FC2ブログ

轟千尋先生がフェリーチェにやってきた日!

フェリーチェ

作曲家 轟千尋先生がフェリーチェにやってきた!

大阪、奈良の各地から
音楽遠足として子どもたち達、先生達が
1日で100名を超える人たちが
千尋先生のワークショップに集ったあの日から
そろそろ1ヶ月になろうとしています。





奈良・大和高田駅前の
こどもと大人のピアノ教室フェリーチェより
ピアノ講師&プロフェッショナルコーチの 砂川めぐみです。


11月30日(土)午後、
ぽこあぽこfellowship講座として
音楽物語 わたし、ピアノ好きかも
を書かれた
作曲家・轟千尋先生のワークショップが
当ピアノ教室フェリーチェにて開催。

主催は奈良市のぽこあぽこピアノ教室中西先生。
教室遠足として企画してくれました。

  
  
開催場所として偶然にも
フェリーチェを使っていただいたことで、
大阪や奈良の各地から集まった
11教室
約100名の子どもたちの中に、
フェリーチェの生徒たちも参加できました。
 

    
このワークショップ様子は、
音楽之友社出版部さんのフェイスブックページでも掲載されました。



  
「大きな音を弾いてほしいとおもって
フォルテを書いてません。
その先に気持ちがあります
なんでこんな記号が書いてるのかな?
なんでp(ピアノ)?て考えるのが大事です。
作曲家からのお願いです」


千尋先生の子ども時代のお話も。

「いつも色をつけてください。
わたしの楽譜はいつも虹色でした。
そして、作曲家の人の気持ちを想像するのが好きでした」


そして、
作曲家と演奏する生徒たちを繋ぐのが
私たちピアノ教師
である、と
轟先生はお話されていましたが、
その大事な役割でこれからも、
丁寧に楽しく大切に伝えていきたいと思います。
  


ワークショップでは圧倒されて、
「わからない」と一点張りに
p(ピアノ…音を弱く弾く記号)のイメージを
描くことを拒んでいた
フェリーチェの小1の生徒Sちゃん。

家に帰ってきてから描いた絵は
【雨が止んで、虹がふわっと現れる感じが
「ピアノ」】を表現していました。



素敵な絵と、空間と時間を感じるイメージに
とても心動かされました。

お母さんが送ってくれたこの絵を
千尋先生にもお礼と喜びのメールでお送りしたことで
その後、音楽之友社ホームページに、
千尋先生のインタビュー記事の中で
ちらりと掲載されています。


「自分の考えで表現してほしい」
~こどもをピアノ嫌いにさせない習い事の在り方とは?~


  
各地でこういったワークショップの輪が
広がっていくことで、
音楽の本当の楽しさを
味わえるこども、オトナが増えるはず。

広がりますように!



改めて、企画してくださった中西先生、
こどもたちに素敵なお話とピアノ演奏を
プレゼントしてくださった轟千尋先生、
本当にありがとうございました!





気づきの場です。
素敵な先生方のブログがたくさん見られます☆

 ポチッと押して応援くださると、とっても嬉しいです♪
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

   

ピアノ教室フェリーチェでは、
♪こども&大人の方にも音で表現する楽しみを手に入れられるように
♪ピアノを弾く楽しみたい!を叶えられるように、
♪自分の魅力や強みを知って、生活の中で自信をもって生きることに
 活かせるように、
コーチングを取り入れた笑顔のピアノレッスンで応援・サポートしています♪
ピアノレッスンのお申し込みは → こちら

教室ホームページ
ホームページバナー 小
ピアノ教室フェリーチェ


笑顔で応援☆コーチングレッスン

******************************
また、

新しい一歩を踏み出したい!と思われる方へ。
あなたが可能性を発揮し、さらに幸せの笑顔につなげるために、
自分を活かし、夢を目標に変え、ありたい姿を実現する
“成幸”を手にするために、
コーチングをつかったサポートをプロコーチとしても承ります。
⇒ Blog 「あなたの物語を本気で生きたい人へ」
 ※コーチングセッションのお問い合わせ 
  ⇒ 未来デザインコーチング チェーロリッコHP


*******************************



ピアノレッスン のお問い合わせ は 
ブログ横のメールフォーム、
またはホームペー ジ・問い合わせページ へ。


関連記事
Posted byフェリーチェ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply