FC2ブログ

「お母さん、頑張ってたね!わたしは・・・」

フェリーチェ

11月に入っても暖かい日もありましたが、
立冬も超えて、
少しずつ秋から冬の気配を感じるこの頃。

秋の夜長の読書…が好きなのですが、
うとうととすぐに眠ってしまう私です(^-^;



奈良・大和高田駅前の
こどもと大人のピアノ教室フェリーチェより
ピアノ講師&プロフェッショナルコーチの 砂川めぐみです。

発表会を終えてから
当日わたしには見えなかった
その日のお家での出来事、
見に来てくれたご家族との話しを
レッスンで聴いてきた日々。

月2回の大人の生徒さんとは
発表会後 1回目のレッスンを
やっと迎えた人もいます。

そんなある大人の生徒 Aさんのお話に
ほっこりとする
嬉しいことがありました。



まだ小学校低学年の娘さんは、
発表会の本番を見て、
「お母さん、頑張ってたね」と感想を。


その娘さんは、以前、
別のピアノ教室を辞めたことがあり、
今までそのことを、少しばかり気にされていたそうです。
そのせいなのか、
自分の妹がピアノに興味をもっても
習うことにいい顔をしなかった娘さん。

ところが、
お母さんの発表会で頑張る姿を見て吹っ切れたのか…

「私は〇〇をする!」としたいことを言い、
妹がピアノをすることも気にならなくなっているようだと。


「〇〇がしたい!」
「〇〇をする!」

幼い頃によくある
色んなことをやってみたいと言うか娘さんの想い。
いつも静かに受け止めて、見守ってきたAさんだからこそ
娘さんの「やりたい!」「する!」という
気持ちが熟してきたように感じています。


お母さんの頑張る姿に
全て言葉にならなくても、
小さなココロに何かが芽生えたのであれば
嬉しいです。


2018.10.20


そして思い出したのは7年前のコンサート。
長いブランクを経て人前で演奏したとき。

当時10才の長女と父が見守る中、
暗譜が不安定だったため、
演奏に空白をつくってしまったことが・・・

「ママ、泣かなかったね、がんばったね(^^)」

そんな長女の言葉に、
ただただ恥ずかしくて情けなかった心に
そっと火が灯りました。

どんな結果にも
必ずだれかに何らかのいい影響があることを、
娘に教えてもらったことを
Aさんのお話で改めて思い出しました。


だからこそ、
大人の生徒さんはもちろん、
こどもピアノの生徒たちにも、

自分が懸命に練習して弾くピアノは
必ずだれかの心に届くということ、

何らかの影響を与えている、
プレゼントしている、ということを
伝え続けたいと思います。




 ポチッと押して応援くださると、とっても嬉しいです♪
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

   

ピアノ教室フェリーチェでは、
♪こども&大人の方にも音で表現する楽しみを手に入れられるように
♪ピアノを弾く楽しみたい!を叶えられるように、
♪自分の魅力や強みを知って、生活の中で自信をもって生きることに
 活かせるように、
コーチングを取り入れた笑顔のピアノレッスンで応援・サポートしています♪
ピアノレッスンのお申し込みは → こちら

教室ホームページ
ホームページバナー 小
ピアノ教室フェリーチェ


笑顔で応援☆コーチングレッスン

******************************
また、

新しい一歩を踏み出したい!と思われる方へ。
あなたが可能性を発揮し、さらに幸せの笑顔につなげるために、
自分を活かし、夢を目標に変え、ありたい姿を実現する
“成幸”を手にするために、
コーチングをつかったサポートをプロコーチとしても承ります。
⇒ Blog 「あなたの物語を本気で生きたい人へ」
 ※コーチングセッションのお問い合わせ 
  ⇒ 未来デザインコーチング チェーロリッコHP


*******************************



ピアノレッスン のお問い合わせ は 
ブログ横のメールフォーム、
またはホームペー ジ・問い合わせページ へ。





関連記事

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply