、
ピアノを弾く楽しみたい!を叶えられるように、
自分の魅力を知り、生かせるように、
コーチングを取り入れた笑顔のピアノレッスン
応援・サポートしています♪

また、
自分自身に向き合い、新しい一歩を踏み出したいと思われる方へ。
あなたの思いや考えを引き出し、本当はどうなっていきたいのか、
何をやっていきたいのかを明らかにしていく、
自分自身と対話する時間となるコーチングセッション
コーチングのコーチとして承ります。


201505体験セッション募集1
⇒ 体験コーチングセッションお申込みはこちら 

教室ホームページ
ホームページバナー 小

ピアノ教室フェリーチェ

笑顔で応援☆コーチングレッスン


お問い合わせは
ブログ・メールフォーム、
または

関連記事

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply