FC2ブログ

相手の心を想像すること

フェリーチェ

今朝は久々に快晴
空の水色も春を感じさせてくれて気持ちがいい朝でした。

今朝は今年初の読み聞かせボランティアに
しばらくぶりの小学校でした。
たくさんのこども達と一度に出会える、私のささやかな楽しみ

本日は6年生。

読みたい本、紹介したい本は色々あるのに、
「絵本」となるとかなり迷いました。
実は6年生だけは、まだ読み聞かせでは回っていなかった学年。
あえて、回らなかった・・・ともいえるのですが。
今日は、初の6年生デビューとなりました

もちろん、彼らが3、4年生のころには出会っているのですが、
やっぱり2年もたつと表情が違う。
思春期の、大人の入り口にまさに立っている彼ら。
そんな彼らを前にすると、どうしても色々伝えたいことが出てきてしまう、
おせっかいオバサンになっている私
   ピアノ教室じゃないんだからっ・・・一人で突っ込む(^^ゞ

人に伝えたい自分の想い
  それはどうやって表現するのか

相手に伝えてもらいたい想い
  それはどうやって引き出すのか

想いを引き出すとき
  相手の気持ちをどれほど理解しようとできるか、
  どれほど想像・・・イマジネーションできるか


本や絵本から、作者の伝えたい想いを想像し、
自分なら、どう伝えるかを考えて見てほしい・・

そんな話を、新聞記者の弟の体験談をもとに5分ほど話し、絵本読み開始。

人の気持ちに寄り添う前に、まずは自分の気持ちに寄り添ってほしい。
自分、そして身近な人の「いのち」の重みを感じて大切にしてほしい。
そう願って、今朝は次の2冊を選んでみました。

ぶたばあちゃん
 
  死を感じたぶたばあちゃんが、静かにそのしたくを始め、暖かく孫娘とお別れをするお話です。
  孫娘はその小さな胸を痛めながら、悲しみをこらえながら懸命におばあちゃんに寄り添います。
  その姿に胸をキュッとつかまれます。
  生と死を、ぶたというかわいらしいキャラクターによって、前向きに描かれています。
  淡い水彩画がさわやかで、しっかりと生きることを、
  そして命の喜び、すっきりとした気持ちを与えてくれます。

ぶたばあちゃんぶたばあちゃん
(1995/10)
マーガレット ワイルド

商品詳細を見る



いのちのいろえんぴつ

  以前テレビ放送もされました。
  北海道釧路生まれの豊島加純(かすみ)ちゃんについて、
  本当におきたことをもとにして作られた創作作品です。
  かすみちゃんは10歳のときに脳腫瘍を発病し、病気と闘いながら、
  色鉛筆で絵を描き、詩をつくりました。その絵と詩が本の中にちりばめられています。
  「これらの詩と絵には、加純さんがとても強く、明るく、一生懸命、生きていくさまが
  あわられています。」(本のあとがきより)

いのちのいろえんぴついのちのいろえんぴつ
(2006/04)
こやま 峰子、豊島 加純 他

商品詳細を見る


初めに5分も熱くしゃべったものだから、与えられた15分を5分オーバーごめんなさい(>_<)
担任のY先生は終了の校内放送スイッチを落としてくださり、
こども達も最後まで静かに耳を澄ませてくれました。

おせっかいオバサンの、この伝えたい気持ち、届いたかなぁ・・・
     って、その前に時間オーバーになった生徒の気持ちを想像しろ~~っ、ですね
SH010669.jpg

「ぶたばあちゃん」の初めの、孫娘のチェロと元気なころのぶたばあちゃんがピアノを弾いて
まるで歌っているような挿絵。
そして、ぶたばあちゃんと孫娘の最後の夜、あかりを消して月の光を迎え入れながら
孫娘がチェロを弾く挿絵。

この二つが私の大好きで、一番胸に差し迫ってくる場面です。

人の想い。自分の想い。
深くてつかみきれないこともありますが、想像して、感じることが
大事なんだよなぁ・・・

ピアノを演奏するときも同じなのだと思います。
  (もちろん、歌でもその他の楽器でも)  

作曲者がどういう想いで、どんな構成をもって曲をつくったのかを
調べるか、勉強するか、感じようとするかは大切ですし、
今という時代にその音楽を再現してみる、また新たな表現してみることが
作曲者の気持ちに寄り添い、自分の気持ちにも寄り添えることのように思えます。


ささやかな楽しみ、出来る限り続けたいと思います


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
ご訪問ありがとうございます♪いつも励みにさせていただいています(*^_^*)


関連記事
Posted byフェリーチェ

Comments 5

There are no comments yet.
樹里  
伝えたい思い

フェリーチェ先生~読み聞かせお疲れ様でした。

子供達の吸い寄せられる眼差し・・
沈黙の時。

読書は最高の空想体験ができる場所。
でも全く空想でもなく、現実味があったり。

私は小さかった頃、(といっても小学生くらいですが)
主人公になったつもりで、
読んでいたこと思い出します。

本が大好きで・・その割に国語は得意ではなかったけれどヽ(^。^)ノアレアレー?

「伝えたい思い」は・・・きっと

初々しい、感性できっと受け取ってくれたんじゃ
ないでしょうか?

そして、フェリーチェ先生のお話を聞いた
多くの子供達の誰かは、大人になったとき
必ず、今の気持を思い出し、又、誰かに
彼らの思いを伝えていける人に育って
行くんだと思います。

2011/02/16 (Wed) 21:03 | EDIT | REPLY |   
フェリーチェ  
ありがとうございます☆

樹里先生~ こんばんはv-280
いつも素敵な言葉でコメント、ありがとうございます(*^_^*)。
私は語彙が貧弱なものなんで、
樹里先生の表現には心浮き立ってしまいますv-353

読み聞かせ、樹里先生もされていたんですよね。
樹里先生のように、生徒さんの読み聞かせでピアノ演奏をつけたり・・・
いつかしてみたいですv-410

こども達が私のことを覚えているはずがないけれど、
大きくなって、何となく「伝える」ことの大切さを思い出してくれたら、
ほんとに嬉しいです♪。
心の種をまいたことになるんですもんね。

自分の子も含め、こども達が育っていく姿を
大事にしたいなぁと思いますv-353

2011/02/16 (Wed) 23:08 | EDIT | REPLY |   
たかみわ  
素敵♪

フェリーチェ先生、こんにちはv-22
子どもたちへの読み聞かせもされているのですかv-238
ピアノに、読み聞かせと子どもさんたちに
フェリーチェ先生はとっても人気があるのでしょうねv-254
一人で本を読むよりも、人に読んでもらうと
心の奥底にずっと想い出が残るでしょうねe-328

2011/02/21 (Mon) 16:59 | EDIT | REPLY |   
emi  
こんにちは

元気にしてますか~i-268

2011/02/23 (Wed) 14:34 | EDIT | REPLY |   
フェリーチェ  
おはようございます!!

v-22たかみわ先生
  
おはようございます!
お返事が遅くなってすみませんv-356

絵本は人に読んでもらうのが一番いいですよね。
『絵』に集中できますもんねっv-353
大きくなればなるほど、「絵本」を読んでもらうことが少なくなりますが、
今は大人のための絵本・・のようなものもたくさんありますし、
たまに思い出して絵本も手に取ってもらえたらなぁ~
と期待して読み聞かせしてますv-410

人気?!・・・我が子だけにはある???かなぁ・・・v-356


v-22emiさん

元気ですよ~v-354
ありがとうv-344
最近バタバタしてしまって余裕がなかっただけなんですv-356
しっかり生きてますからね~(笑)

2011/02/24 (Thu) 08:51 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply